Twitter:@arisamag2

2015/6/8

成否が確定してからならなんとでも言える  空想特撮
 昨日、遂に最強フォームへのパワーアップを果たした仮面ライダードライブですが……

 どうやら某家電量販店ではこれを機に「もうどうせタイプスピードとタイプトライドロン以外は活躍しない」と判断されたのか、来週から新番組でも始まるのかと思う程に盛大な投げ売り祭が始まってしまってました(笑)。

 そんな感じで、玩具売り場や映画の興行見る限りかなり危機的状況にありそうなドライブだが、同じく危機的状況と言われた響鬼やキバより騒ぎになってないっぽいのが不思議。

 正直、響鬼やキバよりヤバいんじゃないかと思うんですけどね。
 上記二作は作ってる側もある程度「今年は異色な物をやってる(受け入れられないかもしれない)」という意識が一応あり、「やっぱりダメでした」となっても元に戻せばリカバリ出来ると考えていた節があるのだけれど(特にキバは次が十周年だったしな)、ドライブは明らかに「正面から受けを狙ってスベりました」って状況だから。素人考えではここからの打開策は思い浮かばん。

 今の状況は戦隊シリーズで言うとファイブマンがコケた時に近いのかな。だとすると次はジェットマン並みにひねくれたのが出てくるのかもな。

 ところで、シフトカーって、よくよく考えてみたら平成ライダーの成功要因とされていた「子供は大人が触らせてくれないアイテムに憧れる」って法則からは外れたアイテムなんですよね。ミニカーってまさしく子供の物だから。(龍騎等で多用されたカードも「TCGは小学校中学年ぐらいがメインターゲットなので、ライダーのターゲットである未就学児童は触らせてもらえない」というのがポイントなんだそうだ)

 あと、世界でナンバーワンシェアを誇るホットウィールよりもトミカの方が売れてしまう状況や、嘗て戦隊1号ロボで一番売れたとされるターボロボの合体前が「その辺の自動車デカくしただけ」みたいなスタイリングだったことを鑑みると、日本の子供さんって自動車に対してはリアルな物を求めてんじゃないかなー、シフトカーってマンガチックに過ぎたかもなー……なんてことを部外者側としては思ったり思わなかったり。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ