Twitter:@arisamag2

2010/12/5

「くん」と「さん」の違い  映画
 本日は、年末年始映画地獄第一弾『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の感想でも。

 公開前から前評判の悪かった本作。
 そして監督は『三丁目の夕日』の 山崎貴。
 正しい映画ファンは褒めてはいけない、寧ろ貶して嘆いて「これだから日本映画は……」「これを受け入れるバカな大衆って……」と憂慮しなくてはならないことで知られる監督です。

 でも、おいらは正しくも無ければ映画ファンでもないので全然OKさ。ビバ大衆娯楽映画。レッツバカな大衆。
 そんなわけで結構面白がってるので貶す系の感想はあまりでてきませんよー。

 でもシネマハスラーとかでボロクソ言われるのも楽しみにしてます(笑)。


 ここでちょっと豆知識。

 ヤマトブーム絶頂期の『宇宙戦艦ヤマト』の英語表記は『Space Cruiser Yamato』でした。
 零士が「西崎の野郎、自分の趣味がクルーザーだから勝手にスペースクルーザーってつけやがった。クルーザーってなんだよ。戦艦じゃねえだろそれ」とぐちぐち文句を言うのでスペースバトルシップに変わりました。意味はあってるけど語呂は悪い。それでも夢は時間を裏切りません。死の太陽でデス・ラーなんです。

 ……そこはヒトラーのもじりだって認めようよ零士(笑)。



 では以下にぼぞぼそと感想を。





続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ