Twitter:@arisamag2

2011/10/12

冬の風物詩  おもちゃ
 なんだか来年1月から『トランスフォーマーユナイテッド』が再開するんですって?

 ということは、もしや、テレマガで予告しながら発表されなかった謎のTF新シリーズの正体はこれだったのか!?……

 ……あー、なんとなく違う気がする(苦笑)。

 いくらなんでも、こんな「国内未発売商品を脈略無く寄せ集めてみました」みたいなシリーズを児童誌で予告まで出してプッシュするとは思えぬ。

 正直、今までのTF玩具オリジナルシリーズの中で一番ラインナップが意味不明に感じる。誰に向けて売りたいのかも不明瞭。子供向けとしちゃ渋すぎるし目玉に欠けるし、マニア受けっちゅうても、「それでアクサロンはねぇだろ」とかなぁ。

 画像を見た今でもガセネタなんじゃないかと疑ってます。

 そんなわけで、思わず「件の新シリーズは何らかの理由で延期か中止になって、そのピンチヒッターとして急遽企画されたものなんじゃ?」なんて憶測をしてしまうところなのだが、はたして真相は?

 次のTFジェネあたりでその辺取材してくんないかにゃー。
1

2011/10/10

京都人の言葉は何を信じたらよいのやら  まんが雑文
♪誰にも負けない 流行りのファッションで♪……自ら流行を生み出せず、追いかけている時点でお前たちは負け組だ。
 あと、ストーンにブランド(属性みたいなもん)があることって本編で全然説明してないよね。


 そんなことはともかく、まんがタイム11月号の感想を手短に。


・『ジムメン!』(作:岩城そよご)
 初登場ゲスト。

 我らがまんがタイムグループ(の連載枠)を狙う故ラブリーからの新たな刺客(嘘)。

 ラブリー末期連載陣の中では、比較的他のタイム系列誌になじみやすいテーマと内容ではある。なんだかすげぇBLくさいけど(笑)。

 この作品をタイムに持ってくるのはまあ妥当ですけれど、正直、他の「ガンガン連載の伝奇マンガみたいなのを四コマに切り刻んだような奴」とかは持ってこられても困るので、その辺はフォワードとか、最近若返りが目立つ週刊漫画TIMESとかで何とかして(苦笑)。



・『はこいり良品』(作:井上トモコ)
 ……えーと、マキさんは何故そんなにやさぐれてんの? 秋だから? 思春期だから?



・『ロコ・モーション』(作:藤井理乃)
 先月から3ヶ月連続ゲストの2回目。

 連続ゲストというと、連載狙いのパイロット的内容が相場だが、この作品は先月は「卒業後の進路」、今月は「卒業旅行」と、最初から終わる気満々の展開である。すげぇぜ。万が一連載決まったら大学編とかにすんのか。



 では本日はそんな調子で。
0

2011/10/9

例によって装甲はやたら頑丈  アニメ
 今日の『ガンダムAGE』第一話の感想。

 最初は、例によって4コマ感想の頭にぼそっと書くだけにするつもりだったんだが、書いてみたら意外と長くなったのでこれだけで記事にしてみたり。


 ……軍にコネがあるのに、なぜ敵の襲来を軍人ではなく担任の先生に相談するのだ。
 そして、逆に軍から信頼されていることを知っているのに、そんな奴の言ってることをなぜ先生もクラスメイトも信じないのだ。
 そういうのは夢みたいなことばっかり言ってる落ちこぼれに対するリアクションだ。

 全体的に初代ガンダムの継承(幼馴染が迎えに来るシチュエーションに初代第一話への露骨なオマージュを感じる)を意識しているのに、主人公の立場がアムロと全然違うところに、ちぐはぐさを感じないではない。主人公を天才で軍関係者でガンダム設計者にしちゃったのに「凡人が戦争に巻き込まれる」出発点を踏襲してどうするのか。

 えーと、このブログらしくトランスフォーマーに例えると「大金持ちでイケメンで学業優秀でスポーツ万能の主人公が、何故かナンパ目的で親父とオンボロの中古車買いに行く」みたいな感じ?


 まあ「ある分野の天才なのに普段はその辺の子供と同じ様に扱われる」ってコロコロマンガっぽいシチュエーションだと言ってしまえばそれまでなんだが。

 勿論コマやミニ四駆やビーダマンやテレビゲームやあやとりの才能がモビルスーツ開発の才能と等価ではないんですけどね(苦笑)。だが射撃の才能となら等価かも知れない(笑)。


 あとね、子供さん狙いだったらね、第一話で三形態全部見せるぐらいの派手さが欲しかったです。それはちょっと無理だったか。
0

2011/10/6

異糖と災糖は違うマンガに出てきたな  アニメ
『森田さんは無口。』(もりたさんはむくちまる)はまだよかったが、流石に『森田さんは無口。2』(もりたさんはむくちまるにじょう)は、もう意味わかんない。長いし。


 ……クール毎にタイトルが変わるのはDVDとの兼ね合い(1クール目で「。」がついたのもOVAとの差別化だ)だということは理解しつつも、私らの世代だと放送途中でタイトル変わるのって「戦え!」だの「ぼく」だの「白馬の王子」だの「トニー谷の」だの思い出して縁起悪い気分になってしまいます(苦笑)。


 で、2クール目から牧先生が追加されたわけですが。

 雪乃さんは? 僕らの雪乃さんは出ないの?

 彼女さえ出てくれば、この深夜枠とは思えない爽やかな番組がたちまち深夜番組らしくなるというのに。
1

2011/10/4

横型の個性  まんが雑文
 別にオーレンジャーの大いなる力じゃなくても、バズーカ使う戦隊だったら何でも良かったんじゃないかと言う気がする。

 それはともかく、まんがホーム11月号の感想を。オーレィ!!


・『半透明勤務 薄井さん』(作:来瀬ナオ)
 ジャンボからゲスト。

 いきなり「自縛霊OL」なるぶっ飛んだ設定を受け入れなきゃいけない、初めて読む皆さんはご愁傷様……いや、そこはマンガ的にそういうもんだと納得する人が多数だろうか。むしろ「オフィスで普通に猫飼ってる」ところの方が地味に一見さんの理解範疇外だろうか(笑)。

 それはまあともかくとして、ラジオ体操の歌詞って「あたらしいあさがくる」でしたっけ?「あたらしいあさがきた」ではなかったでしたっけ?……記憶があいまいな上に、私の言い分が正しくても、単にジャスラック対策で微妙に違う歌詞にしただけかも知れず。



・『東京!』(作:カワハラ恋)
 え? 先月そのキグルミ選んだのは可愛いからじゃなかったの? これで脅かすつもりだったの?



・『腐女子主婦がゆく!』(作:青沼貴子)
 連載開始当初に比べて、ジュピターとJの顔が怖くなくなってきている事に、作者の本気を感じる。



 では本日はそんな調子で。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ