Twitter:@arisamag2

2012/3/9

本音が視覚化  まんが雑文
 ……あー、いえいえ、その件についてはこちらの方が。

 と、謎の言葉を残しつつ、まんがタイム4月号の感想をお送りするのだろうか。


・『わさんぼん』(作:佐藤両々)
 いやだわ、だんだんBLっぽいネタが露骨になっているわ。



・『ほめよめ』(作:黒渕かしこ)
 今月から連載化。

 ところで、ネットでアニメや特撮の感想や批評を読んでいて、時々「劇中人物の人格攻撃」的な意見を見つけてモヤっとすることがある。

 皆さんもアニメや特撮を観ていて「あれ? このキャラって正義側の筈なのにやってること犯罪くさくね?」と首をひねった経験がありませんでしょうか。その手の事柄ついての過激な批判を時々見かけることがありまして。

 勿論その気持ちを理解出来る意見も多くある(特に平成ライダーに顕著な「こいつヒーローのくせに友達以外救う気ない」感じは私もイラっとくることがある)のですが、「いやアニメキャラとはいえ未成熟な中高生にそこまでのモラルを求められても」とか「明らかにギャグとしてやってるのにそこで怒るなよ」と思うこともしばしば。

 なんでそんな話を始めたかというと今回の「恋のライバルだと思っていた人が兄嫁(※その兄は故人)と知ってついつい笑顔になってしまう」ってのは、その手の批判の対象になりそうだなぁと(苦笑)。

 ところでこの兄、あんまり亡くなったことを悲しんでもらってない感じがするんだが、死後どのくらい経ってる設定なんだろうか。



・『タマさん』(作:森ゆきなつ)
 なんだか過去話が核心にせまりつつあるようで。


・『ねじゆるゆる』(作:風上旬)
 最終回。
 なんか今更良い話にもっていこうとしているが、もう手遅れだと思いました。 
 まあ、手遅れ前提なんだろうとは思うがな(笑)。


・『Welcome!つぼみ園』(作:おーはしるい)
 ……火鳥勇太郎……。




 では本日はそんな調子で。
0

2012/3/6

ダンスが上手そう  おもちゃ
 最近、毒吐き系の記事が多いような気がしてきたので、本日はほのぼの日常ネタを。

 仕事帰りに梅田のヨドバシに行ったら、AMオプティマスの見本が飾ってあった。

 とりあえず、つま先のシールがエナメル靴みたいな質感だなと思った(笑)。
0

2012/3/5

お前らフィギュア王や電ホビばかり読んでんじゃねぇ  雑記作文
 日曜日あたりからだったか、所謂まとめサイトを中心に、モデルグラフィックス誌のモデラー座談会記事が話題になっているようですが。

 話題の内容については心底どうでもいいんですが(←じゃあここでも話題にすんなよ)、先月25日発売の雑誌に掲載された記事が、3月に入ってから話題になるという状況に「ネット世界って意外とリアル世界で流れる情報に疎い」という現実を突きつけられた気がして「俺たちはパソコンの前に座ってばかりじゃダメなんだ。もっと外に出て、書店で立ち読みしなくちゃダメなんだ」と決意を新たにしてみたり。(←立ち読むなよ、買えよ)
1

2012/3/4

正直、最近はプ○キュアより面白い気がする  アニメ
 ミステリー!

 ベイブレードが終わりそうな展開なのは想定の範囲内だけどビーダマンまで終わりそうな展開だよ、ミステリー!

 まだ龍が4匹揃ってないから終われない筈なのに、ミステリー!

 ちなみにベイブレードは主役変えて続くそうだよ、ミステリー!

 同じ世界観の話なのにベイ=星座の設定を反故にしちゃうらしいよ、ミステリー!

 話を戻すと、ユキヒデとレイジの関係を見習ってナオヤを許す流れは上手いと思うけどあいつ改心しそうにないよ、ミステリー!

 でも虎はタイガー改心する気満々っぽいよ、ミステリー!

 あのなんでも「タイガーなんとか」って呼ぶギャグはスベってるよね、ミステリー!

 ところで爺さんの素顔大したことなかったね、ミステリー!
0

2012/3/3

ああ、他人を想うって  まんが雑文
 もうCMやってるんだ。
 しかもいつもの「主演声優が早口で意味不明の言葉をまくしたてるチャカチャカしたCM」じゃないんだ。意外に渋くて驚いたよ。


 まあその辺の話題は最近続いてるしアニメ放映開始あたりまで続くだろうから、本日は、まんがホーム4月号の話題でも。


・『東京!』(作:カワハラ恋)
 ムサコが他人を気遣うなんて……!


・『炊飯器少女コメコ』(作:うず)
 いや、ホントにジャンボでの異常事態とは全く関係ない通常営業なんですな(笑)。



・『センセイあのね?』(作:小石川ふに)
 今月のハシラコメントは「酔っぱらった時の失敗談」がテーマで、大体の場合「お酒あるあるネタ」の範疇に収まる内容なのだが……この人のコメントは心底酷いと思った(笑)。だが酔っぱらいとは違うベクトルの酷さな気もする。



・『夫婦な生活』(作:おーはしるい)
 長期連載が遂に最終回。
 先月マンションを買った辺りで「終わるな」とは思っていたが、長期連載にしては(だからこそか?)あっさりと終了。

 でも、来月からは新連載『もっと!夫婦な生活』が始まるんだけどね(笑)。
 なぜタイトル変えるのか。単行本の巻数でも仕切り直したいのか。

 ちなみに、恐ろしいことに新しいマンションは大家もお隣さんも前と変わらない。何のための引っ越しなのか。



・『腐女子主婦がゆく!』(作:青沼貴子)
 編集者が、相手が何者か分かっている様な気がしてならないんだが。

 それはともかく「どうしても○○が描きたい」的な拘り方は、どちらかというとアマチュアぽいもの(プロならクライアントの要求に応えることを優先しそう)だと思っていたんですが、編集者はそこで「プロ」と判断するもんなんですかね。
 まあ芸術家としての「プロ」なら描きたいものへの執着の方が強いものなのか。


 では本日はそんな感じで。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ