Twitter:@arisamag2

2008/9/28

不器用  映画
 『アイアンマン』を観てきましたのよ。
 米国での上映から随分経っての日本公開ということで、正直言って鑑賞意欲が下がりまくり。
 昼頃まで観に行くか家で寝てるべきかで悩んだ(笑)。

 その米国で本作が記録的なヒットを飛ばしたと聞いたとき、すごく意外に思いました。
 『スパイダーマン』や『ハルク』などに比べて日本ではマイナーなキャラクターだったので、てっきり米国でも人気が無いのだと思いこんでいたのよね。

 で、数少ない翻訳本や海外情報、BSで放映されたアニメなどで得たイメージを総合すると、どうやらアイアンマンは「ヒーローなのに性格悪くて人望がない」というキャラクターらしい。(間違ってたらスマン)
 そんな奴が代表的なヒーローとして存在出来るアメコミ界って奥が深いなぁ。
 まあ、最近は仮面ライダーにも性格が悪いとか人格が破綻している人もいますけど、でもライダーの場合やってることは朝8時20分頃になったら怪人を殺しに出かける(しかもよく取り逃がす)ことなので、そんなの別に性格悪くても出来るじゃないですか。
 アメコミヒーロー界は「やたら人を殺すな」とか「復讐のために戦うな」とか意外とモラルに厳しいみたいなので、性格に問題がある奴が続けていけるものなのかと。
 まあ、サイクロップスさんやウルヴァリンさんも性格面では相当なもんですけどね(笑)。


 では以下に感想らしきものを。
 勿論ここから先はネタバレありなんですよ?








続きを読む
0

2008/9/26

ホントのことさ  アニメ
 今、アニマックスで『ガンダムZZ』を放送していて、たまに観てるんですが。

 改めて観ると、これって声の人達の演技やセリフがすげぇ気持ち悪いね(苦笑)。
 いえいえ、声優さんの演技が下手ということではありません。

 たぶん、作品全体の空気がなんか歪んでるの。

 富野作品というと毎度セリフまわしが独特なんですが「明るいガンダム」を目指したZZ初期の作風に端々がネクラな富野セリフがごっついミスマッチで。
 見た目はっちゃけたギャグをやっているのに登場人物全員異様にローテンションって言うか。
 それが「真面目な人たちの行動が結果としてギャグになっている」なんて好意的な状況じゃなくて「暗い人たちが無理に明るさを振り撒こうとギャグをやっている」感じなんですよ。
 特に次回予告のジュドーがすげぇ痛々しいのよ(笑)。




 でもZZガンダムってカッコいいよね。
 Zの可変MSは「なんだかよくわからない物体」に変形している感じでどうもしっくり来なかったのですが、ZZガンダムは「Gアーマーに変形するガンダム」という明確なモチーフがあるのが素晴らしい。

 そこでGアーマー自体がなんだかよくわからない物体とツッコむのは禁止な(笑)。
0

2008/9/23

輝くスター登場  おもちゃ
『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』9月発売分から、サンストリーカーを買ったのですよ。

 如何にも80年代初期ロボな顔がステキ。
クリックすると元のサイズで表示します
 右腕のドアを移動させるリングが緩くて、すぐクルクル回るのが悩みの種だ。



 で、付属コミックの話ですけど、今までは、第一話→初の三段変形→準主役級→正義側初の航空戦力にして高額商品……と派手なイベント編が続きましたが、今回発売分のサンストもプロールも立場的には一戦士に過ぎないからか、コンボイもメガトロンも出てこない良い感じに地味な内容になっています。

 ジェットロンに落書きしても、泣かされる程度で済むらしいぞ(笑)。

 変トラはG1リメイクという要素の強さゆえに、ともすれば「子供向けを言い訳にした極一部のマニア向け玩具」となってしまいそうな危うい商品なのですが、そんな中でもこのマンガが唯一「玩具を買った子供に向けて語っている」部分だと思うので今後も頑張って欲しいところです。
 勿論ブンブンの連載の方もな。



 ところで、今後秋〜年末商戦に向けて発売される商品が、新破壊大帝を除いて全員単なる一戦士ってのは如何なものかとも思う訳ですが(笑)。
 一応三段変形もいるけど悪だし。

 正しい日本の低年齢向けロボ玩具と言えば、年末商戦に向けて「強い奴のインフレ」が起こるべきですよね。主役二号ロボとか、白くなるパワーアップとか、グレート合体とか、大将軍とかそういう類のものが。

 シルバーボルトとオンスロートを正規商品にして、「空陸巨大戦士の対決!」とかやればいいのに……でも奴らにはデカい以外の特徴はないらしいのだが(苦笑)。
0

2008/9/22

ピータン料理って何だろう  まんが雑文
 先日、くらオリ11月号の感想で『うちの姉様』(作:野広実由)に遠野くんが出てこないって言ってたじゃないですか。

 でも今日、まんがタイムスペシャルの11月号を買ったら『なないろレシピ』(作者同じ)の方にチラっと出てきてました(笑)。

 それが「須田さんがメガネ学生カフェに行った」というネタの中での登場だったので「それはくらオリ10月号の話だな」と確認してみたら、ちゃんと『姉様』でも客の中に須田さんがいました。
 なんてわかりにくいリンクを(笑)。
 10月号を捨てていたら気付かないところだったよ。



 ……と、このように、同じ作者のキャラクターが別の作品に出演するのは、手塚スターシステムの頃からの、マンガ読書のお楽しみではあるのですが。

 最近の4コママンガってこの手のゲスト出演が多過ぎる気がしません?
 
 出版社が別だったり、ゲストキャラが必要以上に目立ちすぎたりと「これ、作者の作品全部知っている人以外には意味不明なのでは?」と思う例もチラホラと。

 今回の『なないろレシピ』については、遠野くんは本当にチョイ役だし、須田さんは「クッキングスクールの生徒その1」みたいな個性の弱いキャラなので、キャラクターについては知らない人でも大丈夫だと思います。

 ただ、『姉様』ではエピソードの主軸であり、存在自体がギャグだった“メガネ学生カフェ”を、『なないろ』のオチとして使うのは唐突過ぎるように思えて、これは『姉様』を知らない読者には引っかかるところではないかと、ちょっと気になりました。
 オチの為に訳の分からないカフェをでっちあげた様に受け取られそうな。

 まあ、最近の”なんちゃらカフェ”のバリエーションを考えるとメガネ学生カフェなど特殊とは言えないのかも知れませんけど。




 あ、これまで存在感の薄かった須田さんが「訳の分からないカフェに詳しい」という個性を得たと考えれば良いのかも(笑)。
0

2008/9/19

めしつかわれるのだ  まんが雑文
 ……1982年の時点でそこまで予見出来ていた人はどれくらいいたのか。


 そんな事がちょっぴり気になる、まんがくらぶオリジナル11月号について語る。
 結局、先月号のDVDって売上にどんな影響を与えたのかしら。


 で、今月号は『天才バカボン』(作:赤塚不二夫)が特別収録……え?何故バカボン?

 いや、追悼だということは分かっていますが。
 でも、くらオリって今まで赤塚も不二夫もなかったじゃない?
 どうも何かが引っかかる。他に載せるべき雑誌があったのではないかと。

 それにしても、バカボンはやっぱり面白いねぇ。いっそ毎月載せるのはどうか。




 ところで今月の『うちの姉様』(作:野広実由)に遠野くんが出てこないのが地味に気になるのですが。
 まさか変態過ぎてリストラされたんじゃないですよね?
 あの人、キャラが濃すぎて姉様霞むしな(笑)。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ