Twitter:@arisamag2

2010/4/15

どうりで鈴木繭菓が妙に若いと思った  テレビ
 関西で昨日の深夜、関西テレビにて『ほびーワールド計画』なる番組が唐突にスタートしました。


 第一回のネタは、怪獣ソフビ特集でした。レトロ系の方。
 マルサンについてのマニアックすぎる話題(怪獣ソフビ誕生のいきさつは勿論、マルザンへの改名やスロットレーシングで経営が傾いたこと等にも言及)や、ソフビ工場見学(その辺の民家みたいなところで作ってる)等、深夜とは言え地上波の情報バラエティ番組にしてはかなり充実した内容に驚いた…のだが、なんだか妙に古臭いところが散見し違和感を抱いたのです。

 そこで調べてみたら、元々は数年前にCS(関西テレビ☆京都チャンネル)で放映していた番組の再放送だったみたいですね。

 …いやあ、不勉強ながらこんな番組の存在は全然知りませんでした(苦笑)。
 実写映画の一作目を公開した頃には『トランスフォーマー』の特集もやっていたのね。それは観たかった。でも流石に話題が古すぎるから今回は再放送しないだろうなぁ。

 ちゅうか、放映リストを見ると、今放送したらネタが古すぎる内容ばかりなんですが。何故今地上波で放映しようと思ったのか。

 今回の怪獣ソフビ特集も本放送では第5回で、第1回のスターウォーズ特集〜第4回のパンダーゼット特集は使えないと判断された模様です。まあ妥当な判断です(笑)。

 ちなみに初期は「おもちゃ情報番組」だったのだが後半は「ホビーっぽければなんでもあり」だったらしい。これは放映期間中にフィギュアブームが終わったんだな。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ