Twitter:@arisamag2

2014/12/19

そう言えば米国パワレンダイノチャージ版も日本橋で売ってた  おもちゃ
 ちょっと前にネットでオモチャ情報漁っている時に「韓国からの観光客がキョウリュウジンを探している」ってオモチャ屋店員さんの書き込みを何度か見かけていたのだけれど。

 どうやら韓国で『パワーレンジャー ダイノフォース』(キョウリュウジャーの韓国翻訳版)が大人気なんだそうで。今日になって海外の経済ニュースやら翻訳ブログやらで話題になっておりました。

 入荷即品切れの往年の米国パワレンブームかよって感じの状況だとかで、観光客が日本土産にと考えて探しているのでしょうな。(わざわざそのために来日してんのかも知れないが)
 夏頃までザらスやドンキに沢山在庫があったブラギオーやプレズオーが突然無くなったり、秋頃のamazonでキョウリュウジンやプテライデンオーがロボットカテゴリの上位に来てたりしたのもそういうことだったのかしら。

 でも日本版を買っても音声日本語だぜ?それでいいの?……と思ったが、そういえばあの玩具まともな日本語殆ど喋ってなかった(笑)。ロボットの名前が違うくらいか問題は(←それは大問題では)。

 さて、キョウリュウジンのみならず、あちらではロボット玩具が人気なのだそうで、不況でモノが売れない状況下にあってロボット玩具の売上高が昨年比で40%も上昇したとのこと。昨年の年末は『トボット』って実在の韓国車が変形合体するシリーズが品切れ騒ぎを起こしたとか。今年はそれに対抗してあのソノコンがカーボットってアニメと玩具を作ったり。遂にタカトミに頼らずにロボット玩具を作れるようになったんだね。(だが、そのアニメはソノコンの正気を疑うレベルでトボットそっくりだった。出てくる子供の人数ぐらいしか違いがわからんかった)
 中国でもロストエイジの記録的ヒットで変形合体ロボットはアジア中で大人気。

 だのに変形合体ロボットの元祖たる日本のロボットは冬の時代……と嘆く方もおられるかもしれませんが。

 いやいや、日本でもトッキュウジャーだって売れてるしTFだってロストエイジがDVDレンタル一位を獲ったり大人気じゃん。人気が無いのはあくまで「日本製のロボットアニメ」だけでそれ以外のロボットコンテンツやロボット玩具はアジア同様大人気ですよ……という状況についてアニメ業界の人達は真剣に何か考えた方が良いんじゃないかと思いました、まる。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ