Twitter:@arisamag2

2011/4/20

そういえば奥手って設定だった  まんが雑文
 ステッパーなんだ! リコシェじゃないんだ!

 そんなこととはまったく関係なく、本日は、まんがタイムコレクション(むんこ特集号)の感想でも。

 普段、この手の「作家再録特集号」的な増刊はあまり買わないのだが、描き下ろしコラボマンガ『ラボメンバーin花丸町』(作:宮原るり)が異様にクオリティ高かったのでうっかり購入してしまう。雑誌の中身の八割は再録で読んだことある奴ばかりなのに。

 『恋愛ラボ』のリコマキが『らいか・デイズ』のキャラクター達と共演……はせずに、『らいか』キャラの恋愛模様を傍から眺めて悶えてばかりの内容。大変面白いのだが、何故四月も後半になってバレンタインの話……と、思ったら、この本に『らいか』のバレンタインエピソードが再録されているのを見越しての構成なんですな。交互に読むと面白さ倍増。


 以前、宮原氏の『みそララ』と『恋愛ラボ』の共演エピソードを見た際に、「麦みそ達と比較してリコ達がちゃんと中学生に見える」ことに感心したのですが、本作でもリコ達と比較して宮原氏描くところのらいか達が小学生に見えることに感心する。

 いやね、4コマに限らずマンガのキャラクターって「良く考えたら、こいつら頭身が違うだけだよな」みたいなことってありがちですやん。年齢の描き分けって意外と難しいというか。
 宮原作品も各キャラを単体で見ると「中学生って割に大人っぽいよな」とか「大人って設定だけど色々ガキっぽいよね」と思うところがあるのですが、いざ共演すると年齢差がしっかり感じ取れるのは凄いなぁと。まあ、らいかは他人のキャラなんですが。微妙に共演じゃないし(笑)。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ