Twitter:@arisamag2

2010/8/9

もふぎゅー  まんが雑文
 最近立ち読みで済ましていた、まんがタイムきららを久しぶりに購入。

 何故買ったかと言えば、書店で今月のきららを見かけた方ならおわかりでしょうが、今月号は付録が付いてくるので紐で縛られて立ち読み出来ないのでした。

 ところで付録の手ぬぐいの注意書きなんだが「使用目的以外には絶対に使用しないでください」って書いてあるんですけど、これを手ぬぐい以外の何に使えと?(笑)これで雑巾やエコバックを作っちゃダメとかそういうことなのか。

 さて、今月号の話題と言えば、『けいおん!』(作:かきふらい)が来月で最終回となることが判明したわけですが。
 でもね、「同じ大学に行く」とか言い出したあたりで「これは大学編を続けるつもりなのか」なんてことを考えていたので、未だに「再来月号ではタイトルが変わって新シリーズになるんじゃねーの?」という疑念が拭えないのですけれども(笑)。だいたい今月号が「三カ月連続付録」の第一弾だぜ?再来月は本編掲載無しで付録がつくのかよ(苦笑)。



・『≒ -ニア・イコール-』(作:むらたたいち)
 きらら連載作品で、一番先の展開が気になるマンガ。
 というか、これ以外で読んでる作品は一話程度読み逃がしても気にしないので、こいつが無ければ付録付きだからといっても買わなかったかも知れない(笑)。

 本作は、平たく言うと、パラレルワールドの自分自身とラブコメするマンガ。

 性別も名前も性格も人間関係も人生経験も違う者同士がお互い自分自身だと良く認識出来たなあ(←実は第一話を読んだ記憶がないので、最初に説明があったとしても単行本が出ないと分からない)とか、しかも自分自身と認識した上で恋愛感情らしきものを抱きますかとか、色々疑問を浮かべつつも、まあなんつうか10代特有の繊細な悩みを瑞々しく描いている感じで(←書いてて凄く恥ずかしい)、これをどういう着地点に持って行くのかが楽しみなのでありますよ。きららのマンガってそのあたりが尻切れトンボで終わるパターンも多いがな。

 4コマよりも普通にストーリーマンガで読みたかった気もします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ