Twitter:@arisamag2

2014/9/10

ロボのデザインは好きなんですけどね  アニメ
 突然だがそろそろ終盤戦に差し掛かった『キャプテン・アース』を観ていて「このアニメ、結局アースエンジンが人型ロボな必然性ってあったんかな」と思う今日この頃だ。

 この場合の「必然性」ってのは科学的合理的な理由づけでは勿論ない。そんなもんは「かっこいいからだ」の一言でいい。

 今言いたい「必然性」ってのはもっとこう、演出的というかエモーショナルというか。

 例えば、あのアースエンジンが巨大ロボでなく巨大な宇宙戦闘機だったとしても作品から受ける印象や感動がそんなに変わるもんだろうかということ。

 え? メカシーン最大の見どころだった合体バンクが無くなる?……合体してロボットにならずに宇宙戦闘機になればいいじゃん?
 寧ろそっちのが「打ち上げると分離していくロケットとは逆に宇宙へ打ち上がっていく過程で組み立てられていく宇宙戦闘機」って感じでジェリー・アンダーソンぽくてカッコよかったかもしれんじゃないか。

 まあ、そんなこと言い出すと『アルドノア・ゼロ』の火星ロボも、もっと「如何にも火星からの侵略者っぽい三脚メカ」とかで良かったんじゃないかとか、『テンカイナイト』ってブロック販促さえなきゃ少年が異世界行く話でOKだよねとか色々あるんですが。

 …………ああ、どうやら私はまためんどくさいことを言い出したようだ。この話も「かっこいいからだ」でいいや。冴島総監も良い言葉を述べられたものだ。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ