Twitter:@arisamag2

2014/5/23

エンディング冒頭の「てんかーい」の無理矢理叫んでみました感  アニメ
 最近まで『テンカイナイト』のベーシックフィギュアってアニメ通りに「ブレイヴン、トリビュトン、ライデンドール、ヴァローン」の四体を合体させるとファイヤーバードになるんだと思ってたんですが、実は今売られてるのは「ブレイヴン、トリビュトン、スペクトロスレッドウォーリア、スペクトロスブルーウォリア」の四体でアニメと微妙にシンクロしてないのな。なんだろうこのコレジャナイ感(苦笑)。
 しかも今調べたらライデンドールとヴァローンのベーシックフィギュアって7月にならないと売られないのですってよ。

 そンな感じで今まで軽く眺める程度だった玩具周辺を改めてまじまじと見ていると、これ玩具販促アニメとして大丈夫なのか(玩具の方が)と思ってしまう『テンカイナイト』ですが、これが今放送されているロボットアニメで唯一の児童向け番組なのですね。アレをロボットアニメというジャンルで括って良いのかって疑問は持たれるかも知れないが。

 子供向けのロボットアニメが絶滅危惧種と言われて久しい昨今ですが、実のところ「児童向け販促番組」としてのロボットアニメを復活させるのに小難しい理屈は要らなくて、要は玩具(ゲーム)メーカーが何か画期的なアイデアを思いつき、それがロボットという形で商品化するのが適切で、全国放送でプロモーションするに見合う利益が見込めると判断された時、容易に復活します。
 更に言えば、それが思惑通りにヒットし、競合他社が「類似品を作れば二匹目のドジョウを狙える」と野心を抱けばブームになります。

 ロボットアニメ先にありきで考えると、時代性というか「今、それが子供に受け入れられるのか?」みたいな理屈が必要になってくるのだけれど、商品先にありきなら「ロボットの形した玩具を売るのだからロボットが活躍するアニメになる」というシンプルな考え方が成り立つわけです。ま、ロボットの形した玩具を売るのにロボットが活躍するアニメにならない場合もあるんですけどね、ビーダマンとか。

『テンカイナイト』は丁度そういう流れで生まれた作品で、まず「キューブ型ブロックを人型や動物型に変形させる玩具」というアイデアがあって、そのアイデアって実はモンスター召喚物やレゴチーマみたいな異世界物であっても構わないネタなんだけれど、メーカー側は「ブロックがロボットに変形」で売りに出来ると判断し、その結果として販促番組がロボアニメっぽいフォーマットになっているわけなんですね。

 で、仮にテンカイが大ヒットすれば、競合商品が現れて「ブロックロボットアニメブーム」になる可能性があるのですが……まあ、ちょっとそれは無理っぽいかなー。アニメ面白いけど。
 ブレイヴンXモード登場の流れとか、この手のアニメにありがちなパターンをちょっとだけ(やり過ぎてイヤミにならない程度に)ハズしてくるのが屈折してて良いよね。
1

2014/5/20

ギンガ神風  空想特撮
 ウルトラマンギンガのパワーアップ形態、ウルトラマンギンガストリウムなるものが発表されましたね。「ガイア(V2)」みたく「ウルトラマンギンガ(ストリウム)」じゃないのか。元の姿に戻れるのか。

 このギンガストリウムさん、ウルトラ6兄弟の必殺技や超能力を使えるのだという。なんだそのエースキラー(笑)。

 でもさ、ウルトラ6兄弟って各々がそんなに特徴的な能力を持ってるわけじゃないよね。
 ぶっちゃけ、エースの光線技各種とジャックのブレスレットとセブンの念力ぐらいあれば充分じゃね?

 ところで、ギンガストリウムさんって良く見ると色んなところが結構変わってるのにぱっと見変わり映えしませんね。どうやら「ギンガにウルトラ6兄弟の意匠を足し算しました」ってコンセプトなんだろうけど、だったら一番見た目が変わる「タロウのツノ」を付けるべきだったのでは。
2

2014/5/19

ブラック魔王(←それはスカイキッド)  映画
 以前から気になっていた、ちょっと古い映画を中古DVDで安く売られているのを見つけたので買ってみました。

 タイトルは『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』、2004年の映画です。

 この映画は、これがデビュー作となる新人監督ケリー・コンラン(ネットで検索しても本作以外の監督作が見つからない。今なにやってるんだろう)が、自宅を改造したスタジオと市販のパソコンを駆使して自主制作していた6分間の映像作品(元々は自力で2時間の大作を作るつもりだったが、この6分を作るのに4年かかってしまい「このペースだと完成までに50年かかる」と判明したとのこと)を基に制作されたもの。

 全編にわたって役者をブルースクリーンで演技させ、背景はCGを後から合成する手法が取られ(既に『スターウォーズ クローンの攻撃』等の前例はあったが、当時は画期的な手法)、自主制作から大作映画に出世したアマチュア監督のサクセスストーリーと1930年代のパルプSFの様なビジュアルで注目を集めた……が、日本公開後の評判は芳しくなく、さくっと検索するとヤフーやアマゾンのレビューで酷評が見れると思います。ストーリーが陳腐だとか映像に美学が感じられないとかCG背景に演じているから役者に熱量が感じられない云々とか。

 私は公開当時から見たいとは思っていたのだが知らん間に上映が終わっており(上映館自体少なかったんじゃなかったか)、また世間の評判も悪かったので「予告編で観た印象より本編は面白くないのかな」と考え、今まで気になりつつも観てなかったのです。

 さて、実際観てみて……


続きを読む
1

2014/5/17

ちゃえかなえちゃえ  アニメ
 最近のプリリズセレクション。(←産経新聞のテレビ欄に記載された略称)

 どうやら、らぁらさんはみあ師匠の影響を強く受けてどんどん良い性格になっていってるようで、今から『プリパラ』のことが心配……いや、楽しみですね。

 本作における、みあ師匠の活躍ぶりは動かしやすいキャラだからって事だろうけれど、もしかして単純にプリリズの子供さん人気が一番高かったのはDMF期みたいなことで優遇されてるってことなのかも知れないなあとも思ったり。昭和ライダーが全員集合するとV3がやたら前に出るみたいなもんだな。まあ、実際にADとDMFのどっちが人気高かったのかは私知らないのですけどね。

 ……いや、「店長が目立たないのはレインボーライブが子供人気イマイチだったからだ」と言いたいわけではないですよ?ホントだよ?
0

2014/5/15

何故「ナ」と「ノ」程度のことが統一できぬのか  まんが雑文
 正式な発売日は明日だそうですが、こっちじゃ既に売ってた『トランスフォーマージェネレーション2014 Vol.1』について。

 書き下ろしコミック『電車大戦』なのだが、登場する電車TFがショウキだけってどうなのか(笑)。
 しかもこのマンガのメインって次号の限定アイテム(10点の候補の中から人気投票で決定する。詳しくは本誌を)のお披露目ですよねー。もっと違うタイトルで良かったんじゃなかろうか。

 もう一つ書き下ろしコミックが載っていて、あの市川裕文氏の作品ということできっと海外原理主義者っぽいめんどくさい内容なんだろうなと予想していたが、それほどめんどくさくない話で肩すかし。マスタピースが題材だけあって名前も「サイバトロン」「コンボイ」と日本版G1準拠。
 冒頭になんでバイナルテックが出てくるのかわかんなかったんですが……ああ、これって2010最終回後ぐらいの時間軸の話なのか、つまりG1時間軸だと既に死んでるプロールやホイルジャックを(マスターピースの姿で)登場させる為に「バイナルテック世界からやってきました」ってエクスキューズを付けたのか。これならヘッドマスターズやVでこの人達が突然復活していた件とも話繋がるね。市川先生的には本意じゃないだろうけどな!(笑)



 千値練から発売される新製品『コンボイペン』が、ある意味メガドライブメガトロン以上にわけがわからんアイテムだなあと思いつつ、ボールペンに変形する件は忘れて今風アレンジ&プロポーション重視のミクロマンサイズコンボイフィギュアと考えるとちょっと欲しいかも知れない。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ