Twitter:@arisamag2

2010/9/23

もう一人のひとりぼっちでいさせて  アニメ
 今日で『HEROMAN』が最終回だったわけですが。

 私ね、第一話を観たとき、この作品に対してかなり期待していたのですよ。
 これは久しぶりに、丁寧な語り口のヒーロードラマが観れるのではないかと。

 だが、残念ながらそうはならなかった。

 まず、そもそも作り手が目指していたモノは「スピーディな語り口」であって「丁寧な語り口」ではなかったということで、私の期待とは齟齬があったわけですが(苦笑)、まあそれは置いといて。

 この作品は、ストーリーが「本来1クールのアニメを無理矢理2クールに引き延ばした」様な冗長な印象を受ける一方で、キャラクターについては「4クールのアニメに登場させる人物を無理矢理2クールに詰め込んだ」様な描写不足を感じる、奇妙な歪さをもった代物になってしまった。

 特にキャラクターについては、色々ともったいないなあと。
 ウィルやニックは前半部でもっと日常を描いておかないと、スクラッグに改造されることがショッキングではない、ウィルのダークヒーローとしての活躍もそこに至る心境の変化が唐突、ヴェラ先生は水着姿を披露すること以外にヒーローマンの正体を知る理由がない、ドクターミナミはスタッフが思っている程には視聴者にとって面白い悪役にはならなかったのでオチに使われても誰得、ヒューズは結局政府とジョーイのパイプ役以上の価値はなかった……等々「ああ、もったいない」と思う事を挙げるとキリが無い。

 おそらくは「スピーディな物語」を目指すにあたって、他のアニメだったらやる筈の「キャラクターの奥行きを出す為のエピソード」を端折っちゃったのだろうなあと思います。ただ、それで結局物語がスピーディになったかというと、観ていて「何かがすっ飛ばされた」と感じるだけで別に早くはなっていないと(苦笑)。
 むしろ、間に政府との軋轢などをゴチャゴチャと挟みつつ、結局最初も最後もスクラッグ退治なので、「一本道で終わるはずの物語が、寄り道しすぎてテンポが悪くなった」ように感じてしまうのだ。本当は「4クールの話を2クール」でやってるのに「1クールが2クール」に見えてしまう。


 ……と、くどくど文句を述べつつも「じゃあつまんなかったの?」と言われると「つまんない話に2クールも付き合ってられるかこの野郎」と答える。(まあ、つまんない話に2クール以上付き合ってしまうことも少なからずあるけどさ)ああ面白かったさ、いつも良いところで終わるから次週の展開が楽しみだったさ。

 確かに歪でもったいない、他人にはお薦め出来ない話だけれど、それでも好きになれる作品だ。
 そんな作品があっても良いじゃないか。結局、理屈じゃないんだよ。だってカッコイイ姉ちゃんって好みだし(笑)。

 もっとホリーさんが弟を振り回す話を観たかったです。結局そこが不満なのか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ