Twitter:@arisamag2

2012/7/29

それが真実であっても  映画
 だぁーくないとぉー らいじーんぐ!
 らいじーんぐ らいじーんぐ らいじーんぐ……(声:かな恵)

 分かり辛いボケから入ったが、話題の映画『ダークナイト ライジング』を観てきましたよ。
 原題とタイトルが微妙に違うということにさっき気付いた。原題通りだとこのボケ使えないところだったよ。ヘルメットが無いと即死みたいな気分だね。

 バットマンに関する映像作品を観る度に思うのだが、バットマンって「どのように料理しても一定の面白さは保つ」ところが凄いなあと。

「両親を殺された大富豪ブルース・ウェインは、蝙蝠のスーツを着用し闇の騎士となって悪人を制裁する」……このプロットさえ守ればコメディだろうとシリアスな犯罪ドラマだろうとSFだろうと相手が切り裂きジャックだろうロビンがいてもいなくても実際にバットマンやるのはテリーでもオールOK。

 あの伝説の駄作『バットマン&ロビン』ですら、そういうものだと割り切ってしまうとかなり面白いのだ。これって何気に凄くね?

 あー、でも戦前に作ったとかいうシリアルはちょっときつかったや(笑)。やっぱ闇の騎士も制作費には勝てないんですよ。

 では以下に感想を。

 ここから先はネタバレ注意。本作が面白かったかどうかについては、先ほどからこの記事のテンションがおかしいところでお察し下さい。

 それじゃ、ハッピーでラッキーなクライムファイターストーリー、スタートだよ♪(注:壮絶に終わります)

続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ