Twitter:@arisamag2

2010/10/31

信じたっていいじゃない  まんが雑文
 ちょっと前の、まんがタイムきらら感想中で、『≒‐ニア・イコール‐』(作:むらたたいち)がきらら連載作品の中で一番「先の展開が気になる作品」だと書きましたよね?
 で、その時同時に「最初の方の話を読んだ記憶が無い」とも言いましたさ。

 そこまで言ったら先日発売された単行本第一巻を買わないわけがないのさ。
 そんなわけで本日は何かしら感想を。


 さて、最初の方を読んでいなかったため「何故、翔と椿姫はお互いをパラレルワールドの自分であると認識できているのか分からない」のが気になっていたのですが。
 初回を読んでみると答えは簡単。椿姫は最初からパラレルワールドに行こうとして鏡をくぐって来たのですね。完全に「偶然鏡の向こうからやってきた」と決めてかかってました(苦笑)。

 まあ、思春期の頃には平行世界とか幽体離脱とか「オカルトっぽい現実逃避」に一度は憧れますよね。あっさり成功するのはレアケースだと思いますが。


 以前「普通のストーリーマンガで読みたかった」と書きましたが、こうやって単行本でまとまったモノを通して読むと、やっぱり4コマだから良いんだなあと、考えを改めてしまいましたよ。というのも、本作は「ストーリー萌え4コマ」として秀逸な作品なのではないかと感じまして。

 所謂「ストーリー4コマ」で括られる作品群の中には「ただストーリーマンガを4コマ構成でやってるだけでオチがない」と揶揄されがちです。また「萌え4コマ」と呼ばれるジャンルも「萌えさえあればオチがなくても許される」と揶揄されがちです。
 まあ、実際その通りではあるのですが(笑)、では本当にストーリーや萌えを4コマに当てはめただけでそれらのジャンルが作れるかといえばそうではなく、1ページ8コマ構成のなかに、独特のリズム感がないと流石に読んでいて辛く、人気作にはなりえません。ストーリーマンガでそれなりに人気のあった作家が4コマ誌に乗り込んできて、鳴り物入りでストーリー4コマに挑戦したものの結局短命に終わる……なんて事態も珍しいことではありません。

 本作は、やはり「オチ」という面では弱さを感じるものの「リズム感」はしっかりとあり、読んでいて引きこまれるモノが確かにある様に思います。普通のストーリーマンガにしてしまうと、それが失われ、魅力が半減してしまうのではないかと考えなおした次第。

 あと単純に、普通のストーリーマンガだと1ページ5コマぐらいだからストーリー4コマの1ページ8コマ構成よりも、1ページ内での物語や会話の密度が落ちる(笑)。



 さて、二巻目以降の展開も楽しみなわけですが、そこで気になるのは単行本の売上。

「一巻目の売上が悪いと二巻以降が出ない」ってのは芳文社の4コマにありがちなことですが、きらら系はそれに加えて「一巻目の売上が悪いと、まだ話が続きそうなのに二巻目で打ち切り」も考慮に入れないといけない。名指しはしないが、きらら連載作品の中に一巻目で物凄く期待したのに中途半端に終わってガッカリした作品がいくつかありまして。それらみたいに消化不良感の残るエンディングにならないことを切に祈ります。なのでそこでこれ読んでるお前、お前も今すぐ単行本買ってこい。


0

2010/10/30

Lサイズ  アニメ
 さて、今週の『トランスフォーマー アニメイテッド』は……

 ……所謂ニセモノ話だったわけですけれども、私、TFでこの手のネタが出てくるたびに疑問に思うんですが……

 トランスフォーマーって、個体識別信号とか出してないの?

 色しか違わないような奴でも見分けついてるみたいだし、色も同じだとしてもスカージとスィープスの見分けがついてるみたいだし、スキャンしたりパワーアップしたりして外見が変わっても見分けがつくみたいだし、「ディセプティコンを感知するレーダー」とか作れるし、何らかの識別信号が出ているんじゃないかと思って。そうでないと普段からワスプとバンブルビーとクリフジャンパーの区別なんて出来ない気が。あの程度の個体差、色やスキャンする乗り物を変えたら、たちまち判らなくなりますよ。

 とは言え「ディセプティコンかオートボットかがレーダーで識別できる」ってのも、それはそれで個人的に微妙な気持ちになるんですが。
 例えば、「オートボットが裏切ってディセプティコンになったら、そいつからは突然ディセプティコン反応が出るようになるのか」みたいな疑問が出てくるじゃないですか。

 結局、オートボットとディセプティコンの違いって、種族の違いなのか思想の違いなのか。
 個人的には後者であって欲しいので、レーダーとかで識別出来てほしくないのです。

「TFそれぞれに個別の信号が出ていて、それを登録することでディセプティコン所属TFを感知できるレーダーが作れる」ってのを個人的解釈としたい。


 そーいえば、某TF界の有名な方が書かれた同人漫画で「ディセプティコン入りして姿形が変貌した元オートボットのことをオプティマスが識別信号で察知する」って描写がありましたね……いや「ありましたね」って読んでる人も少なかろう同人漫画の展開について不特定多数に同意を求めてどうすんだ俺(苦笑)。
 あれの印象が強かったので私の中で「TFには識別信号があるんだ」って思い込みが出来たのかも知れん。でも公式設定では、あのスモークスクリーンとそのスモークスクリーンは別人らしいが。
0

2010/10/29

風になれるか 空を飛べるか  アニメ
 ……なんとなく、今日は『戦国魔神ゴーショーグン』の話をしようか。

 なんというか、予告で面白いことを言うのが最高にクールだった時代の作品だ。

 面白い予告と言えばビーストでもアニメイテッドでもなく、ゴーショーグンだ。

 そして、戦闘中にアドリブっぽいことを言うのがオシャレだった時代の作品でもあった。

 面白いこと言う戦闘シーンと言えばビーストでもアニメイテッドでもなく、ゴーショーグンだ。

 予告といい本編といい、絶妙な台詞のさじ加減でしたよ。

 それにしても、ああいう作品って、もう作れないのかしらねぇ。

 深夜にティーン層向けのアニメを当たり前に放送している昨今、子供向けロボアニメでアレをやる理由もないけれど、でも子供向けロボットアニメの枠でやらないと、ああはならないのが不思議なところだ。ファンからもネタにされるほど「主役ロボなのに影が薄い」ゴーショーグンだったけれど、それが本当に登場しない『時の異邦人』や小説版って、私にとってはなんか違うんですよね。

 その小説版も、もう続きは読めないらしい。
0

2010/10/28

モノローグでしか喋らない斬新な主人公  まんが雑文
 今日発売の、まんがライフMOMOにて『森田さんは無口』(作:佐野妙)のアニメ化発表が。

 ……おお…これは期待できる!

 森田さんなら、そんじょそこらの青年誌のキャラよりよっぽど萌えるぞ!

 メディアミックス展開では芳文社にかなり差をつけられている感のある竹書房4コマも、この作品の出来次第では一気に大逆転だ。

 ……と、言いたいところなんだが、これ、OVAなんですって。

 これだけでなく、最近の竹書房4コマアニメってOVAとか雑誌の付録とかばっかしですよね。このなんでも深夜アニメになる時代に。

 何故テレビを目指さないのか。地上波を狙わないのか。

 OVAだと、原作ファンの数割が数千円出して買ってくれる程度の商売でしょうけど、テレビアニメだったらクオリティ次第で、踊らされた馬鹿ども……もとい、新規のお客様がガンガン原作本を買ってくれますよ。雑誌の方も部数が伸びるぞ。多少のリスクはあるでしょうけどやってみる価値のある博打ですよ。

 単行本だけでなくキャラソンCDだって買ってくれますよ。情報番組のCDランキングコーナーを微妙な空気に出来ますよ。

 ……だが、残念ながら森田さんは無口。歌ってくれない(笑)。
0

2010/10/27

太もも回り  まんが雑文
 この私としたことが、店頭で見るまで今日が発売日だということを忘れてた。

 そんな、まんがタイムオリジナル12月号の感想を。

 最終回ラッシュ。
 長期連載からそうでないものまでバカスカ終わる。先月号で「終わる」って言ってなかったものまで終わる。勿論そういうのは終わり方が打ち切りくさい(苦笑)。



・『開運貴婦人マダム・パープル』(作:安堂友子)
 そんな最終回ラッシュの一つ。
 このマンガ、ゲストキャラの使い捨てっぷりが半端無かったんだなあと感心する。まさにコンテンツの浪費(笑)。



・『時間がない!!』(作:王嶋環)
 こちらも最終回。
 このマンガは、スタート当初は仕事に追われる中小(零細?)IT社員の悲哀を笑うビターな作品だったように思うのだが、その中で時折見せる松下くんの恋愛空回りが好評だったのか、後半すっかりラブコメと化してしまっていた。
 今振り返ると、その方向転換が作品の寿命を縮めてしまった気もするのだが、かくいう私自身もラブコメ路線を支持していたわけで、なるべくしてこうなったということなのだろうとも思わざるを得ないのだった。



・『アトリエZooへようこそ!』(作:よしむらなつき)
 予告もなしに最終回……あれ? もしかしてこの作品って連載じゃなかったんだっけ? ゲスト扱い。
 内容もちょっと最終回らしからぬもの。(但し、一応意識はしていると思われる)
 多分先月号に掲載された時点では、まだ今月で終わりと決まってなかったのだろうなあ……と、これは勝手な推測。

 それはともかく、ウーパーの逃げ方がすげぇ(笑)。



・『花の委員長』(作:大西輪)
 ゲストだけど最終回。
 本作は『はるなちゃん参上!』あたりを思い出させる昔ながらの学生4コママンガで、特に話に連続性もなく、いつ載らなくなってもおかしくない作品でした。「最終回」と報告されることに違和感を感じるほどに(笑)。

 こういう気軽に読めてクスリと笑える作品があるのが4コマ誌の良いところなんですよね。
 特に思い入れもないけど、読めなくなるのは寂しいって感じの。


・『あかるい夫婦計画』(作:井上トモコ)
 そう、免疫がないとカフェインは効く。
 免疫があると効かない。
 私、小学2年ぐらいの頃にアイスコーヒー飲んで一晩眠れなくなったのを最後に、カフェイン全然効かない。忙しくて寝る暇無い時本気で困る(笑)。


・『そこぬけRPG』(作:佐藤両々)
 ……55cmが(笑)。



 では本日はそんな感じで。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ