Twitter:@arisamag2

2011/6/16

『隔週刊テラホークス』は出ませんか  空想特撮
 今、頻繁にCMやってますけれど、先日デアゴスティーニから『隔週刊 ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション』ってのが創刊されたじゃないですか。あれってどうなんでしょうね。

 いやね、この雑誌、『サンダーバード』『謎の円盤UFO』『海底大戦争』『キャプテンスカーレット』『ジョー90』の五作品の全エピソードを冊子付きでコレクション出来るって趣旨なんですけれど、この雑誌を手に取る人の中に「すげぇ、全部知ってるし全部ソフト持ってないから是非集めたい!」というデアゴスティーニ的にカモネギなお客様がどれだけいるんだろうかと。

 ちゅうかこれ、『隔週刊サンダーバード』か『隔週刊謎の円盤UFO』で充分商品として成立するよね。これなら「すげぇ、懐かしい。是非集めたい!」ってお客様も多いと思うんですよ。

 まあ、残り三作品はどう考えても単体ではこの手の商品が成立しない知名度なんで、いっそ抱き合わせてしまいたい気持ちは理解できるんですが、でも抱き合わせた事で客に課すハードル上がってない?

 これを手に取る客層を、業の深さの順に並べると、「サンダーバード(或いはUFO)は欲しいけど、他は良く知らないのであまり欲しくない人」「***は欲しいけどサンダーバードの映像ソフトは持ってるので要らない人」「アレは持ってないけどコレとソレは持ってる人」「全部持ってるので冊子部分だけバラで売ってほしい人」「ソフト全部持ってるし冊子に書いてる情報は全部知ってるので買う理由が無い人」に大別されると思うんですが、ここから脱落していく人を考慮すると、最終的に全巻揃えてくれる人って、ほんの一握りなんじゃないかなー、だったらサンダーバードだけにして薄い人狙った方が無難だったんじゃないかなー、なーんてことを考えちゃったわけですよ。

 まあ、一番業の深い人になると「是非全巻欲しい!どの作品もビデオとLDとDVDで全話揃えてるけど!冊子に書いてることは各国の研究書や児童誌を原書と翻訳本で集めた上に関係者にも取材して全部知ってるけど!」って人もいるでしょうけど、そんなん日本に三人ぐらいしかいないじゃん(笑)。



 しかもこれ、発売スケジュールによると、しばらくは毎号「サンダーバード1話分と他作品1〜2話分の二本立て」なんだよな。この売り方は私みたいな「特にどれを集めると言う気はないが、欲しいとこだけテキトーにつまみ食いしたい人」にも悩ましい仕様である。寅さんやゴジラみたいに一本で一冊にしてくれることを希望したい。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ