Twitter:@arisamag2

2013/5/25

濃いファンの間ではストリート系プリズムダンスの存在は常識だったらしい  アニメ
 今日のレインボーライブ。

 男子CGダンス面白かった。面白いけど、男子プリズムショーをCG化したことより女子プリズムショーをやらなかったことに驚愕した(笑)。観客(女児)は女子がプリズムジャンプしないと満足してくれない気がするんだが大丈夫なのか。

 それはともかく、本作におけるキャラクターの心情をコトバで語らないっぷりがちょっと気になってきた今日この頃。

 表情の変化やちょっとした台詞である程度読みとれはするんだけれど、明確に「これはこういうことです」と語ってはくれないことが多いっちゅうか。

 まあ、それらの「人物描写の余白」から色々と考察してみたり先の展開を予想して楽しんでくださいってことかなぁとは思うんですけど。

 でも前二作は割とストレートに台詞で心情を語ってた感があったので余計に気になるのね。

0

2013/5/23

カレー大魔王  まんが雑文
 合体ロボの分離メカが、でかくてプレイバリュー高いとワクワクするよね!
 だが、置き場所はない。

 そんなボルテス好きの戯言はともあれ、まんがタイムスペシャル7月号の感想を。


 アニメ版『恋愛ラボ』のキービジュアル2弾が公開。
 最初の奴より随分違和感が減った。


・『野菜畑でつかまえて』(作:まつもと剛志)
 最終回。
 なんかものすげぇファンタジーなオチを付けられてリアクションに困るんですが。



・『踊る!アントワネットさま』(作:にしうら染)
 アントワネットの娘が誕生。
 彼女は史実によると、革命後にラ・セーヌの星に連れられ逃亡生活を贈ることになるわけだが。



・『ゲキカラ文化交流』(作:沼江蛙)
 死ぬ間際の走馬灯について心配したことは無いが、将来ボケ老人になった時に、アニメや特撮やオモチャのことしか口走らなくなったらどうしようとは常に心配しているよ。  



・『メ〜探偵フワロ』(作:ナントカ)
 この人、頭脳だけは名探偵レベルだからタチが悪いよね。
 そんなフワロさんと詐欺師の頭脳戦。まずこんな頭脳戦は普通の探偵マンガでは見ることが無い(笑)。



 では本日はそんな感じで。

0

2013/5/22

オープニングテーマがエンディングテーマに  アニメ
 こないだ話題にした『スパロウズホテル』の第七話(シーズン2の一話目)を観ました。

 別にシーズン2になったからと言って大きく作画やらのクオリティが上がった様には見えない印象。まあ、シーズン1で個人的に作画よりも気になってた「チャカチャカと忙しなく話が進む感じ」が緩和されたかな。逆に言うとシーズン1って作画を修正してもチャカチャカ感は直らないだろうから、あまり意味が無いと思うんだが。


 ただ、「同じ原作を題材にしてアニメ化しても、スタッフが変わるとこんなにも色んなことが違う」ということが確認出来る貴重なサンプルに(結果的に)なったように思うので、是非皆さんもその目でご確認ください。

1

2013/5/20

嘘偽りのない強い絆  まんが雑文
 ……特に顔が似ているわけでもない ねんどろいどを、きっと彼は買うのだろうな。4900円(税込)を迷いもなく支払うのだろうな。

 それはともあれ、まんがタイムファミリー7月号の感想を。

 今月、来月と、なんだか色々と最終回になる模様だが……えーと、ごめん、ぶっちゃけ特に思い入れのある作品が終わるわけでもない(笑)。



・『ひかり!出発進行』(作:水井麻紀子)
 巻中カラー。
 え、この人の髪ってピンクだっけ?(今までカラーページがあったかは失念) 黄色か茶髪をイメージしてた。



・『春夏秋冬こよみの献立』(作:いづみみなみ)
 だんだん懐さんも思考がネガティブになっていないか。



・『カラフルぶらぱん』(作:上田キク)
 なぜ、主人公が女装するマンガは高確率で親友が恋をしてしまうのか。


 では本日はそんな感じで。



 余談ですが、『ゴワッパー5 ゴーダム』のネンドロイドは、「主人公が子供だから敵が人間だと子供が殺人を犯す殺伐とした番組になっちゃうので粘土にしました」ってことだと昔聞いたことがあります。素敵な配慮ですね。ニコ動で久しぶりに数話程見たら、そんな配慮をしてこんな番組になるわけがないと思ったが(笑)。

0

2013/5/19

販促というと裏番組でのアイちゃんの扱いの雑さも気になる  アニメ
 最近のビーストサーガ。

 いやあ、面白い。面白いけど、この番組は放送終了後5年ぐらい経ってから突然オタク界隈で名作扱いされ、当時は全然売れなかったフィギュアに法外なプレ値が付いたりして、満を持して復刻してみたらやっぱり売れないという、そういう販促アニメ的にヤな方向に進んでいる気がする(笑)。

 ちゅうか、「アクションフィギュアコレクションを販促する子供番組」って、アメリカじゃ定番だけど日本じゃ難しいねぇ。
 それはもう、メタルダーやジライヤの昔から。
 星矢みたいにギミックが売りになれば良いのだろうし、そのためのサイコロバトルではあるんだが。

 ……まあ、ビーストみたいな作品でフィギュア売れるなら、『最強武将伝 三国演義』(のフィギュアも売れる可能性あったよねぇ(笑)。

 アメリカ人はヒーマンやGIジョーやタートルズを観て何故フィギュアが欲しくなったのか。いや、このあたりはアニメやる前からオモチャ売れてたんだけどさ。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ