Twitter:@arisamag2

2009/2/15

一から十まで真剣だ  空想特撮
 ハリケンジャー

 ボウケンジャー

 そして、シンケンジャー

 遂にケンジャーシリーズも第三弾(嘘)。でもマジで「○○ケンジャー」のネーミングが三つも出てくるとは思ってなかったぜ。戦隊の歴史って凄いよね。
 とりあえず、事前情報を熱心に見ていなかったので伊吹吾郎の登場に意表を突かれました。孫か何かにせがまれたのか。
 私は芸能人には疎いので、伊吹吾郎の顔など覚えちゃいなかったのだが、それでもちょっと出てきただけで「なんか高名そうな役者が出てきたー!?」と思わせるところが流石というか。

 さて、番組本編はどうかというと、どうも真面目な路線で行きたいのか、ギャグ路線なのかが第一話時点では掴めない。ネタばれ情報によると、今後はとても真面目にやってられないようなキャラが追加されていくらしいのだが…果たして。

 劇中じゃなくて玩具の話になっちゃいますが、シンケンオーのエンブレムモードって企画段階ではゴールドライタン的な宝物感を狙っていたんだろうなあ、実際の商品がそのように仕上がらなかった(ヒンジやジョイント見えまくり)のは安全基準の問題なのか、ゴローダーの件もあったしなぁ……なんてことを邪推しています。
 そういや、折神って動物型メカの割にはCGが少なめですね。





 ついでに、既に始まっている『仮面ライダーディケイド』についてなんですが。

 これ、別に9つの世界の仮面ライダーが歴代ライダーである必要が無い……てゆうか、むしろオリジナルでやった方が自由度高くて面白くなりそうですよね(苦笑)。結局、歴代の世界観なんてベルトと怪人が違うだけで似たような現代社会だし。主役ライダーの能力にそれほど明確な差異があるわけでもないし。(今週の、キバとDクウガの同系統フォーム対決は、実は両者の特徴に大した違いがないことの裏返しでもある)懐かしいライダーの登場だけを期待するしかないマンネリ番組になりかねない。
 それこそ時代劇世界の侍ライダーだのファンタジー世界の魔法ライダーだのミリタリー世界のコンバットライダーだのを出した方が楽しそうなんだが。なんか『SDガンダムフォース』みたいだが。
 そんな中、キバ世界のワタルを子供にしちゃったのは目先が変わって上手いなぁと思ったり。

 正直言って、この作品は酷い子供騙しだと思うのだが、オモチャ売り場に行けば皆見事に騙されているので私の負け(笑)。
 ああ、子供の様子を見ているうちになんかこれで良いような気がしてきたよ。俺も子供騙されてるよ(苦笑)。

0

2009/2/14

二十面相が大胆予告  まんが雑文
 サイバトロンインフェルノが定価3990円ってちょっと高くね?

 それはともかく、コミックブンブン3月号の感想でも書いておきましょうかしら。



・『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』(作:津島直人)
 この手の集団ロボット物で、人間側主人公が超能力を持った少年といえば、ガオガイガーを思い出してしまうのですが。
 ともあれ、先月号から続いたスカイファイアー登場編は、玩具封入マンガの焼き直しになるかと思ったがそうでもなく、いろいろと独自性を織り込めているのではないかと思います。


・『少年探偵団BD』(作:やまざきまこと)
「いくら日本が西洋化したとはいえ この時代まだ男性のピアスは珍しい」
 ……“その時代”の人はあまり「この時代」とか「まだ珍しい」とか言わないと思うんだがどうだろう。
 そして、実は何もしていない気がする明智探偵(笑)。


・『三ツ星グルメ部 Egg!!』(作:ナカタハルカ)
 最終回。明らかに打ち切り。
 先月に大会を始めて今月優勝。これはもうソードマスター一歩手前の急展開(笑)。
 お気に入りだったんだけどなぁ。人気でなかったのかなぁ。
 部長から漂う何気ないBL臭が小さいお友達には敬遠されたのかしら(笑)。
0

2009/2/13

ナイーブすぎる  まんが雑文
 表紙で「オール読み切り!」と銘打っているのに、さらっと見ただけで次回に引いてる連載が三つ以上見つかる、そんな『まんがタイムラブリー3月号』の感想でも。

 特に『乙姫各駅散歩』(作:矢直ちなみ)の引き方は尋常ではない。
 なにしろ盛り上がって来たところでジャンボに移籍(笑)。作者もハシラコメントで思わず謝罪する引きっぷりです。
 本当に4コマって読者が全部の関連誌をチェックしていると考えているんだなぁ。



 それはともかく、4コマの連載が今月来月で次々終了し、替わってストーリーマンガがどんどん追加されていく模様。なんだかでっかい悪さの予感。

 ようするにリニューアルってことなのだろうが、これはもうまんがタイムグループなのに4コマ誌ではなくなる勢いです。本当にそれでいいのか?


 ……ああ、でもフォワードとかエールとか既にあったな。じゃあいいや。(←ホントにいいのか?)
0

2009/2/8

滋養  雑記作文
クリックすると元のサイズで表示します

 今日はお芝居を観てきました…嘘だけど。

 これは大阪城公園近くにある「大阪歴史博物館」の展示物です。

 本日はここで開催中の企画展「お菓子の博物館 初公開・山星屋コレクション」を観に行ってきましたのでその感想でも。(4月6日まで開催)
 残念ながら会場内は撮影禁止でしたので展示物の画像を見せながらあれこれ語ることは出来ないのです。


 株式会社山星屋は大阪で1909年に創業した菓子卸売業最大手の会社です。3代目社長であった小西昌夫氏は、菓子業界発展の歴史を残すため、広告・容器・木型など様々なものを収集し、それがお菓子関係の一大コレクションとなっています。今回の展覧会では、その中から日本の近代のものを中心に展示します。(以上、チラシの解説より引用)


 そんな主旨のもと、看板、おまけ、人形、容器、自動販売機、ポスター等々が展示されておりました。

 昭和初期〜戦前・戦中・終戦直後あたりの商品が中心に並ぶ中に、突然ウルトラマン80やザ☆ウルトラマンの商品が一緒に展示されてあると「ああ、こいつらも、もう歴史か」と一気に歳食った気分になりますね(苦笑)。オモチャ関係の展示で見るよりもダメージ大きめ(笑)。
 つまり、それだけとりあげる年代が幅広い…ということもできますが、全体的に「整理されていない」印象。ひとつのケースの中に色んな時代のものがゴッチャになっている。また解説もざっくりしたものが多く、何時作られたのか記載されていない物も多数。戦時中の慰問品になると妙に詳しくなるが、担当者がその辺の時代の人なのか。

 業者が始めたコレクション故に、当初は社内に残っていた在庫や販促品をなんとなく集めるところから始まったのだろうな、時系列や時代性をそれほど意識・研究はしていないのではなかろうか…と勝手に推測する次第です。

 昭和20〜30年代頃のパッケージと一緒に妙に真新しい鉄人28号のパッケージが並んでいたけれど「鉄人=昭和30年代」という安直な判断で並べたんじゃなかろうなぁ(苦笑)。


 他に印象に残った展示物というと、ノンキナトウサンが描かれた自動販売機であるとか、異常につくりが細かいままごとセット(でも、これってお菓子と関係あるんだろか。他のおもちゃは菓子の名前がプリントされていてノベルティであることが一目でわかったんだけど)、汽車型・8ミリカメラ型などの凝った金属容器あたりかしら。

 それにしてもノンキナトウサンの人気は異常(笑)。こんなさえないおっさんが菓子のパッケージや玩具や自動販売機に氾濫しているってどんな時代だったのか。
0

2009/2/7

すべてがまぶしい  まんが雑文
 スイート連載ってどんな連載?
 そんな、まんがタイム3月号の感想でもだらだらと。


・『タマさん』(作:森ゆきなつ)
 タマさんは帰ってきたが、ふるるちゃんは帰ってこない。(杏も出てこないが、産まれてはいるだろう)そんな再開第一話。
 今後もこのまま過去編なんですかねぇ。


・『わさんぼん』(作:佐藤両々)
 先月期待した、“萩くん”の出オチは「マッチョ→女子」の二段オチでした(笑)。
 ああそうか“萩くん”と“ぼっちゃん”が別人という発想があったか、大魔王とガルバーが別人みたいなもんだな。(←違います。しかも例えがマイナー過ぎて分かりません)
 この作品を始め『アシスタント!!』(作:かがみふみを)、『みそララ』(作:宮原るり)と「新しい仕事に入ることの戸惑い」を感じさせる話が目立った気がしますが気のせいかも知れません。

 あと、猫も目立った気がする。(というか猫特集をやってたわけだが)とりあえず『おくらだし!』(作:七見水晶)のにゃんこを一押し。(←特集と関係ないだろ)
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ