Twitter:@arisamag2

2015/5/5

知識をひけらかす男は嫌われるらしいよ  アニメ
 ふと、ネット探索していて、『ダイノゾーン』のウィキペディアに海外版テレビシリーズ『DINOZAURS』の日本語版声優の記載がある件について「そんなもの放送されていないのになんで書いてあるんだ?」との疑問の声を見つけ、別にここで書いたからといってその人に伝わるわけではないが、蘊蓄ネタを書きとめておく。

 欧米の声優業界には、音声を先に録音してから動画を作るプレスコと、海外作品の音声を吹き替えるアフレコはあるのだが、日本のアニメの主流である、先行して作られた動画の口パクに合わせて音声を収録するタイプのアフレコは無いとのこと。

 このため、下請けでなく日本で一から海外向けのアニメを制作する場合、「仮の日本語版」を制作してその音声をガイドに海外の声優に吹き替えてもらう形式をとることがあるそうだ。

 おそらく『DINOZAURS』もそういう作り方で、ウィキの記載は、どこかで出演声優の情報が漏れたのだろうと思われる。
(多分地道に調べて書きこんでる人がいるんじゃないかなー)

 ちなみに『ボルトロン』の追加エピソードもその形式で作られたそうで、ゴライオンとダイラガーが競演するエピソードにも日本語版音声が存在するそうです。(オリジナル声優を使っているかは不明。またBGMや効果音は作ってないらしいですけどね)

 皆さんもぜひこの話を覚えておいて、まだ見ぬ(多分一生見ることの叶わぬ)日本語版アニメが沢山あることに思いをはせてください。ロマンだよね。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ