Twitter:@arisamag2

2012/5/15

君の中の英雄が  アニメ
 東京ネタ第三弾。ダイバーシティ東京のガンダムフロント東京にも行ってきたわけですよ。

 今回の旅行は連休明けということで、あまり混雑には見舞われなかったのですが、ここだけはダイバーシティ自体が最近出来た施設ということもあってえらい混んでました。

クリックすると元のサイズで表示します
 実物大ガンダムを間近で見るのは初めてでしたが、ただでかいだけでなくて、ディテールやフォルムの情報量の多さが素晴らしいですな。特に脹脛。(と、言いつつこの画像に脹脛写ってねぇけど)

クリックすると元のサイズで表示します
 ガンダムフロント入口。
 入場用の行列と当日券購入用の行列があって少々めんどくさい。
 そして入場まで二時間待ち。
 その待ち時間を潰すのがまた大変。さっきも書いたようにダイバーシティ自体が混んでいるので喫茶店でコーヒー飲むのも難儀するのである。

 入口前の看板みると一年戦争オンリー施設に見えますが、モニターにドモン写ってるのをご覧いただければわかるように、アナザーやSDを含めた全ガンダムを網羅した施設となっております。(勿論人気やらなんやらで取り上げ方には差はあるけどな)


 さて、2時間待たされただけあって、入場時に見せられるドームスクリーンの映像はなかなかの大迫力。初代と逆シャアをモチーフにCGのガンダムとシャア専用なんたらが動き回ります。正に目の前に迫ってきますよ。

 このドームにガンダムの歴史が映しだされて、シャアによる解説を聞いてると、ターンAの黒歴史とかガンダムXの最終回とか思い出します。

 撮影禁止なのでドームの様子をお見せできないのが残念です。お台場に行った時には是非ご覧ください。ガンオタのみならず巨大ロボ好きにはかなりお勧めです。

 スクリーンを出て展示スペースに行くと、初代ガンダムの初期設定画やら逆シャアの絵コンテ、Vガンのイメージボード等の貴重な資料が見れますが、勿論撮影禁止なので紹介出来ません。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは撮影可能な展示物の一つ。実物大ストライクフリーダムのバストアップモデル。
 初代ガンダムは全身を作ってもらえるのに、まだまだ若手のストフリはバストアップ。モビルスーツも縦社会なのだ。この分だとポッと出の新人であるAGEやUCは顔しか作ってもらえないにちがいない。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 ほらね。しかも二次元。

クリックすると元のサイズで表示します
 W兄さんはもう大御所なので二次元でも全身を作ってもらえるぞ。

 これらのイラストはドームへの入り口前で見れるものです。ここで10分ほど待たされるのですが、ギレンやラクスによる会場での禁止事項の説明VTRも見られて退屈させません。

 まったくもって良く出来た施設だと思います。

 TF者としては「きいぃ 羨ましい」とかも思ったりしますが(苦笑)。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ