Twitter:@arisamag2

2013/1/6

くだらなくて 最高の仲間さ  アニメ
『最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!』

 ……来週放映のこのサブタイトルだけをネタバレ情報で知ったとき、『科学忍者隊ガッチャマン』の第100話『20年後のガッチャマン』みたいな話を想像してちょっとトキメいたのですが……次回予告見たらニセモノ話だったのでちょっと残念。

『20年後のガッチャマン』は物凄いエピソードなので興味のある人はググったりしてみよう。

 余談ですが、『スマイルプリキュア!』について、スタート当初に「こういう終わり方だったらちょっと泣いちゃうかも」って思っていたことがありまして。それは「自己犠牲的なビターエンドで一旦終わって、それを力技でハッピーエンドに持ち込む」って展開。

 たとえば、「完全復活したピエーロを倒すことは不可能で、もう一度封印するためには、プリキュアの誰かが新しいロイヤルクイーンになって、ピエーロごと封印されなければならない」みたいな流れになって、まあ順当に主人公のハッピーがクイーンになって「みゆき殿はいなくなってしまったが、これで世界は救われたでござるよ」なんつって、一旦終わる。(プリキュアとメルヘンランド住人以外からはみゆきの記憶は消えるので誰も悲しまないというオマケ付きで)
 で、最終回の中盤ぐらいで「こんなんアカン!ちっともハッピーエンドやあらへん!」とか言って、たとえピエーロが復活することになってもキュアハッピーを目覚めさせると決意すると。

 もちろんその後は奇跡の乱れうちでピエーロも封印中にハッピーに懐柔され「もう世界を滅ぼしたりしないよ」なんつってハッピーエンドと。


 まあ、最近の流れを見るに、変にヒネリを加えることもなくピエーロとジョーカー倒して(もしくは和解して)めでたしめでたしで終わりそうですが。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ