Twitter:@arisamag2

2013/1/6

くだらなくて 最高の仲間さ  アニメ
『最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!』

 ……来週放映のこのサブタイトルだけをネタバレ情報で知ったとき、『科学忍者隊ガッチャマン』の第100話『20年後のガッチャマン』みたいな話を想像してちょっとトキメいたのですが……次回予告見たらニセモノ話だったのでちょっと残念。

『20年後のガッチャマン』は物凄いエピソードなので興味のある人はググったりしてみよう。

 余談ですが、『スマイルプリキュア!』について、スタート当初に「こういう終わり方だったらちょっと泣いちゃうかも」って思っていたことがありまして。それは「自己犠牲的なビターエンドで一旦終わって、それを力技でハッピーエンドに持ち込む」って展開。

 たとえば、「完全復活したピエーロを倒すことは不可能で、もう一度封印するためには、プリキュアの誰かが新しいロイヤルクイーンになって、ピエーロごと封印されなければならない」みたいな流れになって、まあ順当に主人公のハッピーがクイーンになって「みゆき殿はいなくなってしまったが、これで世界は救われたでござるよ」なんつって、一旦終わる。(プリキュアとメルヘンランド住人以外からはみゆきの記憶は消えるので誰も悲しまないというオマケ付きで)
 で、最終回の中盤ぐらいで「こんなんアカン!ちっともハッピーエンドやあらへん!」とか言って、たとえピエーロが復活することになってもキュアハッピーを目覚めさせると決意すると。

 もちろんその後は奇跡の乱れうちでピエーロも封印中にハッピーに懐柔され「もう世界を滅ぼしたりしないよ」なんつってハッピーエンドと。


 まあ、最近の流れを見るに、変にヒネリを加えることもなくピエーロとジョーカー倒して(もしくは和解して)めでたしめでたしで終わりそうですが。
1

2013/1/5

新天地的な  まんが雑文
 まんがくらぶ2月号を読んでたら、ゲスト作品の中に足立たかふみ氏の名前を見つけてビックリした。

 足立たかふみ……彼は先日終了した『メタルファイトベイブレード』の原作者である。

 ……えーと、4コマ界にやってきたということは、もうコロコロでは描かないってことなのかしら。いや、児童誌から4コマに来るのは前例が無いわけではないんですが……それにしても早いな転身(笑)。
(※追記:本人のブログによると、別にコロコロやめるわけではないらしい)

 実はメタベイ当時から思ってたんだが、この人の絵柄って少年漫画っぽくないよね。

 少女マンガっぽいというか……1970年代っぽい?

 肝心の内容については、もうちょっと頑張れ。
1

2013/1/3

ゴゥンゴゥン  まんが雑文
 さて、今年最初の4コマ感想は、まんがホーム2月号で。


・『となりのなにげさん』(作:橘紫夕)
 正月に臼と杵で餅をつくという経験をしている子って最近いるんですかね。まあ、このマンガの様に町内イベント的なモノではあるかもですけど、家庭でとか、親戚一同集まる場でとかで。


・『いぬにほん印刷製版部』(作:瀬野反人)
 初登場ゲスト。
 タイトル通りの本格印刷職場4コマ。
 本格過ぎて職場にたどり着くまでしか話が進まない(笑)。

 それはさておき、マジメな感想を書くと、若干読んでて伝わり辛い表現が多いような気がする。「研修の墓」とか1コマ目で持ち出されてもピンと来ないし、本(インク)の匂いでトリップするってのは一種のあるあるネタではあるのだが、突然4コマ目で奇声をあげられても「何事!?」と思ってしまう。

 印刷会社は家族レベルでやってる小さいところから大企業までバラエティに富んでいて、傍から見ていてなかなか興味深い職場ではあります。


・『東京!』(作:カワハラ恋)
 最終回。
 主人公たちが卒業しない卒業式で最終回ってありがちだけどどうにも盛り上がらない。

 ところで、ハシラコメントで「仕事ください」アピールしていた作者にはちゃんと次の新作が用意されているぞ。よかったね。(連載になるかは知らんが)
 だが、今の私は「働きたくないテンション真っ最中」なので、そこまで仕事をしたい作者の気持ちが理解しかねる(苦笑)。


 ああ、明日から仕事始めですね。頑張らなくちゃ。



 では本日はそんな調子で。
0

2013/1/2

ガブラは「様」とか言わない。(←だから別人だって)  映画
 正月は映画を観るもんですよ。(←多分世間とはズレた価値観)

 そんなわけで元日に『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』を観てきました。


 ……そういえば、私、このブログで『仮面ライダーウィザード』について何の感想も書いてませんでしたね。

 この機会に書いておきましょうか……「あんまり面白くないですね」

 ……「どこがどう面白くない」とかじゃなく「あんまり面白くない」以上の事を語る気にもならないってのは大変ヤバい事態ではないかと思うのだが、ヤバいのはウィザードなのか俺の感受性なのかは議論の余地を残すところなのであまり考えないことにする(苦笑)。

 さて、以前「もうどうでもいい」と書いた過去ヒーローの悪役化の件なんですが。
 これについて、たまーに「キョーダインやアクマイザーはマイナーなんだから悪役として登場させるぐらいしか復活させる手段が無い」って意見を聞きますが。

 んーとね、そこまでして復活させる必要もないんじゃないかな。

 どうせ悪役として復活させたところで、今後は着ぐるみが現存する限りスーパーヒーロー大戦的な映画で再生怪人役をやるしかないんだしさ。そんなシャドームーンやアポロガイストみたいな扱いになってまで復活しなくていいよ。人気のないキャラクターなんて倉庫で埃被らせとけばいいじゃん。

 ちゅうかオリジナルな悪役ではなくアクマイザーやキョーダインを使うっていうのは「それがセンセーショナルである=映画の宣伝に繋がる」とスタッフが考える程度にはヒーローとしてメジャーである筈であり、そうでないなら「オタク上がりのスタッフによるマスターベーション的自己満足」以上のものではないよ。


 と、毒づいたところで感想を。




続きを読む
1

2013/1/1

年賀  おもちゃ
 あけましておめでとうございます。

 今年最初の記事は、特にヒネリも無く干支TFの画像を。
クリックすると元のサイズで表示します
 これはメタルスコラーダ惑星ガイアの赤土で足を滑らせて死にかけているところをメタルのコブラに助けられてメタルス化したぞ。ありがとう、メタルのコブラ!(色々嘘)

クリックすると元のサイズで表示します
 本当はビーストマシーンズ(ビーストウォーズリターンズ)の玩具オリジナルキャラ、ナイトバイパー。数多い日本未発売マシーンズの一つだ。

 ところで、当ブログでは、TF関係のネガティブなお話をするときに、やたらマシーンズをdisってますが、実は、マシーンズのマクシマルのデザインは大好きです。(ビーコンは全体的にデザインが古臭いというかブリキ玩具臭くってイマイチ)

 いや、勿論「こんなもん子供受けするわけねぇだろ」とも思うんですけどね(苦笑)。

 でもほら、あれですよ、ターンA的なっちゅうか、響鬼的なっちゅうか、とりあえずこのデザインをカッコイイと言っとけば通ぶれるみたいな魅力がありますよね、マシーンズって。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ