Twitter:@arisamag2

2012/2/24

でもマイクロンの色はシルバーとかに統一してほしかった  おもちゃ
 今日発売のフィギュア王。

 遂に日本版TFプライムの玩具仕様が明らかに!……え? マイクロン組み立て式? それはともかくシール?……えー、俺不器用だからシールまっすぐ貼るの苦手なのにー、しかも試作見本の時点でシールにしわ出来てんじゃん。これはちょっとどうかと……(ポジティブシンキング中)………

 ……(シンキング完了)……まあ、いいんじゃないか、これで。

 いや、マジでマジで。
 要は、ベイブレードやビーダマンの路線(一番近いのは他社の『ダンボール戦機』ということになると思うが)にTFを近づけようってことですよね。

 うん、それでいいんですよ。アメリカでTFがターゲットとしている年齢層って、日本だと、丁度戦隊やライダーを卒業した直後の年齢層なので、そいつら相手に「ビークルからロボに変形するロボットのアクションフィギュア」を売り込んでも難しいのは明らかなんですよ。ついさっきゴミ箱に放り込んだ戦隊ロボと何が違うのか分からんからね。

 そんなわけでマイクロン組み立てオッケー、シールでドレスアップ大いに結構。ちゅうかケロスクはもしかして伏線だったのか。

 そうはいっても、本来ホビー玩具ではなかったものをホビー系に振って、それで成功を収めたシリーズなんて、私はビーダマンぐらいしか知らない。(アレは元々ボンバーマンのマスコット玩具だった)
 他の玩具だと、例えばチョロQなんかはデッキシステムとか今の……えーと、なんだっけ? 名前忘れた……まあなんかシズラーみたいな遊び方するアレも滑りまくりだ。
 AMシリーズも「これで絶対売れる」とはよう言わん。

 特にシール貼り付けなんかは、今公開されている画像だけだと「本編に近づく」以上の効果が見えてこなくて、ベイやビーダマンの持つ「ファッショナブルな外観」とは程遠いし。まだ未発表の追加シールの出来次第ではマイナス要素にしかならない気が。


 でも、まあ、いいよシールでも。某ミニプラみたいにシールで本体包み込むようになって外観ペーパークラフトみたいになっちゃわなければ。

 ……あ、オプティマスの足首がまさにペーパークラフト状態(苦笑)。

 そんな感じで、今回の情報については、正直「不安半分」ってとこなんだが、しかし一部のTFファンに向けて自分の事を棚に上げた近親憎悪批判をやらかしておかずにいられないので聞いてくれ。


「だからお前ら、商品展開批判する時にマーケティングを持ち出すんなら、そのマーケティングから導き出される結論がお前達の望む方向になるとは限らない事を理解してから語れ」


 ……多分、マーケティングを軸に考えたら「毎年似たような変形ロボットをブリスターにブチ込んで出荷したら必ず売れる」と考える方がおかしい。今回のこれは、つまりそういうことだろう。


 ちなみに私のプライム玩具本命は、海外版でもAMシリーズでもなく、EZコレクションです。
 金と収納スペースの問題でな(笑)。
1

2012/2/20

合挽き  まんが雑文
 今後は35戦隊全員がレンジャーキーで変身するんだろうか。


 それはともかく、まんがタイムファミリー4月号の感想を手短に。時間がないんだ。


・『ココロ君色サクラ色』(作:桑原草太)
 よくある話がよくあるパターン。
 でもこういう話は何度読んでもニヨニヨしちゃうものですな。



・『椿さん』(作:楯山ヒロコ)
 稔が大学合格。
 もうちょっと盛り上げるのかと思ったが、なんかサラッと流したな、という印象。


・『まんしゅう』(作:唯洋一郎)
 この話、別に現代の話でよかったんじゃ。どうみても瓦版じゃないし(笑)。


 ほんじゃこの辺で。
1

2012/2/15

ケロニョン  まんが雑文
 緊急速報! 『しばいぬ子さん』がテレビアニメ化決定!

 ……と、この記事書いてる時間帯が丸わかりな情報を発信しつつ、まんがタイムジャンボ3月号の感想を。

 表紙が温泉。とりあえず朝倉さんはもう若くないと思いました。


・『炊飯器少女コメコ』(作:うず)
 先月から、いつもと様子が違うコメコ。(まだ「いつも」が定義出来るほど連載続いてない気もするが)

 だが、ホーム掲載分ではいつもの調子なのであまりハラハラしない(笑)。


・『乙女ほるもん』(作:津々巳あや)
 ……そういえば、『ウルトラマン妹』ってラノベが出版されるんですってね。(もう出たんだっけ)
 いや、この服見てたらそういうの思い出してさ。



・『あねざかり』(作:藤凪かおる)
 なんだかこのマンガ、単行本が出たあたりから急激に姉弟の関係が近親愛めいた物(弟が一方的に)になってきた気がするんだがどうだろう。

 そういうテコ入れ的な何かを強いられてるのか。本来の恋愛担当キャラはどこへいったのか、そんなことが実はそんなに気にならないが気になる。



・『天文むすめ』(作:高内優向)
 二か月程休載して再開したと思ったら、来月もう最終回。

 それはともかく、この娘ホントに宇宙人だったんかい!?

 ……まあ、来月夢オチ的な展開が待っていそうな予感はするが。



・『ひめとりものがたり』(作:かわちりえこ)
 ……おお、この犬は、源三郎さん、源三郎さんじゃないか!

 と、ちゃんと『ラブじゃらし!』を覚えているかのように書いているが、実は思い出せずに30分程検索していた(笑)。

 実際、読者の何人に伝わるんだろうな、これ。



 では本日はそんな感じで。

 ……まあ、いぬ子さんも五分枠だよな。
1

2012/2/12

むずかしいりくつをこねようとおもったが、めんどくさくなったのでかんたんに  アニメ
 先週から新番組『スマイルプリキュア!』をやってるわけですよ。

 世間でも大評判なんですよ。

 大評判なんですが……うーん、うーん。

 なんかね、いよいよ「前の奴との差別化」が難しくなってきたかなぁと。

 実のところリアルタイム世代の幼女の皆さんはそんなこと気にしないと思いますが、親御さんは「区別つかない」と言い出してもおかしくないような。

 何が区別つかないって、不幸のメロディーで苦しんでる人とバッドエンドで苦しんでいる人の違いが。
1

2012/2/10

ネタの使いまわしを強(略)  アニメ
 突然だが、新番組『ビーダマンAGE』というのを思いついた。

 タイトル通り、ガンダムAGEのパク……いやインスパイアだ。

 親から子へ、子から孫へ、三世代に渡るビーダー達の戦いの物語。

 ただし、世代交代するたびに安全基準が厳しくなってビーダマンはパワーダウンする。
 リアリズムの追求が仇に(笑)。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ