Twitter:@arisamag2

2011/7/21

モードチェンジの演出がすげぇ地味  空想特撮
 昨日の『ウルトラマン列伝』は、ウルトラマンティガの第一話でした。

 ところで、今回ゼロがやたらお喋りだったのは前回のウルトラマン第二話に比べてティガ本編の放送時間が短かったからですか?(笑)


 このブログではメビウスや各種劇場映画を始め、ウルトラシリーズをやたら誉めるので、閲覧されている方は私を「ウルトラマンならなんでも面白がる人」と思われているかもしれません。
 残念ながら私もそこまで悟りを開けた人間ではないので、シリーズの中には少々苦手な「あまり面白がれないウルトラ」もいくつかあります。

 平成だとガイアとコスモス、ネクサス初期は苦手でしたね。

 で、ティガの第一話もそんな「あまり面白がれないウルトラ」の一つでした。

 リアルタイムでこの話を見たとき、映像的にものすごくショボく感じてね。「ああ、テレビが特撮番組に金と手間をかけられた時代は遠くになったものだなぁ」と、年寄りくさく嘆いたものだったよ。

 古いタイプのオタクだから、V6の主題歌にも拒否反応あったしな(笑)。

 かように第一印象が悪かった『ウルトラマンティガ』を「これは面白いかも」と思い直したのは第五話。腐りかけ怪獣のお話。
 世間的には第三話のキリエル人あたりで面白がらないといけないらしいので、2テンポほど遅い(苦笑)。


 さて、そんなティガ第一話を今回再見したわけですが……あれ? 思ったよりショボくないぞ。
 寧ろゴルザが街を襲うシーンは「頑張ってるなぁ」と感じるぐらいでした。

 昔凄いと思っていた物が今見返すとショボイってのはよくあることですが、その逆は滅多にない体験。これは一体どうしたことか。

 もしかしてアレだろうか、平成ウルトラってコスモス、ネクサスとどんどん製作費削られたそうだから、それらに慣れた目でティガを見ると金と手間をかけてるように見えるってことだろうか。

 まあ、それでもやっぱりCG飛び人形だけは昔のままショボいんですが(笑)。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ