Twitter:@arisamag2

2013/11/26

長い  アニメ
 来年のプリキュアのタイトルが『ハピネスチャージプリキュア!』に決まったそうで。

 ……「ハピネスプリキュア」で良かったんじゃね? 別に「チャージ」要らなくね?
0

2013/11/24

ここまで怪人の扱いがぞんざいな仮面ライダーも珍しいんじゃなかろうか  空想特撮
 仮面ライダーバロンさん(変身前の名前覚えてない)の「立派な発言に実力伴ってない感」がステキに思えてきました。まあ、『鎧武』のライダーってみんなそんな感じだけど(苦笑)、バロンさんは表面上は「主人公より一歩高みにいる上から目線ライバル」のポジションにいるので、一層そのハリボテっぷりが目立つ感じ。

 あいつ、まだ斬月と対面してないから「命のやりとりとしてのライダーバトル」を経験してないんだぜ。つまり修羅場経験度は鎧武の方が高いのよ。でも上から目線(笑)。

 そんなバロンさんも、来週はなにやら決意を新たにするっぽいですが、はてさてどうなることやら。
1

2013/11/23

大樹さまの真実の愛で  まんが雑文
 先日発売の、まんがタイムスペシャル1月号にて、『スーパーメイドちるみさん』(作:師走冬子)が最終回。

 掲載誌を転々としながら10年以上も続いた長期作品が遂に終了。
 本作が始まった当時の芳文社4コママンガ誌はまだまだ「一般的な家庭や職場や学校が舞台のほのぼのマンガ」が掲載作品の中心で、そんな中で「主人公がメイド」ってだけでも物珍しく、悪く言えばちょっと浮いた存在だった。

 今では宇宙人も幽霊も妖怪も神話の神々もアンドロイドも普通に出てくる上に「一般的な家庭や職場や学校が舞台の4コマ」も登場人物の性格や個性が全然一般的じゃなかったりするので、メイドぐらいどうってことないですけどね(笑)。

 それはともかく、正直ちょっと連載を長引かせすぎたかな、という気がしないでもない。

 連載開始当初は単純な「一話読み切りのナンセンスマンガ」に思えた『ちるみさん』だったが、長く続き過ぎたことで、サブキャラクターや人間関係が膨大に膨れ上がってしまい、その結果まるで「長編マンガとしてのストーリーやテーマ性」があったかのように、今まで広げた風呂敷を畳んでいく作業をしないと終われなくなってしまっていたのだろうか……そんな風に感じた最終回でした。

 まあ、結局メイド派遣してる組織って何者だったんだ?とか、色々風呂敷畳めてないんだが(笑)。
1

2013/11/21

亜空間怪獣(←それはクラウドス)  おもちゃ
 オフィシャルサイドストーリーを自称する『トランスフォーマークラウド』のあらすじが本日発売のフィギュア王に掲載されたわけですが……。

 ……えー、私の乏しい知識上では「サイドストーリー」というのは例えば「誰某(本編主人公)が活躍していた時代、別の舞台では……」みたいな話のことだと思うんだが、それを踏まえると、こんな話は「サイドストーリー」ではない(苦笑)。

 なにしろこの話、トランスフォーマーの定義自体が「サイバトロン星生まれの超ロボット生命体」じゃ無くなってるのよ。「クラウド世界の住人」だとか。この時点でサイドストーリーと呼ぶには無理がある。まあ、設定面で新しさを感じるのはそこぐらいで、今後の展開次第では「結局G1世界と繋がってるオチかよ」ってなりそうな予感もするのだが。

 敢えてTFを「サイバトロン星人」にしないのならば、それ相応の新しいキャラクターデザインが欲しいところなのだが、玩具的には既存金型の流用が前提だからそういうのは望めないのな。
1

2013/11/19

投票しませんでしたが  おもちゃ
 生放送は観れませんでしたが、『マスターピース ファンズチョイス』の結果はスターセイバーが一位だったそうで。

 それよりもマイ伝コンボイが二位になったことに驚いた。やっぱりみんなあの足をどうするのか気になったのか(笑)。


 気になると言えば、ファンズチョイスを始める前に、公式ツイッターで「会議の様子」みたいな画像が流れたじゃないですか。あの時ホワイトボードに描かれたスーパージンライのプロポーションが、アニメ劇中で一番カッコいい時の作画そのものでな。あれが立体になった物は見てみたかった気がする。でもあのプロポーションで作られたらアメリカでパワーマスターオプティマスとして売れないかも知れない(苦笑)。

 スターセイバーも80年代作画バリバリ風味の造形になるのかしらね。最近のマスターピースの傾向から考えると設定画に忠実な造形になりそうな気はしますけど。

 まあ、スターセイバーは大まかなプロポーションよりも細かいところ(ブレインセットやバトルアップやセイバーブレード等)をどうするかの方がポイントかしらね。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ