Twitter:@arisamag2

2012/9/9

陸と海と空  おもちゃ
 極一部の限られた層の間で話題沸騰! ビーストサーガを買ってきました。

 20年程前に見たようなデザインの獣人フィギュアの腹からサイコロが飛び出す……「ビーダマン絶頂期によくバンダイがこういう競合商品を出さなかったものだな」と一瞬思う玩具だ。

 さて、とりあえず摘んでみたのは漫画版で印象に残った2体と、それが偶然陸族と海族だったので、空族も買って陸海空を揃えてみました。


クリックすると元のサイズで表示します
 左から、バメット、エレドラム、ビルソード。

 所謂、『ビーストフォーマー』のリメイクを想起させる商品ですが、値段が300円も上がっているだけのことはあって、ボリュームが大きく作りも細かい。ビーストフォーマーは殆どのフィギュアが3パーツ構成だったと記憶しているのだが、サーガは色分けや成形の難しいパーツはかなり細かく分割されているようだ。一見塗り分けで処理されている様に見えるパーツが、よく見ると別々に成型したものを接着してたりして意外な細かさにビビる。

 比較画像が作れたらいいんだけどビーストフォーマーは簡単に取り出せない棚にしまっちゃってるので。

クリックすると元のサイズで表示します
 特に感心するのはこのサイコロ発射用のレバー。
 よく見るとレバーの中に反射光が組み込まれており、これでバトルロットを光らせることができるのだ。


 さて、先ほどは「極一部の限られた層」と言いましたが、発売された量販店では意外と子供の食い付きが良い。まあ、体験イベントがあったからだと思うけれど。

 ヒットするといいなあ。それをきっかけに業界が「ヒロイックファンタジーがイケるんだ!」と勘違いしてヒーマンやサンダーキャッツが日本上陸したりすると、もっといいなあ。

 でも「時代はサイコロ!」って話になってチンチロリンがボーイズホビー化されたりする可能性の方が高そうだなァ(笑)。

 ところで、これ企画の経緯が気になりません?
 最初からビーストフォーマーリメイクを意図したものだったのか。サイコロを射出するギミック先にありきなのか。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ