Twitter:@arisamag2

2011/6/5

クルクルクルッポ クルルッポー!  まんが雑文
 あれがどう改心して6人目になるのかと、今月の児童誌見るまで思ってた。

 そんなことはともかく、まんがタイムジャンボ7月号の感想を。

 来月号から、発売日が毎月12日に変更となる。
 すっかり忘れていたが、2005年頃に一度12日発売から4日発売に変更されたことがあったので、つまり昔の発売日に戻るということだ。

 これは、13日発売のラブリーがリニューアルによってコンセプトが変わってしまったことで、芳文社ファミリー向け4コマ誌の発売スケジュールが、9日(タイム)から17日(ファミリー)の間で大きく間が空いてしまっていることへの配慮だと思われる。

 ……ラブリー休刊の噂も流れているらしいですけどね。

 それはともかく、今月号のハシラコメントテーマ「好きな漫画な〜に?」がなかなか面白い。「ああ、こういうマンガが好きな人が自分でマンガを描くとこういうのになるのか」と納得できるものがある。
 重野なおき氏と『ラブロマ』ってなんかよくわかるなー。



・『レーカン!』(作:瀬田ヒナコ)
 天海の父登場。霊感ゼロな人を予想していたがビビりでした。

 そのビビり方が色々酷いっちゅうか面白い。「足の下に白い影が!?」(笑)。
 父のビビり話→亡き母との思い出話→井上との友情話と、短いページで話の流れをサクサク切り替える構成はお見事。直前まで「良い話」に持っていかずに笑わせ続けるところも好印象。



・『炊飯器少女コメコ』(作:うず)
 3号連続ゲスト2杯目だそうです。変なところに凝るなよ(笑)。

 「コメコにあるのはコメへの情熱だけです」と、言いつつ甘え心や嫉妬心も備える高性能炊飯器コメコさん。(あまり炊飯器とは関係が無い性能だが)
 仲良くなると美味しいご飯が炊けるのはいいが、仲良くない状態では炊くことすら出来ないってのは商品としてはちょっと(笑)。

 オカンは発明家だったかー。先月の「心配なので炊飯器作りました」って意味不明の流れが好きだったので理由付けが出てきたのはちょっとだけ残念。



・『アニモー』(作:黒八)
 いやあ、今月の話はすげぇ笑った。
 これが1970年代の第一次パンダブームの時に描けてたら漫画史に残ったんじゃないかと思うぐらい笑った。

 どうやらジャンボは連載作品の入れ替え時期に来ているようで、色んな作品が風呂敷畳みに入っているのですが、この作品はギャグ主体であるが故に終わるタイミングが読めず、こういう時期は「来月は載るのか?」と、ドキドキしちゃいますね。掲載位置がまた微妙なところなので(笑)。



 では本日はそんな感じで。
 なんだか今月号は全体的にギャグが冴えてる気がしました。
 感想に挙げた作品以外にも色々と笑いました。今月号オススメ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ