Twitter:@arisamag2

2010/10/15

トトかっこよかったよね  テレビ
 秋の新番組『金曜日のキセキ』をぼんやり鑑賞。

 どんな番組かっていうと、アレだ。占い師モドキがゲストの半生について偉そうなことを喋って視聴者の反感を買うと言う趣旨の、よくあるバラエティだ。

 その「半生を鑑定」なるくだらないオカルトはどうでもよかったんですが。

 初回ゲストである船越英一郎の半生は興味深く楽しませていただきました。

 英一郎は父の船越英二に「俺は役者になる」と告げたところ、えらく反対されたそうな。
 父曰く「お前には華が無い」とのこと。



 ……やっぱり英二もそう思うよね?

 そうなんよ、船越英一郎って華が無いよねえ。私も常々そう思ってたのよ。
 二時間サスペンスに出てくるたびに「この人、いつまで経っても変死体で発見されないなあ……え? この人が解決役なの?」と、不思議な気持ちになったもんさ。
 寧ろ「ここまで華が無いのに主役なのだから彼は物凄くビッグなスタアに違いない」……と、逆に納得してしまうという(笑)。


 そんな船越英一郎も、アニメで声優させたら華があるんだ。こういう人がいるから本業声優の方々も油断できないよね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ