Twitter:@arisamag2

2009/6/5

5月度月例報告(アニメ編)  アニメ
 アニメージュ6月号のOVAコーナーで、あさりよしとお氏が「ホントは『ロボットアニメ』なんてジャンルはないんだ云々」と名指しせずに酷評している作品が何の事なのかが凄く気になる今日この頃。

 そんな5月のアニメ雑感をつらつらと。


 個人的には、今一番カッチョイイロボットアニメは真マジンガー…ではなく『アスラクライン』だと思います。
 機巧魔神の、魔力っぽい禍々しさと機械っぽい重々しさの絶妙なバランスが素敵だ。それでいてなんだか活躍シーンが端折られている気がするところも素敵だ。そしてなんといっても映像だけ観ていると機巧魔神なるロボットが遠隔操縦型(演操者の命令を遂行しているだけ)なのか乗り込み型(中の副葬処女が動かしている)のか自律型(演操者とか副葬処女とか関係なく自分で動いている)のかさっぱりわからないところが素晴らしい!……褒めてるよな俺。
 あと、上の文章を書くために一生懸命劇中用語の漢字を調べないといけなかったところも素敵だ。
 えーと、機巧魔神=“アスラ・マキーナ”、演操者=“ハンドラー”、副葬処女=“べリアル・ドール”…であってるよね?何故カタカナに漢字をあてるのか。そして何故悪魔だけはそのまんま“あくま”なのか。

 基本的に深夜枠アニメのロボに対する興味が薄い私だが、今、クロガネの玩具が売っていたらちょっと欲しい。だがそんな時に限ってコトブキヤがプラモを出すことも、バンダイがロボット魂を出すこともなく、あのメガハウスすら手を出さないのであった。…あ、放送終了後に出ても熱が冷めてるから買わないと思います(笑)。

 お話については「わけがわからない」と世間でも評判ですが、私もよくわかりません(笑)。
 こーゆーときはそれらわけのわからん設定をテキトーに解釈して聞き流せるかが勝負どころではないかと。『狼と香辛料』の難しい経済話もそれで流したのは内緒だ。
 そんな訳でテキトーに解釈するに…これはアレだ、ラブコメ主人公がハーレム状況を味わいつくすと祟りでアスラクラインになるとかそういう話だきっと。嘘ですが。



 話変わって……昨日の記事でプリキュアを話題にしといてアレですが、実はあの時間は裏の『メタルファイト ベイブレード』を観ているのでプリキュア本編の内容はよく知りません(笑)。
 このベイブレードが意外に面白くて。第一話観たときは主人公が最強過ぎて「これは“子供版快傑ズバット”みたいな話にするしかないんじゃないか?」と心配したのですが、ベンケイを始めとする周辺キャラのドラマが良い味出していてお気に入りです。流石にまた品切れ騒ぎが起こるとは思わなかったがな。

 あ、ホビーアニメと言えば、『デュエルマスターズ』が四月頃から急に言い始めた「真のデュエマ」(笑)が微妙にツボった。それまで対戦の事を「デュエル」と言っていたのを急に「デュエマ」(笑)と言い換えるようになったのね。なんかその語感がマヌケで。


 更に話を変えて……ファミ劇で『ザ★ウルトラマン』放映中ですね。
 やっぱりエース〜レオみたいに「ザ★ウルトラマン体操」ってやるのかしら……と、思っていたら今年は「大怪獣バトル体操」をやるそうで。
 ……まあ、あのゴモラなら体操なんて楽勝だよな(笑)。
 それはともかく、『ザ★』って無茶苦茶いい加減な番組だったと思っていたのだが見返して見ると色々と手堅い出来です……だがマルメ隊員はクビにした方が良いんじゃないかと思うほどの使えなさだ(笑)。




 最後に余談。
 第3シーズンで終了決定とのことですが、最近の『トランスフォーマー・アニメイテッド』のマイナーキャラ続々登場展開が、むしろ不快なのは私だけですか?
 アレは私の中での「オマージュか、くだらない悪ふざけか」の境界線上の微妙なところにいます。
0

2009/6/4

奴等に化粧教えてもらえ  アニメ
 先日、『CGWORLD』って雑誌を立ち読みしていたんですよ。

 タイトル通りCGについての雑誌です。
 たまに立ち読みすると意外な作品のメイキングが見つかって楽しい。
 で、7月号の内容はキャラクター造形の特集でした。

 それで『フレッシュプリキュア!』のエンディングCGの詳細な解説がしてあったんですよ。
 この手のトゥーンシェード系のキャラクターってテクスチャ頼みでモデリング自体はシンプルなものだと誤解していたのですが…いやあ、意外に作りが細かいのですねぇ。テクスチャ貼る前からちゃんとそのキャラに見えるよ。
 これにリアルなテクスチャを貼ると不気味な謎生物が出来るなぁとか、これを基に立体を出力したらそのままフィギュアの原型に使えるんじゃないかとか、色んな事を妄想してしまいました。
 ここまでの出来でも時折不自然に感じる瞬間があるのだからCGアニメの道って険しいものなのだなあ。

 ……でもあの委員長はこんな細かい手間は掛けてもらってないんだろうな……と、思うと少し切ない気持ちになりました。嘘だけど。
0

2009/6/3

5月度月例報告(特撮編)  空想特撮
 ネタの鮮度的に「5月度」と限定する必要もない様な気もするが。

・ディケイド劇場版
 ……いやあ、ベルト付けたマネキンをズラリと並べただけなのに妙にワクワクするのは何故なんでしょうね。1号2号(他の昭和ライダーも?)のマスクが前後分割式になっているのが地味に気になります。(最近のアトラク用が既にそうなってましたが)

 でもさ、どうせあいつら「ディケイド世界の人たち」で中身は藤岡タケシだとか石森ハヤトとかテアトルエコオとかなんでしょ?「ちょっとくすぐったいぞ」なんつって背中を開いたらホッパーとかロープアームとかライドルとかに変形するんでしょ?ブラックとRXが並んでるのも、てつをの背中開いたら両方飛び出してきたとかそんなんでしょ?てつをの上半身がブラックに、下半身がRXに変形するスーパーリンクなフィギュアが出るんでしょ?(←でねぇよ)
 ……いや『8人ライダーVS銀河王』の頃からそんな調子だった気もするけどさ(笑)。

 そういえば秋からの新ライダーの情報もチラホラ出てきましたね。


・レスキューファイアー
 この番組、どうも何かがスベっている気がするのだが、観ている間は物凄く面白く、鑑賞後三時間ぐらいしてから「あれ?あの理屈はおかしくね?(カラスの件とか)」と気付く程度の事なのであんまり気に病んじゃダメかもしれない。白組のCGが七難隠すって奴だな(笑)。


・シンケンジャー
 5月分までを観て、今年の特撮お気に入り候補になりました。
 面白いよね。「この番組の玩具は絶対売れない」とか思ってしまうけど面白いよね。

 正直、ゲキレンの頃は「どうなることやらこのシリーズ」とか思っていたのだが、ゴーオン、シンケンと急激に面白くなっていき嬉しい限りです。でもやっぱり無意味な積み木に変形するロボットやパラパラ漫画が回転する武器は売れない気がします(笑)。でも一応売れてるんですよね?

 こっちもスシレンジャーことシンケンゴールドがいよいよ登場ですが…寿司→銀シャリ→シンケンシルバーであるべきではないかと思うのは私だけなのか。昨年のシルバーが女子だったのがネックなのか。
 さて、このギャグにしか持って行きようのない新メンバーが果たしてどんな新風を持ち込むのやら。更にシリアスなことになったら逆に笑ってしまうが。
0

2009/6/2

5月度月例報告(まんが編)  まんが雑文
 5月の休養中のネタをまとめてお送り。まんが編。

 これは先月中に暇をみて書き溜めておいたものだったのだが、読み返してみたら発言内容が毒だらけだったので思わずちょっと修正した(笑)。
 なんかストレスとか溜まってたのか俺。
 微笑みを昨日に捨ててきたのか俺。

 そんなわけで以下の文章はその辺を考慮して神経質な貴方は見ない方が良いのですよ?




続きを読む
3

2009/6/1

復活の時  
♪ひーとよっ いのちよ はじまーりっをみーるー♪


 ……更新しようがしまいがアクセス数に大した違いはないと判明し、じゃあこのまま放置してしまおうかと一瞬思った今日この頃ですが、お久しぶり(?)です、arisamaです。

 まずは拍手のみならずコメントまでくれた方、ありがとうございます。
 ちょっとだけレスすると、当ブログのタイトルが4コマ感想ブログとして異質なのは元々4コマ感想ブログをやるつもりじゃなかったからです(笑)。
 ……おっかしいなぁ、もっと人生の役に立つ記事を書いていくつもりだったのになぁ。(←嘘つけ)

 アクセス解析してみると、休養宣言後も律儀に巡回してくれた方もおられたようで、ありがたいやら申し訳ないやら。

 では本日より、更新再開。

 明日からは、メモ書きしておいた先月分のネタなども織り交ぜつつ、ちまちまと続ける予定なのですよ。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ