Twitter:@arisamag2

2010/7/26

ぎゃーっらっくしぃー!!  アニメ
 最近ブログの記事中に『プリキュア』ネタを時々混ぜるので、裏番組『メタルファイトベイブレード』の方は観るのをやめたのかと思われた方もおられるかも知れませんが、ちゃんと観てます。まあ、そもそもどっちも大して話題に出してないけどな。

 とはいえ、正直『爆』になってからは個人的にはちょっと面白くないなあと思っていたり。

 なんかね、悪い意味でカブトボーグ化してるっていうか、ガンガンギャラクシーの皆さんの旅先での行き当たりばったり過ぎる行動の数々が鼻につく感じがするのですよ。

 敵ブレーダーも前作に比べて個性が弱くなっているような。ステレオタイプな外人キャラばかりで面白みに欠ける。ロシアチームはちょっと新鮮だったけど。

 それにガンガンギャラクシーのメンバーって、新レギュラーのマサムネ以外は恐らく人気先行で選出したのだろうけれども、なんかバランスが悪いというか……「チームを構成するには向かない連中」が集まっちゃった感があるのね。「一匹狼の群れ」っていうか。とにかく一人で行動するのが好きそうな方々がチーム組んでる状況がなんか気持ち悪い(苦笑)。作ってる方もそんなキャラだと分かってるから、こいつら何かを決める時にすぐ言い争いになるのね。それが面白い場合も確かにあるけど、話のテンポが悪くなっている様に感じることもある。

 マサムネも銀河とライバル関係にあった方が輝きそうだしさ。ライバルと言えば、キョウヤさんが銀河と戦う為に日本代表から離れたけれど、実はあいつが銀河を組んだ方がバランス良かったんじゃないかと。前作のレギュラー…ケンタ、ベンケイ、キョウヤ、銀河で組んだ方が良いチームになったんじゃないの。少なくとも役割分担がハッキリしているので観ていて安心出来る番組にはなったと思うのね。


 と、そんなことを思いつつ鑑賞した昨日のお話。

 ……いやあ、ガンガンギャラクシーのバランス悪さ故に光るエピソードでしたねえ(笑)。こいつら誰が見てもチームワーク悪そうだもの。それが最大の弱点だということに物凄く説得力があるのよね。また、この話が終わった段階では、結局チームワークは発展途上であるところも上手いと思います。最終的には完璧なチームワークを取得するのだろうけれども、そこに至るまでのハードルが他のホビーアニメよりも高いことが示されていると思ったのよ。

 おそらくこの展開を意図してこのチーム構成にしたのではないのだろうけど、ストーリー展開上うまい具合に機能したなあと、そう初めて思わせたエピソードでした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ