Twitter:@arisamag2

2015/1/24

アメトイ屋自体が無くなってきた感もあり  おもちゃ
 前にちょろっと書いたように退院後、医者からウォーキングを勧められたこともあって休日でもなるべく出歩くようにしているのと、最近仕事場が変わったことで立ち寄りやすくなったので、週末には日本橋界隈をよく物色するようになりました。ここ数年は半年に一回ぐらいしか行かなかったんですよね。

 で、アメトイ屋なんか覗くわけですが。

 ……しかしなんですなあ、年寄り臭い話になりますが、わしらの若い頃はアメトイ屋と言えば「アメリカでは5歳児が遊ぶオモチャを愚かな日本猿共がオシャレだと言ってありがたがるお店」だったものじゃが、今では向こうでもこっちでもすっかりオタク向け商売が確立され、お店の品揃えもそういう方向になり、棚を見れば「見知った作品のそこそこ出来の良い商品」ばかりで「どこかのサタデーモーニングで放送しているのであろう得体の知れないシリーズの得体の知れない商品」てのは見かけなくなりましたなあ。

 そういうのを見つけて「これはどんな番組なのか」と考えるのも楽しかったものなんだが。

 かつてのフィギュアブームの立役者のスポーンは、少なくとも表向きは対象年齢5歳ぐらいの子供向け商品として売られていたのですが、今やアメリカでも日本と同様に対象年齢15歳とか17歳とか当たり前になってきた。(イマイチ業界内での基準が決まってないようで、ものすごく微妙なバラツキが見られるが)
 バットマンなんかも昔なら「不思議な色して不思議な装備のバットマン」がずらりと並んだものだが、今では「歴代のコミック(或いは映像作品やゲームソフト等)に登場したバーション」で棚が埋まる。放送終わってもアニメイテッドシリーズ版やザ・バットマン版の商品が売られてるのはちょっとありがたいが(笑)。

 あと、1980年代前半のヒーマンやGIジョーの大ヒット以来、長年にわたってアメリカのアクションフィギュアの主流だった「善悪二大勢力の対立構造を軸に商品展開するスタイル」もすっかり廃れた感がありますね。
 今でも日本の玩具よりは敵役が商品化される機会は多いけれど、あくまで「原作に出てくる人気キャラを順次商品化してます」ということであって対立構造って感じじゃなくなった。

 例えばX-MENだったらトイビズがやってた時代は「ミュータントヒーローチーム対悪のミュータント軍団」って感じだったけれど、今は「勢力」が見えなくなってしまった。

 パワーレンジャーなんてもはや商品全体に占める悪役の比率はトッキュウジャーと大差ないような。

 パワーレンジャーと言えば、ダイノチャージのビークル玩具(キョウリュウジャーで言うところのディノチェイサーにあたるバイク)のプラが「50年前の駄菓子屋売りプラモデルを素組みしたみたいな質感」で吹く。よくよく見るとメガゾードも塗装がビークルより細かい分誤魔化せてるだけでそんなんだ。強く押すとペコペコ音鳴らして凹みそう(笑)。駄菓子プラモを例に出すより100円ショップのオモチャに例えたほうがわかりやすかっただろうか。アレに並行輸入価格は手を出しにくい。フィギュアはそんなでもないんだけどな。

 日米共に玩具の生産コスト問題はまだまだ続くみたいですね。クオリティを維持しようと価格がどんどん上がるのと価格を維持しようとどんどん小さくチープになるのとではどっちがいいのかしらね。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ