Twitter:@arisamag2

2010/11/11

新作に軽くコメントするだけのつもりだったのに長文に  アニメ
 さて、今月末開催の名古屋のアレには行くのか。行くとして日帰りなのか一泊するのか。
 数年前に行った時には一拍したのだが、ものすごく時間を持て余したっけなあ……なんてことを考え中な今日この頃。

 確か、その時のアレで、当時米国で放送開始したばかりの『トランスフォーマー アルマダ』(後のマイクロン伝説)の第一話を初めて観たんだったなあ……と、そういえば今月末には米国TFアニメの新作『トランスフォーマー プライム』も放映開始なのでした。

 だが、困ったことに私の中の期待値がものすごく低い(苦笑)。

 まず、当初は秋スタートと言われていたのに、一応秋だが冬に近い時期にまで延びたこと、そして放送直前だというのにイマイチ情報が断片的なところに「制作間に合ってないんじゃないの?」的不安を感じさせる。
(事前情報が少ないのは「当面玩具展開なし」なので、そっち方面からキャラクターが露出しないのもあるんだろうけれど)

 ロボのデザインもちょっとな。まあ「実写版+アニメイテッド」って感じで、見せ方次第では面白くなりそうではあるのだが、しかしカートゥーンのプロポーションにリアルなテクスチャーを貼り付けた姿には時折「薄汚れたブリキのロボット玩具」を思わせる野暮ったさを感じるのだ。人間のキャラクターはまあまあ良い感じなのだけど。

 唯一期待出来るのは、今のところキャラクターやストーリーに、最近のTFアニメにありがちな過剰なG1オマージュ(ぶっちゃけG1を知ってる人以外には大して面白くない捻り方の設定とか。例えば「ウルトラマグナスが総司令官」とかな)が無く、久しぶりにプレーンなTFアニメが観れそうなところなのだが……これとて結局シリーズ後半にはマルチヴァースだのユニクロンだのプライマスだのプライマスの声が玄田だの言い出すのやも知れず。

 ちゅうか予告の時点で既に「バンブルビーよりもクリフジャンパーの方が目立ってるのってG1ファンがニヤリとするところじゃないけ?」的ないやらしさを感じるのはボクが神経質なだけですか?ですよねー(苦笑)。


 そんなわけで、こんなに期待値の低いTFアニメは初めてだ……と言いたいところだったが『超神マスターフォース』も放映前の期待値はえらく低かったことを思い出した。実は「一話だけ観てTFは卒業しよう」と放映前まで思ってた。

 でも、実際に観てみるとマスターフォースって物凄く私好みの世界だったのよね。特に前半。(←終盤は色々モヤっとしたところもあり)もうハマるハマる。私はあそこでTFから引き返せなくなったと言っても過言ではない。

 まあ「TFとしてアリかナシか?」と言われると答えに窮する部分もあるけど、でもプリテンダーやシックスナイトと地球人との関係って、『トランスフォーマー』というブランドの中でやるからこそ魅力的なのであって、オリジナルでやったら、単なる「宇宙人と地球人のコミュニケーションの話」でしかないからねぇ……でもそれはそれで「じゃあ、TFを知らない人には大して面白くないんじゃないか?」ってさっき言及した「過剰なG1オマージュ」の話に繋がっちゃうんだけど(笑)。

 と、ダブルスタンダードな話をしてみたところで本日はこの辺で。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ