Twitter:@arisamag2

2011/10/29

同じ筋肉を愛する者同士じゃないか!  まんが雑文
 ……なあ、「デンジャラスベビーフェイス」って、もしかしてジャンプじゃなくて顔芸なんじゃ?……

 それはともあれ、まんがタイムオリジナル12月号の感想でも。

 今月で終わる連載あり、なんだか終わりそうが空気が流れてる作品があり、どうやら何度目かの連載入れ替え時期を迎えた模様。(“終わりそうな空気が流れてる作品”がホントに全部終わったらリニューアルレベルの規模なんだが)

 ……が、終わりゆく連載に比して、始っていく連載や連載化されるのであろうゲストが、ものすごく力不足に感じるのは気のせいだろうか。だったらいいな。気のせいじゃなかったらタイスペなりホームなりから生きの良いのを早急に連れてこい(苦笑)。



・『ひよりすと』(作:魔神ぐり子)
 最終回。
 先月、異母姉弟だと分かったばかりの、このタイミングで終わる気持ちが分かりかねるがどうだろう。



・『夏生ナウプリンティング!』(作:大乃元初奈)
 最終回。
 田中製紙さんの謎が深まるこのタイミングで終わる気持ちが分かりかねるがどうだろう。



・『あねぐるみ』(作:森繁拓真)
 ゲストから新連載。

 ……だが、その記念すべき新連載第一回で、突如として現れた新キャラクターが、姉に代わって弟を振り回す役に成り変わってしまう。

 いや、マジで。
 この一話だけは、明らかに主役が変ってしまっているよ。

 私の記憶が確かなら、この「源からん」なる新キャラは、作者が本作の前にタイオリに掲載していたゲスト作品の主人公だった温泉仲居と同一人物。
 多分、「作者的にお気に入りのキャラ(作品)だったが諸般の事情で連載化が叶わなかったので連載化されたこの作品に捻じ込んでみました」ってところだろうと邪推するのだが……読者はそれを望んでいるの?


 では本日はそんなところで。
0

2011/10/26

肯定的なことばかり言うのもアレですし  アニメ
 いやはやまったく、ガンダムAGEで阿鼻叫喚なガンダマーの皆さんの様子を傍から眺めているのは大変面白いのであります。(←悪趣味)

 まあ、そうは言っても、私自身があの作品に対して不満がないかと言われると、決してそんなことないんですけどね。

 その不満の一つは、第一話を観た時点で既に思っていたことですが「この番組って、子供さんターゲットにしている割には作りが地味っつうか、ハッタリが足りなくね?」ということ。

 そんなことを言うと「いやいやお前、第二話でAGEシステムってものすげぇハッタリが出てきたじゃんか。どこ見てたんだよ」と仰られるかも知れませんが。

 いやいやいや、それが問題なのだよunderstand? 時間はやや不公平。

 いいか良く考えてみたまえ、あの大層なシステムが大層な御託を並べて作り上げたものは、第三話現在で「いつものビームライフル」一丁だけ。

 ドッズライフルと言い換えてはいるが、あれは形状といい威力といい、ガンプラに付属している点といい、明らかに「いつものビームライフル」だ。

 歴代ガンダムの標準装備「雑魚MS(AGEに出てくるのは今のところ“MS型”だが)なら一発で破壊出来る威力のビームライフル」を完成させるのに二話もかけてる。これを地味と言わず、ハッタリ足りないと言わずに何と言えばいいのか。

 理屈や設定面でのハッタリではない。ビジュアル面スペック面でのハッタリが足りない。AGE−1は今までのガンダムに比べて絵的に「弱いロボット」に見えるのだ。

 あくまで私の経験則上の話だが、子供番組のシリーズ物で「前作の奴より弱い」と子供に思われるのはよろしくない。

 ほらほら、「今まで毎週一匹怪獣倒してたのに一カ月ぐらいかかるようになった奴。しかも第一話はナメクジ潰すだけ」とか「デビュー作でバイクに乗るどころか仮面をかぶるところにすら到達しない奴。しかも序章で終わり」とか「去年までの勇者が簡単にやってのけたことが承認貰わないと出来ない奴。そしてグレート合体すらなし」とか、シリーズ物でイマイチ子供人気の伸びなかった奴ってそういうところあるじゃん。ガンダムAGEにはその手の作品に通じる不安を抱くところが少なからずある。(←勿論、何が子供に受けるかなんてわかったもんじゃないので「だからガンダムAGEも子供受けしない」と断言はしませんよ)

 これが初めて見るガンダムって子でも、知識としては「前の奴はガンダムが一度に4体ぐらい出てきたり剣を何本も持ってたりして派手だった」ぐらいのことは知ってんじゃないかなー。そーゆー子にとってこの作品ってどーなんかなーって。
1

2011/10/24

倒した相手をピアノで弔う  まんが雑文
「うがぁー!!」と喚き散らしながら暴れ回りたい程眠い、そんな不条理な状況を初めて経験しました。眠いんなら大人しくしてろって? 眠りたいのに眠れないからイライラすんじゃねぇか。


 そんなこんなで本日は、まんがタイムスペシャル12月号の感想をさくさくと。もうそろそろハロウィーンを定着させようとするのは諦めた方がいいと思います。

 

・『ネコガミちゃん』(作:しまだ)
 ゲスト。注目の若手作家が4コマ初挑戦だそうですよ。

 ところで、恩返しに来た動物がエロい事をしてくれるのは成年マンガのお約束であって、世間的にはそんなお約束ないから(笑)。



・『カメラせんぱい』(作:ジョニー)
 ゲスト三回目。
「先輩がカメラになった」……そんな不条理な状況を、どいつもこいつもさっくり受け入れることの方が寧ろ不条理だ。



・『放課後のピアニスト』(作:十野七)
 横恋慕してくる奴が出てきても全然波風が立たない。ある意味斬新なカップル像。なんか老夫婦ぽくって若々しさが無い気もするが。



・『丸の内!』(作:藤島じゅん)
 マスクヒーロー不在(予定)のタイスペに、新たなヒーローが登場!
 その名も「仮面ソルジャー」、「おめんソイヤー」、そして「ごめんソレジャー」!
 …………おめんソイヤーに某響鬼的な不憫さを感じた(笑)。



・『あつむトイタウン』(作:水城まさひと)
 最終回。
 あきら先生がゲスト出演で嬉しいファンサービス。

 だが、明確な続編でもスピンオフでもない本作の最終回に、こんな大物ゲストを出してしまうことに、某ロボットマンガの最終回にウォーズマン出てきました的なやるせなさを感じないではないのだった。

 そんなこんなで、これと言った大きな動きの無い最終回でした。仮にもっと長期連載になったら、あつむとぺーちゃんが結婚したりしたんだろうか。

 ところで、レンタル工房って「需要がありそうだがやってみると意外と商売にならない事業」ってイメージを強く持っているんだがどうか。



 それでは本日はこの辺で………うがぁー!! 眠いー!(←とっとと寝ろ)
0

2011/10/23

まあ、我々TFファンもアメリカ人が作らないと考察しないが(笑)  アニメ
 えーとね……うん、そうだね、三話程度出てきただけの爺さんがイキナリ死んでもそれまでの積み重ねがないから感動しないね。三話程度出てきただけのマミさんがイキナリ死んだら感動したけどね。まあ今はそれは関係の無い話さ。

 でもさ、死ぬ前にあの爺さん何気に今後の手がかりになりそうなこと色々喋ってなかったっけ?

 死の間際に語られる主人公の過去と、断片的に語られるキーワード。それこそが主題だったんじゃないの?

 これ「積み重ねの無い死」じゃなくて「積み重ねる為の死」なんじゃないの?


 まあ、「ソレっぽい台詞を言ってみただけで、結局そうじゃありませんでした」ってことになる可能性は否定しないけどさ(笑)。
 でも一応その程度の考察はしてやれよ。
0

2011/10/19

ここは日本だこのやろう  まんが雑文
 おお、『あつむトイタウン』の2巻はちゃんと出るんだ!なんか凄い表紙詐欺だ!(笑)

 と、表4広告の感想もそこそこに、今宵の肴は、まんがタイムファミリー12月号ということで。メリークルシミマス!


・『ぽちゃぽちゃ水泳部』(作:遠山えま)
 水泳という競技で「必殺技」って単語は違和感あるなぁと思ってしまう。それはただの泳法では。
 まあ、必殺技とか言われても特に誰が死ぬでもないのはどのスポーツマンガでも同じだが。

 あと、「必殺技と言えば戦隊」なる概念が理解不能(笑)。


・『ひよっこシスターの安息』(作:山田古都子)
 もう単行本出るんだ!
 流石ゲスト時代の下積みの長さは伊達じゃない(笑)。

 開かずの扉のオチに若干無理矢理感を抱く……あれ? そういやこのドア、どういう構造でカギ閉まるんだ?


・『村ドル』(作:佐野妙)
 新連載。
 本誌の別のマンガと「らどる」までタイトル被ってますね。だからどうした。
 一回目ということもあって、今のところ佐野作品にありがちな「妙に生々しかったり暗かったりするところ」は見当たらない……だが「村興しというテーマ自体が生々しくて暗い」と言われるとそうかも知れない。



・『くらドル』(作:つむらちた)
 その「らどる」が被ってる連続ゲスト。
 先月から主人公に「化粧をすると男前にフォームチェンジ」という特技が加わったのだが、絵的には化粧前の方が可愛らしい。



・『ひめごとノート』(作:さと)
 連続ゲスト。
 最後のコマを見る限り、この話でとりあえずの幕引きっぽい感じ。(とか言いつつ来月も載るかも知れんが)

 ところで、このマンガ、回を重ねる毎にみるみる絵が荒れている気がするんだが。



 では本日はこの程度で。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ