Twitter:@arisamag2

2008/2/5

いろんな意味で本格派  雑記作文
 連日、中国製ギョーザの中毒事件が報じられている今日この頃ですが。


 そういえば、先々月だったか、コンビニで中国製のお菓子(グリコのコロンみたいな奴)を買ってきて開封したら、中身がぐちゃぐちゃに砕けていてな。
 はみ出したクリームでベチャベチャになっていて、安全性はともかく見た目がグロくて生理的に食べられず、勿体ないけど捨ててしまった……なんて事があったなぁ。


 もうひとつ、中国の食い物で思い出すのは、東京に出張したときに同僚と立ち寄った、関東某駅近くの商店街の裏にあった”本格的な中華料理店”だ。

 なにが本格的だったかというと、店員が本格的な中国人。
 日本語が6割ぐらい通じない(笑)。

 それで、コース料理を頼むとですね、その本格的な中国人がレンジでチンした冷凍食品や、本格的な中国人がお湯を注いだインスタントスープ、本格的な中国人が湯を沸かして作った即席めんとかが出てきまして、最後は本格的な中国人が缶詰を開けたデザートか本格的な中国人がスプーンで入れたインスタントコーヒーをいただくわけですよ。

 ええ、コントか何かと思うような店でした(笑)。

 今でもあるのかな、あの店。そしてあの冷凍食品は中国製だったのかしら。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ