Twitter:@arisamag2

2013/7/31

名古屋城  アニメ
 てれびくんとテレマガの9月号を買ってきたよ。
 勿論『参乗合体トランスフォーマーGo!』の侍編第二話と忍編第一話を観る為さ。

 同じ袋入りのDVDでも、テレマガに比べて、てれびくんの袋はカッターやハサミ無しに雑誌から切り取ったり中身取り出したり出来るので好感度高い。


続きを読む
1

2013/7/29

絶望でも希望でもない  空想特撮
 定期的に4コマ誌の感想を書くのを止めてから、さっぱり4コマの話題をこのブログでやらなくなってしまい、これはなんとかしたいと頭を抱える今日この頃。無理矢理感想書こうにも色んな事情で雑誌読み込めてないってのがあってな。

 で、本日も4コマの話じゃないんだ。すまぬ。

 本日の話題は『仮面ライダーウィザード』。

 昨日の放送分で「さっきまで大事だったオモチャをコレクターの目の前でぶっ潰してゲートご満悦」に大変ムカっと来た私なんですが、お陰で、以前、MOVIE大戦の感想記事の中で書いた「どこがどう面白くないとかじゃなく「あんまり面白くない」以上の事を語る気にならない」っていうこの番組への想いがやっとこさ解消されました。

 何が面白くないのかその正体がわかった。

 一つは、(平成ライダーにはありがちなことなのだが)ウィザードは「ゲートと自分のオトモダチだけを守るヒーロー」であって「僕らを守ってくれるヒーロー」じゃなかったということ。だから大切なオモチャを目の前で壊されるコレクターの気持ちなんかわかんないんだよ。あいつがどれだけ絶望してもファントム生まないもんな。(まあ、「ウィザードがコレクターの気持ちをわからない」のではなく、番組作ってる人達が「他人にとってつまらないモノでも誰かにとっては大切なモノかも知れない」ってことについて意外にも無頓着だったってことだけどね)

 もう一つは、ゲートとは「フラグを立てると怪人になるNPC」に過ぎず、ウィザードとファントムはフラグを立てるか立てないかのゲームを繰り広げているに過ぎない、ということ。
 ゲード共が背負ってる希望など、所詮フラグでしかないから、さっきまで死ぬほど大切だったものを、フラグじゃなくなった途端に踏みにじれるんだよ。ゲート共が背負ってる希望や絶望に、私が共感できるような質量は無い。所詮は便利なフラグに過ぎないのだ。(まあ、ゲートにとって便利なフラグに過ぎなかったっていうより番組作ってる人達が「何かに思いを込めること」について意外にも無頓着だったってことだけどね)

 この二つの理由により、私にとってウィザードの戦いは「ゲートでもなけりゃあいつらの友達でもない俺にとってはハタ迷惑なだけのどうでもいい諍い」に映ってしまい、そういうのにヒーロー物特有のカタルシスを私は感じない、だから面白くないんだなと思いましたとさ。

 まー、最終回近くになったら、例によってファントムがわんさか出てきて無差別殺人始めて俺達の危機になるんかもなー。まあ、そんときはがんばれやウィザード。でも今はどっか余所でやってくれ。ゲートなんか幽閉しときゃいいだろ。どうせフラグ立てなきゃ絶望しないんだしさ。



 なお、これはあくまで個人の感想ですので、貴方が「そんなことない。ウィザードは面白いし僕らのヒーローさ」と思うならその思いを大切にしてください。

0

2013/7/28

心を踏みにじるなよ  空想特撮
 今日のウィザード。

 俺、キレイゴトで他人の趣味をぶち壊すような奴って、大嫌い。
1

2013/7/26

みんな鳥のように  アニメ
 ネット配信の『ガッチャマン クラウズ』の第二話を鑑賞。

 この番組、もしかしてものすごく面白いんじゃないかと言う気がしてきた感じなんですが皆はどうでしょうか。(←自信なさげ)

 こんな面白いのを地上波では東京でしかやらないのはもったいないとか、だがこの程度には面白いものが独占出来ないようでは日テレオンデマンドも普及せんわなとか複雑な心境になります。

 まあそれはいいんですが、一つどうにも気になるのは、オンデマンドでクラウズ観てると、間に実写版ガッチャマンのCMが入るんですよ。テレビ放送版でもCMが入りそうなタイミングで4連続ぐらい。

 このCMがな…その、あんまり言いたくないんだけど、物凄くつまんなさそうでな(苦笑)。

 タイアップ丸出しの主題歌の入り方、ありがちなナレーション、おもわせぶりな台詞回し、白昼堂々恥ずかしいデザインの着ぐるみを晒すセンス……そのすべてが「つまんなさそうなアニメマンガ原作実写映画」を体現していて逆にこの映画は普通とは違う意味ですげぇ面白いんじゃないかと考え込んでしまう。

 別個に配信されてる、長尺の予告編だとそこまで酷くは見えないんだけどなぁ。あのCM作った人が天才なのかもなぁ。もちろん普通とは違う意味で。
1

2013/7/25

果物ライダーのことは今のところ心底どーでもいいです(脚本家含む)  アニメ
『参乗合体トランスフォーマーGo!』侍編第一話のYouTubeでの配信が始まったそうで。 

 まだ、てれびくん売ってるのになんでこんな時期に?……と、思ったんだけど、電ホの広告や記事ページで「無料配信開始!」とアピールしてるのを見て納得。
 ホビー誌読むような読者層向けには無料配信で訴求する算段なのですね。

 まあなんにせよ、数年前の「付録にオーメダルとか付けたら児童誌が本屋から瞬殺」がトラウマになってるので、今後も配信してくれるなら児童誌買い逃しても安心できます。

 そういえば、付録で見た時の感想で「ロボが口パクしないがトゥーンシェイドのロボを口パクさせると不自然になりがちだからなぁ」みたいなこと書きましたが。

 あれはちょっと違うな。トゥーンシェイドだからダメなんじゃなくて、今回の侍チームみたいな玩具が先行しているタイプのデザインだと、顔のデザインが口動かしたり表情変えたりすることを考慮されてないからなんだろうな。

 ほら、ビーストウォーズって玩具とアニメで顔の造形全然違ったし、プライムだって眉毛付けたりとかはアニメスタッフ側の要請だろうと思うのね。

 CGアニメで表情をつやすい顔を作ろうとすると、眼球がどう入ってどう動くとか、口動かす時に唇と一緒に顎の関節も動くとか、「眉をしかめる」「瞬きする」「目を見開く」ってどういう動きをすればいいのかとか、そういうことを頭に入れておかないといけないんでしょうね。でないと操り人形みたいなのがぎごちなく動くような顔になっちゃう。

 それが出来ないなら、いっそ動かさないってのがTFGOのやり方なんでしょう。まあホントの理由は顔動かしてる時間とか予算とかないんでしょうけど(笑)。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ