Twitter:@arisamag2

2012/9/26

すべてのモノが変形していく  まんが雑文
『火の鳥』、『超人ロック』、『恋愛ディストーション』、そして『津島直人のTFマンガ』と言えば「連載すると雑誌が休刊する四天王」として有名ですが。

 しかしケロケロエースは、『トランスフォーマー アニメイテッド』のコミカライズを連載していたのに未だ休刊してない、凄いぞ!……と、思っていたのだが、新連載『トランスフォーマー オールスパーク』を読むために久々に手にとったら、書店に並んでいる部数が、コロコロコミックや最強ジャンプの五分の一ぐらいになっていて、「これはいよいよヤバいんじゃないか?」とドキドキしました(笑)。

 部数もさることながら、児童向け雑誌なのにヴァイスシュヴァルツやプレシャスメモリーズを売りにする辺りも心配ポイントです。誰に向けて作ってんだこの雑誌。


 さて、どうやら「G1の語り直し」的な作品である『オールスパーク』ですが、この作品を連載することで、版権元のタカラトミーとしてはどうしたいのかが不明瞭。まさかマスターピースを子供に売るつもりでもあるまい。というかマスターピース売るんだったらキャラ名は旧日本語版準拠にするわな。

 実は、玩具タイアップではない純然たるマンガとしての『トランスフォーマー』が児童誌に掲載されるのは初めてのことなんですね。というか青年誌を含めても『スターゲート戦役』ぐらいしかないんだが。

 もしかして山田ゴロ版『仮面ライダー』(スカイライダー放映前にテレビランドで連載された、1号〜ストロンガーまでの物語を語り直したマンガ。現在売られている文庫版ではスカイとスーパー1も纏められている)みたいなことを目指しているのかしら。

 つまり『トランスフォーマープライム』の後番組はスターコンボイに続くG1八代目司令官が登場!……ないな(笑)。

 あ、マンガそのものの内容については、ひたすらドンパチしてるだけなので語りにくいです(笑)。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ