Twitter:@arisamag2

2009/9/27

巨大魔神退散  アニメ
『真マジンガー』が先日終了したわけですが……

 ……リメイク作品や原作が有名なアニメ化作品に対する定番の批判として「こんな面白い素材をどうやったらこんなにつまらなく作れるのか」というのがあるけれども、マジンガーの場合、原作(少年ジャンプ版)は未完だわ、『マジンサーガ』も『Zマジンガー』もOVAの『マジンカイザー』もちょっとアレだった……ということを踏まえると「マジンガーを素材にすること自体間違い」の様な気がしてくるなぁ(苦笑)。


 平たく言うと、私はちっとも面白くありませんでした、『真マジンガー』。


「もはや誰が主役なんだか分からない」という根本的な問題はともかくとして(笑)、マジンガーと甲児に一体感が感じられないところ(昔は「甲児=マジンガー」だったが、本作のマジンガーは“乗り物”でしかない感じがする)や、ビッグバンパンチ等の追加要素に合理性やリアリティが感じられないところも気になりました。マジンガーは「70年代当時の発想におけるリアルな巨大ロボ」であり、現代のスパロボアニメの様な“最初から荒唐無稽を狙った作品”とはちょっと違うと思うのです。

 ロケットパンチは「遠くのモノを掴んだり、殴ったり出来たら良いな」という発想から生まれた、ジェットスクランダーは「空を飛べない弱点の克服」だった。でもゴッドスクランダーや大量マジンガー軍団、ロケットパンチ百連発は「なんとなくものすごい」でしかない…その違いは大きいのではないかと。
 まあ尤も『真マジ』ではジェットスクランダーも「なんとなく出てきて、すぐ潰れた」みたいな扱いでしたが(笑)。


 もしかしたら『マジンガー』って、東映アニメ版なみのシンプルな作劇(光子力研究所を機械獣が襲う→マジンガーが退治する、の繰り返し)でしか魅力を発揮できないのではないか、そんなことを思った土曜日でした。
1

2009/9/25

参加費用3万円  まんが雑文
 ケチケチ生活をするつもりだったのに、そんなときに限って銀歯が外れる。二か所も。

 そんな日常の愚痴を織り交ぜつつ、今宵はまんがタイムスペシャル11月号の話でも。

・『あつむトイタウン』(作:水城まさひと)
 ジャンボから引っ越し。
 唐突に途中から始まる移籍作品が多い中、ちゃんと第一話をやり直していることに感心。
 そうだよね、誰もが4コマ誌を全部読んでるわけじゃないよね。
 だが単行本になったとき、妙に不自然な構成になる予感がする(笑)。

・『恋愛ラボ』(作:宮原るり)
 まんがホーム掲載分でもこちらでも、リコが自分の嘘(誤解だが)に追いつめられる展開。
 そろそろカミングアウトの時期なのか?
 でも嘘を背負っていることがリコのキャラクターに深みを与えているのだから、最終回近くまではバラさないと予想しているのだけど。

・『ハニーtheバンドガール』(作:楯山ヒロコ)
 最終回。
 最近の、エギやヨウの登場は終了へ向けた伏線だったのかな…だが唐突すぎるソガの告白(未遂)を見ると突然打ち切られたようにも感じる不思議な結末。
 個人的には好きな作品だったので、もったいないなぁと。


 他にも今月で最終回となった作品が多数。とは言え、雑誌内でのポジションが地味だった作品ばかりなので大幅リニューアルということでもなさそう。表紙のキャラクターがコロコロ変わるのは気になるが。
 
0

2009/9/21

一言追悼  まんが雑文
 私は『クレヨンしんちゃん』の熱心な視聴者でも熱心な読者でもなかった。
 もちろん他の作品もほとんど読んでいない。

 そんな私が臼井義人氏の死について、何かを語る資格はないのだろう。

 ただ、4コマ誌の新人賞での、決して否定的な意見を言わず、ひたすら誉めることしかしない新人への愛があるんだか心無いんだかわからない寸評の数々はとても楽しませて頂きましたと、それだけは伝えたいのです。
1

2009/9/19

×香山  おもちゃ
 本日は久々にイベントネタをお送りします。
 別の用事で出かけたら偶然やっていただけだが(苦笑)。


 五連休の初日となる本日から27日まで、大阪のショッピングセンター『阪急三番街』ではあの『リカちゃん』をテーマにしたキャンペーン『2009 Autumn Fair with Licca 阪急三番街×香山リカ』を展開中です。

クリックすると元のサイズで表示します
 上の画像は三番街各店舗とのコラボレーションによる衣装を着たリカちゃん達が集合したパネル。こんなのが三番街のあちこちに貼られているの。コラボ店舗でも単体のパネルが展示されていますよ。なかなか大規模です。

 これだけでなく、過去のリカちゃん商品や資料を展示するイベント『Licca Culture 夢見るファッション。展』も開催中。地下2階にある小さな広場での小規模な展示ですが。
クリックすると元のサイズで表示します
 入口前では等身大のリカちゃんがお出迎えして恐怖を振りまいています。(実物はマジで怖い。子供が近付かない)
 このリカが持っている紙袋は先ほどのコラボ店舗で買い物をすると各店先着100名にプレゼントするそうです。リカコレクター及び紙袋コレクターは急げ。


 展示物の中からいい感じのアイテムを二つほどご紹介。全て所謂ハウス系です。

クリックすると元のサイズで表示します
 ボーリング場。確か1971年の商品。ブルマァクの『怪獣ボーリング』って玩具もこの時期でしたか。流行ってたんだねぇ。
 実際にボーリングゲームが出来るギミックが付いていてちょっと男玩的。人形に投げさせることは出来なかったみたいですが。
 展示物の中でも子供達の受けがよく「遊んでみたい」という声が聞こえてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
 お友達人形『タレントパットちゃん』のステージ。
 画像が小さくて分かりにくいかも知れないが、ステージ奥に描かれているイラスト…組み体操、バンド演奏、キャンディーズっぽいアイドル等が描かれています……これ、元ネタがドリフの『全員集合』なんですね。分かる人はお年寄り(苦笑)。
 イラストは差し替えが可能らしく、他の絵がどんなものなのかが気になるところです。
 ふと思ったのだが、このステージの狭さでは人形は立つのがやっとじゃないか?少なくともコントをやるは無理だな(笑)。


 そんなわけで、展示物の中でもレトロ感と異彩を放つアイテムを紹介してみました。

 マトモな展示物が見たい貴方は是非三番街に行ってください。
0

2009/9/18

歌でネタバレかよ  アニメ
 もうすぐ終わろうとする番組について今さらこんなこと言うのもアレなんだが。

『GA 芸術科アートデザインクラス』の主題歌(OPとED両方とも)は原作のネタやキャラ設定をそのまんま歌詞にしているだけで芸がないのでは?…と思うのは私だけかしら。

 昔から「王道のアニメソング」なんてものがロボットアニメを中心に尊ばれていて、「主題歌にはキャラクター名や必殺技の名前を入れるものだ」なんてことが言われていたものですし、私も番組内容と全然関係が無い主題歌に不満を表明することもあるのですが、それにしてもGAの主題歌は、そのまんますぎて捻りが無いというか、ネタや設定の羅列でとりとめないというか……歌詞として美しくない感じがするのです。
 原作を先に読んでいたせいでそう感じるのかも知れませんが。



 振り返ると昔のアニメや特撮の主題歌も「企画書に書いてある設定そのまんまかよ」みたいな歌詞はありましたよね。♪スピンストーム 秘密の兵器♪とか♪マッハロッドで ぶっとばすんだ♪とか。これらの例はバンババンだのブロロローだのを挟んでごまかしているので芸がありますが(笑)。



 理想的な主題歌とは、そのキャラクターや番組内容を確かに表していると分かるのだけど「こんな歌詞をどうやって思いついたんだ?」と思わせる意外性もある、そして歌詞の流れも美しい……そんな歌ではないかと。

 例えば古い歌だけど♪どこの誰かは知らないけれど 誰もがみんな知っている♪……凄いよな、この歌詞。
 他にも♪空にそびえるくろがねの城♪とか♪悪をさえぎる壁になれ♪とか。最初に♪正義はなんだ♪と問いかけて、最後に♪正義のため戦え♪と結ぶアレも上手いよねぇ……(このままどんどん「良い歌詞」を羅列したいところだが、キリがないので省略)


 美しい絵が描ける人も尊敬するけれど、美しい歌詞が書ける人にも憧れを抱くのです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ