Twitter:@arisamag2

2011/2/28

あの二人は一度先輩に「ほわわわ」てのをやってもらうべき  アニメ
 放映前は「絵が好みじゃないので観るかどうか迷い中」と言っていた、スイートプリキュアを今のところ毎週観ているわけですよ。

 本日はその感想でも書き留めておこうかと。

 ところで話は変わるが。

 昔、『超人バロム1』という特撮番組がありました。

 これは、番長とチビという2人組の……あれ?そういえば本編でこの仇名使ってたっけ?……まあいいや、とにかく2人組のガキが合体変身するヒーロー物で、その2人が仲良くしていないと、変身アイテム「ボップ」が示す「友情のバロメーター」がゼロになってしまい、変身出来なくなるところがミソなんですよ。

 で、2人は毎週些細な事で喧嘩をしては、ピンチの土壇場で「俺が悪かったよー」「僕こそごめんよー」とインスタントに和解して危機を脱出するってのがお決まりのパターン……あれ?「毎週」とか「お決まり」って言うほどそんな話ばかりだったっけ?……まあいいや、とにかく大体そんな感じのお話だったんですよ。

 ですが、シリーズの途中で「これってなんだかテンポ悪いよね。話もギスギスするし」ってことになって路線を変更。2人は事件が起こるとすぐさまバロム1に変身するようになり、変身前の子供が主役というより変身後のおっさんが主役の番組に変わったのです。

 企画段階では良いアイデアに思えたものが、実際にやってみるとなかなか上手くいかない……そんな、先人の試行錯誤が偲ばれる、ちょっと良い話ですよね。



 以上、スイートプリキュアの感想終わり!(←話変わってたんじゃないんかい)
0

2011/2/27

下積み20年ブレーク2年  まんが雑文
 ゴーカイジャーの戦隊小ネタが細か過ぎてついていけません。助けて下さい。
 あと、あれだけの為に玄田呼ぶな(笑)。

 それはともかく、本日は、まんがタイムオリジナル4月号の感想を短めに。なんだかとっても眠いんだ。



・『らいか・デイズ』(作:むんこ)
 うん、メガネって高いよね。
 そろそろ買い換えなきゃと毎年思うけど毎年躊躇するぐらい高いよね。

 ちなみにあの機械は、覗くと体内のナノマシンが更新されます。



・『放課後KTK』(作:大石コウ)
 本誌初登場の3回連続掲載1回目。

 どこの部活に入るのかと聞かれて「帰宅部」と答えたら、本当に「キタク部」という部活があって……というお話。

 えーと、割と最近、どこかのラブリーでこれと似たシチュエーションの4コマを読んだ気がします。4コマ界にもハリウッド的なアイデアの枯渇と争奪戦が(苦笑)。

 だが導入部は同じでも、ラブリーの『帰宅部活動中!』(作:ハラヤヒロ)が実際の部活動も「お気楽な帰宅部」であるのに対して、こちらは様々な理由で本来の部活からはみ出した者の集団。いわばはみ出し野郎のアウトロー。コズモレンジャーに震え出すぶっちぎりな人達だ。

 本格ストーリー4コマ誌に載ってる作品よりもドラマを感じさせる展開ってのも困ったもんだが、この設定が特にドラマ性の無い思いつきである可能性が高いのも困ったものだ(笑)。てなわけで今後にちょっと期待。




 それでは、おやすみなさい。
0

2011/2/25

先に謝っとく。調子に乗り過ぎた  おもちゃ
 ちゃんと鋼鉄聖闘士全員出るんだ! でも全員web限定なんだ!

 それはともかく、本日発売の電撃ホビーマガジンで、TFファン注目の新製品が発表されましたな。

 実写映画最新作のオプティマスとバンブルビーのプラモデルが発売になるという。
(商品仕様を見ると、プラモっちゅうよりデュアルモデルかソリッドスキャンっぽいが)

 劇中の姿を再現することを重視した無変形のフルアクションモデルで、組み立て済みのフレームにアーマーを装着する半完成品。

 しかも定価がオプティマス8800円でバンブルビー3800円。いつぞやのグランドコンボイとは違う本格的な商品の予感。


 さて、トランスフォーマーファンの方々であれば、これが如何に冒険的で、大きなリスクを背負った商品であるかご理解いただけていると思います……が、このブログには4コマの話題等を求めてやってきた、TFのことなんかさっぱり知らない方もおられるのかも知れないので、その辺の事情を軽く説明してみよう。

 所謂オタクと一口に言っても、アニメファンであるか特撮ファンであるか、マンガファンであるかゲームファンであるかで、嗜好というか「気質」は様々かと思います。

 また、更にどの作品、どのシリーズのファンであるかによっても趣味嗜好は違ってくるものです。

 そしてトランスフォーマーファンも、他のロボット物やヒーロー物…ガンダムなりライダーなり戦隊なりのファンとは異質な気質を少なからず持っています。それもかなり風変りな。

 ……正直、私は自身がTFファンであることを棚に上げて「TFファンって気持ち悪い」と思った経験が多々あります(苦笑)。レッツ近親憎悪。

 そんな異質な傾向の一つが「変形しないキャラグッズを欲しがらない傾向」です。

 そんなことを言うと「変形ロボットなんだから変形するものが欲しいのは当たり前でしょ?」と思うかも知れない。だが市場を見てみたまえ。変形しないファイターモードやバトロイドモード限定のバルキリーや、ウェーブライダーに変形しないプラモやMIAのZガンダムが結構な売れ行きを見せているではないか。それに対して我らがトランスフォーマーは、120円の缶コーヒーのオマケがやっと。メガSCFもリボルテックも投げ売り要員だ。

 しかもさ、普段「TFがライダーや戦隊みたいに売れないのはおかしい!これだからタカトミのマーケティングは営業は云々」とかぬかしてるヤツに限って「変形しないなんてくだらないもん出してるんじゃねぇ、だからタカトミは云々」なんて言いやがるんだぜ。ふ・ざ・け・ん・な♡

 ライダーや戦隊はなァ、ベルトやロボだけじゃなくてソフビやガシャポンや食玩もべらぼうに売れるんだよ! ファンすら変形ロボットしか欲しがらないクズキャラの市場が伸びるわけねぇだろ!

 例えば昨年のたからとみぃくじ、かつてあれほどまでにグラスやストラップが忌み嫌われたコンビニくじがあっただろうか(笑)。みんなが欲しがるのはA賞B賞などの変形玩具。これらは全て一般流通品の仕様変え。他のコンビニくじに比べれば明らかに手抜きだ。だが普通に買える商品と色が違うだけモノのをほしがって、くじでしか手に入らないグラスやストラップは要らないのがTFファンという生き物なのだ……どうだ気持ち悪いだろう。

 ああ、気持ち悪いで思い出した、あれも気持ち悪い。「G1キャラと姿がそっくりで名前が同じなら、違う映像作品に出てくるキャラでもG1キャラと同一視する体質」

 お前ら、スパリンホイルジャックさんの個性を認めてやれ。「ジェネレーションズ版が出たら用済み」とか言ってやるな。てかジェネレーションズ版も別物だろう。ストラトスに変形しない時点で違うじゃねぇか。なぜストラトスにならないホイルジャックを許せてMPスタスクのアレンジが許せねぇんだ。キャラクター認識のスタンスが分からねェよ! そりゃ商品作るほうも困るだろうよ。

 他のキャラのファン見てみろよ。怪獣は再登場するたびに「*代目」で区別するし、公式に「デザインが違うだけで同じものです」って言ってもザクとザクFZとかゼロとゼロカスタムとか区別するじゃねぇか。なのにまったくお前らときたら時空ごと違う奴まで同一視しやがって。

 あとな、あと「変形さえすれば無版権の非公式グッズでも喜ぶ体質」もどうなんだ。

 例えばだ、中国かどこかのパチモンメーカーが、ROBOT魂のガンダムに装着できる「なんだかパーフェクトっぽい色と形をしたアーマー」とかガンダムを中に収納できる「Gなんとかっぽい戦闘機」なんてものを発売したとして、それを欲しがるガンダムファンは少数派だろう。それらは「それっぽい」だけで公式なデザインではないのだから。(本当にそのまんまパーフェクトやGだったら訴えられるしね)

 だというのにお前らときたら、「ウルトラなアーマーっぽいものになるコンテナ」とか「装着するとお爺さんになるコンテナ」とか欲しがりやがって。あまつさえ「版権元が出してくれない僕らが求めた商品だ」だとォ?……誰がいつアレが公式なウルトラさんやお爺さんの姿だと言ったよ? お前らの中ではタフトレーラーが赤ければコンボイなのか? プロトラックレーサーはギルトールなのか? お前が愛しているのはキャラクターなのかギミックなのか?

 ……はあはあ、話が横道にそれまくった上に、普段は友達付き合いとかのしがらみで中々言いだせないドロドロとした毒を吐きだしてスッキリしてしまいましたが、まあ話をファン気質の件に戻すと、要するにトランスフォーマーファンってのは、変形玩具ファンとキャラクターファンとの間の危ういバランスで成り立っているファン層だと言う事です。

 この客層に、「無変形の高額商品」を売り込むことが困難であろうことはご理解いただけただろうか。

 正直、売れないだろうな、と思う。でもこういうのが売れないと市場は広がらない。

 キャラクタービジネスの原点を振り返れば、それは所詮「ただのチョコレートにアトムや鉄人のシールを付けただけであら不思議。飛ぶように売れた」という根性ババ色の商売だ。

 だがこの根性ババ色が成立してこそ、そのキャラクターに価値があると言えるのだ。

 熱心なトランスフォーマーファン程、キャラクターとしてのTFには価値が無いと証明しているこの皮肉から、どうすれば脱却できるだろうか。


 ……さて、そろそろ以下の様な質問が来ると思うので回答しておこう。

Q:そんな貴方はこのプラモデル買うんですか?

A:買わない。だって変形しないし高いから。


 ……ああ、俺も気持ちの悪いTFファンさ(苦笑)。



 ……と、毒吐きネタだけで落とすのもアレなんで、ちょっと真面目なことを書いておくと。

 正直、「半完成品・アーマー着脱・関節可動」なる仕様の時点で、この商品が「劇中の姿を再現した精密模型」になることは期待できない。
 どうしてもギミックや製造工程の都合で、実際の映像作品との差異が出てしまうだろう。劇中で関節が動くからといって、劇中と同じ構造の関節を仕込めるわけではないのだから。
 だとすればこの商品は「変形はしないけれど、さりとて劇中とも微妙に形が違う、組み立て式のオモチャ」にしかならないかも知れない。
 敢えてそれを高い金出して買うのか……と、言われると微妙なところですよね。
 勿論、劇中との違いが気にならないくらいカッコイイ立体物になれば違ってくるかも知れないですが。

 そんなことを踏まえると、MG仮面ライダーWって模型としては酷すぎますよね。なにあのでっかい組み立てフィギュアーツ。(←結局毒吐きネタかよ) 
2

2011/2/23

このドッキドキをみんなで共有しましょうよ  まんが雑文
 では本日は、まんがタイムスペシャル4月号の感想を書くということでよろしいでしょうか。

 今月の表紙は平常運転。
 ホワイトデーに因んだ凪野くんがクッキー手渡す誰得な表紙をちょっぴり期待してました(笑)。



・『恋愛ラボ』(作:宮原るり)
 流石にイマドキの中学生が戦隊の黄色=デブでカレーの価値観をもっているとは思えません(笑)。



・『笑って!外村さん』(作:水森みなも)
 表紙でも扉でも単行本の増刷をアピール。
 次号予告等、雑誌内での扱いも先月までより大きくなったように思える。

 実際、単行本の売上は好調らしく、大阪の某書店でも「再入荷しました!」とのPOPが置いてありました。

 私はこの作品をブログで取り上げることが多く、勿論本作が好きなのですが「単行本が売れてる」と聞くと、「え? なんで売れてんの?」と首を捻ってしまうのです(笑)。

 いやほら、主観的な好き嫌いと客観的に商品として売れる売れないの判断って別じゃないですか。「俺が好きなら絶対売れる」と断言できるそこの貴方、貴方は色んな意味で幸せな人だ。

 私は『外村さん』については「個人的には好きだけど、マンネリ化しがちな題材だし、絵も正直上手とは言えないので単行本は売れないだろう」と思っていたんですよ。いやあ、世の中には思ったより新しい萌えに飢えている読者が多かったんですね(苦笑)。
 まあ今でも「マンネリ化(省略)なので二巻目は売れないだろう。好きだけど」と思ってます(笑)。

 そんなことはともかく、今月の外村さんの笑顔は久しぶりに怖かったです。



・『スーパーメイドちるみさん』(作:師走冬子)
 メイドより主人の方が奇人ぞろいだと気付いた(笑)。



・『あつむトイタウン』(作:水城まさひと)
 仕入れのリスクのお話。そしてらくがきボード。

 所謂「らくがきボード」で一番有名なのはタカラトミーの『せんせい』ですかね。
 あの書いて消して書いて消しての繰り返しは地味にハマりますよね。大人になった今でも、一枚ぐらい欲しい気持ちになります(笑)。

 それはさておき、未だに「売れなかったキャラクター玩具の一例」として取り上げられるデンカメンソード(苦笑)。

 そういえば、そろそろ地元のバッタ屋に、前作の戦隊やプリキュアの売れ残り品が回ってくる時期になりました。
 データスとヘッダーは想定内でしたが、ワンダーやグレートまで積まれると「この番組本当に大丈夫だったのか」とドキドキしますねドッキドキ。
 でも僕らのゴセイナイトはいなかったよ。流石は主人公だね。


 では本日はこんな調子で。
0

2011/2/20

敵に背中を回してもらう必殺技  空想特撮
 ゴーカイジャー第二話。アカレッドやら子供シンケンレッドやら今週も盛りだくさん。


 ……ああ、そういえば、ゴレンジャーと同時期に放送してたアニメに、シュークリーム欲しさにテキトーな嘘の情報をでっち上げて主人公達を引っ張りまわすオウムがいたっけなぁ。競合作品もフォローするなんて侮れないぜゴーカイジャー。
 ……って、本当の情報だったのかよ!(笑)


 ところで、キャプテンマーべラスさんが学生さんとの絡みで終始ニヤニヤしている感じがしたのが気になるんですが、アレは棒読みの一種なのか、それとも高度な余裕綽々演技なのか。
 青が「嬉しそうだな」と言ったところで後者だと思いかけたが、騙されてるのかも知れん(笑)。



 あと、歌詞に「トレンディ」とか裏テーマを入れるのやめなさいって(笑)。子供が観ているぞ責任重大だぞー。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ