Twitter:@arisamag2

2011/1/2

めんげえ  まんが雑文
 今年最初の4コマ感想記事は、まんがタイムジャンボ2月号ってことでどうよ?

 来月からリニューアルとのこと。
 もう「リニューアル」って聞いたとたんに「この雑誌もラブリーみたいなことになるんか」とガクガクブルブルしてしまいますが、ジャンボのリニューアルは「フルカラーページ増量」とのこと。
 思わず来月号の値段を確認してしまう(苦笑)。値段も据え置き320円。
 つまり、読者にとっては良いことづくめなわけだが……。(←何を不安がっているの?)


・『半透明勤務 薄井さん』(作:来瀬ナオ)
 初登場ゲスト。『はるかぜ日和』の人。
 タイトル読んで「え?色素薄子さん?」と思った人多数。(当社調べ)
 勿論違う。というか「存在感の薄いOL」の話かと思ったら幽霊の話でした。
 ……タイム系列誌って霊的なモノが出てくるマンガ好きだよなあ。

 それはともかく、幽霊と言っても透明人間のバリエーション的な扱いなんかなーと思ったら、塩で成仏とか差し入れはお供えとか、非常に仏教的幽霊観にあふれる展開。なにげにブラックなネタ満載な気が。

 そして来月も載る。てか3カ月連続ゲストだそうだ。
 また連載前提ゲストか…と毒づきつつも、『はるかぜ日和』好きだったので今後に結構期待しているのだった。



・『まんがめん』(作:和六里ハル)
 同じく初登場ゲスト。
 先月で終了した『コミカプ』に入れ替わるかのように登場した「マンガ家マンガ」。
 だが主人公がエロマンガ家というのがちょっと特殊か。
 もうこの設定でピンと来てさくりと調べたが、やはり作者自身がエロマンガ家でした(笑)。
 今までもタイム系列に参入してきたエロマンガ家(元含む)は結構いたが、今までは素性を隠している場合が殆どだった(ペンネームすら変えている人もいた)ので本業全面に出してくるパターンはちょっと新鮮。

 でもこの雑誌一応ファミリー4コマ誌だから、使えるネタに限りがあるよね(苦笑)。
 いや今後も掲載されるのかどうかは知らんけど。



 では今年もこんな感じで。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ