Twitter:@arisamag2

2012/3/27

まだ何かを結論づけるには時期が早いけど  空想特撮
『特命戦隊ゴーバスターズ』が「子供向けらしくない」という意見をたまに目にするのだが、私にはさほど「子供番組の枠組み」を逸脱している様には思えない。

 別に物凄くハードなテーマを扱っているわけでなし、ヒーローのカラーリングが灰色とかグレーとかで地味というわけでなし、卒塔婆で宇宙人に殴りかかるわけでも相手の武器で焼死させるわけでも敵を交通事故に巻き込むわけでもなし、テコ入れと称して兜を割ってオモチャが出てない姿になるわけでもなし、敵前逃亡も無ければ子供を轢くこともなし、罪も無い宇宙人を警官が射殺するでもなければ子供姿の宇宙人を防衛隊長が射殺するでもなく、岸田森がニヤニヤ笑いながら街中で拳銃を乱射するでもなし。実にマトモな子供番組ではないか。

 冗談めかして言っているようだが「子供番組を逸脱する」というのはそういうことだ。ブルースワットやメタルダーでもまだヌルいのだ。

 ゴーバスターズに問題があるとすれば、「子供番組を逸脱している」というよりも、もっと根本的なこと……「企画時にセールスポイントとして提示したであろうことが、完成作品で生かされていない」と言う点ではなかろうか。

 まず、重箱の隅的な事を言えば。
「リアリティと称して名乗りポーズを省略したのは良いが、名乗り自体はやるので結局ツッコミどころが無くなったわけでは無い」とか「変身バンクを排除したのは良いが、そもそも今までの戦隊も“変身エフェクト”はバンクだったが変身自体はバンクじゃなかったのであまり意味は無い」とか「ロボの変形短くしたのは良いが、それっていつもの戦隊も4話目あたりから省略してるからやはり意味がない」とか。

 そして大きな枠組みの話をすれば。
「スパイアクションが売りの一つだったらしいが、肝心のヴァグラスを“異次元から攻めてくる敵”にしちゃったので敵基地潜入や変装や敵の目をかいくぐるといったいかにもスパイ物っぽいシチュエーションが作りにくくなっている」とか。
「メカに力を入れていると言うが、先述の変形バンク簡略化等、シーン全般が“メカをなめまわすように撮影する感覚”(所謂メカフェチ)に乏しいので結局力が入っている様には見えない」とか。


 ……こういった「企画意図が上手く機能してないっぽい戦隊」は近年多く見られる気がする。

 例えば『ゲキレンジャー』は修行が売りだった筈なのだが、「暮らしの中に修行あり」のヒーロー側より、悪役の方がハードな修行をしているので、逆にいつもの戦隊より「楽して勝ってる」様に見えちゃうという奇妙なことになっていた。
(ゲキレンは目の前の危機よりも修行を優先しているかに見える本末転倒な描写も個人的には気になった)

 或いは『ゴセイジャー』の「敵組織が代替わりしていくのは良いが、それにかけられる予算や時間は例年通りだったらしく、ひとつひとつがショボい」とか。

 ……と、三本の作品を同列に語ってしまったが、これによって特オタの作品批評にありがちな「個人攻撃」(プロデューサーがどーしたとか、脚本家がどーしたとか)をするつもりは私にはない。

 単純に「最近の戦隊って、企画過程に大きな機能不全を抱えてないか?」と疑問を呈してみたくなっただけである。

 まあ、「企画通りに進まない」ってのはこの手の番組では日常茶飯事ではあるんだが。
 なんか1〜2年おきぐらいに根っこのところでやっちまった感あふれる作品が出てくるってどうなんだろなーと。
0

2012/3/25

地球滅べ  まんが雑文
 ……正直『ウルトラゾーンチャンネル』は作ってる人達が思ってるほど面白くないので、一度に何話もやらないでほしい。もうちょっとコントとか増やそうよ。

 と、この記事書いてる時間帯が関西限定で丸分かりな発言を残しつつ、まんがタイムスペシャル5月号の感想を。『ゾーンチャンネル』が面白いと評価している方々には申し訳ない。



・『ベツ×バラ』(作:曙はる)
 最終回。

 静かに消えていく最終回もあれば、表紙の4分の1強使ってアピールされる最終回もあるのだなぁ。

 ところで表紙では「たまちゃんと原田くんの恋の行方は…!?」と煽っているのだが、そんなことは二カ月前に解決していたような気がする。

 まあ、なんといいますか、エロい漫画でしたよね。直接的な事は何もないんだけれど。



・『えすぴー都見参』(作:岬下部せすな)
 うーん、直人の決意は御影院の影響がモロっぽくて感心しないなぁ。
 別にいーじゃん、金持ちな環境を利用してしたたかに生きたって。 

 あと、縁を切っても情は残るので結局狙われると思います。



・『放課後のピアニスト』(作:十野七)
 進級するんだ!? サザエ空間で安住する気は無いんだ!?





 では本日はそんな感じで。
0

2012/3/23

無理すれば行けるけど  
 まあ、一般参加だし、特に誰と会うとか無いので報告の義務は無いのだが、名古屋のアレにも東京のアレにも行っといてどうなんだとか思われるかも知れんし、それ方面の記事を期待されている方もいるかもしれないので一応。

 今週から仕事忙しサイクルに入ったので、今度の日曜日はインテックスで開催のアレには行かず、午前中にウルトラマンサーガを地元のシネコンで観たら、すぐさま帰宅して睡眠補給に入る予定です。

 いや、意外と遠いのよ、インテックス大阪って(苦笑)。

0

2012/3/20

…つもり?  まんが雑文
 ところで、先月25日発売の電撃ホビーのTF記事中で、TFプライムについて「国内向け改編版」と明記してあったことをご存じか。

 恐らくこれが「日本版はオリジナルと異なる」ことを明確に示した最初のソースなんだが、TFファンの殆どがこの一文をスルーして、シールの話題ばかりしていたことが不思議でならなかった。

 これは、そんなことには動じないぐらいファンが冷静になったのだな……と、思ったがそうでもなかったと、ここ数日で理解(笑)。


 それはともかく、まんがタイムファミリー5月号の感想をぼんぼろう。


・『ぽちゃぽちゃ水泳部』(作:遠山えま)
 ……なあ、今更こんな事言うのアレだけど、この娘、ダイエットよりも身長を気にした方がよくないか?


・『ラディカル・ホスピタル』(作:ひらのあゆ)
 そう言えば、長い事連載してるけど、ここまで明確な院内恋愛って初めてでしたっけ。
 んー、恋愛はまあ良いんだけど、なんかノリがいつもと違う気がするというか。


・『らいか・デイズ』(作:むんこ)
 ゲスト。
 らいかさん、何時の間にそんな毒舌家に(笑)。まあ、確かに不思議だよね。


 では本日はそんな調子で。
0

2012/3/18

むしろエンディングに愛知ゴリ押し疑惑が  アニメ
 もう二日前ぐらいの話だが、TFプライムの声優やら主題歌やらが決まったそうで。

 で、主題歌担当の方々が所謂K-POPなことで、例によって「韓国ゴリ押し批判」がネットで展開されてるようですが。

 でもね……いや、その、これって「ゴリ押し」って言うか……なぁ(苦笑)。

 いやね、TFプライムって、大ヒットした実写映画の流れをくむシリーズとかエミー賞受賞とかなんだかんだ言っても、所詮は土朝のジャリ向け販促アニメなんですぜ。

 この手のアニメの主題歌って、声優ユニットやアニソン歌手じゃなければ、ポっと出の新人の仕事じゃん。

 例えばプリティーリズムの二期でも韓流来るけど、あの娘等はまだデビュー前の新人じゃん。土朝アニメってのはそういう人達がやるもんだろ。

 それをあんた、「名実ともにアジアを代表するモンスターグループ」ってことになってる筈(実情は知らんが)のBIGBANGが担当ってどうよ?

 なんで日本を代表する場末の仕事をやってんのかって話だよ(笑)。

 しかも音楽関係の記事とか読むと、どうも「大物バンドがキッズアニメの主題歌担当するってすげぇ!」じゃなくて「あのトランスフォーマーの主題歌担当するってすげぇ!」的な文脈で語られてるっぽいんだよ。違うだろそれ。アジア代表してんのに土朝アニメの主題歌なんて担当してもすごくないよ。ある意味すごいけど。

 例えば、「あの頃のSMAP」じゃなく「今のSMAP」が『姫ちゃんのリボン』や『赤ずきんチャチャ』の主題歌担当したら、誰だって「(ゴリ押しとかとは違うベクトルで)おかしい」って思うだろ? そういうことだよ。

 お前らはゴールデンのドラマとか劇場映画の主題歌をやれ、それこそ実写の方のTF4の主題歌狙えよ。何やってんだよ。

 そういった微妙感を抱えているのは私だけかしら。「メリットが見いだせない筈の仕事をしている微妙感」と言いますか。仮にゴリ押しとしても、もうちょっと選べと。

 私、TFの事低く考えすぎ? 今は歌うとステイタスになるの?

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ