Twitter:@arisamag2

2008/2/17

産業革命  空想特撮
 毎年、戦隊第一話の感想は必ず記事にしているなぁ、そこから先は毎回話題にするとは限らない、むしろフェードアウト気味なのになぁ、などと思いつつ、今年も『炎神戦隊ゴーオンジャー』第一話の感想を書き留めておく。

 放映前から、例年より早めの番宣やら、伝え聞くゲキレンジャー不調の噂(最近、具体的な売上の数字が出て、本当に不調だったと明らかになったが)などで、「今年はなんだか必死っぽい」と思ってはいたが、いやはや、実際の番組も必死さが伝わってきますな(苦笑)。

 動物+乗り物という、売れ線二本組のモチーフといい、全体的なテンションの高さといい、所謂「続きはCMのあと!」を連発する引っ張り方といい、視聴率的、売上的、人気的、あらゆる意味で向上を図ろうという目論見が、汚れた大人の目には透けて見えるぜ。なんだかタイム→ガオの頃の雰囲気を彷彿させますね。

 それが純粋な子供の目には魅力的に映るかは(必死に受ける要素を組み込めば受けるなら、毎年そうしてますしね)ともかく、私的には『アバレンジャー』の第一話以来の痛快な面白さがありました。まー、そのアバレもキラーが出てきた辺りで辛気臭くなっていったりして、このテンションで全話突っ走るのは今回も困難なのでしょうけれども。
 まず、毎週このレベルのメカ戦を作り続けられないことは30年以上の歴史が証明しているしな(笑)。

 あまり完成作品を観て「脚本家が誰某だから」とか「プロデューサーが誰某の作品はこれだから…」みたいな事を言うのは上品な行為ではない(テレビ番組って集団芸術だからね)とは思いつつも「ああ、いかにも武上脚本っぽい」との思いが拭えない(笑)。
 セリフで極端にキャラクター付けしている様が、なんだかカーロボットみたいだよ。戦隊も炎神も怪人も、敵幹部すらも、なにかしら語尾が変だったり、不自然な口癖を連発したりしてるよ。まともに対話が成立しそうな奴が一人もいないよ(笑)。

 あとは、スーツにタイヤ状のパーツが付いているのを生かして、電童みたいなアクションで戦うのにツボった。
 パワレンになったとき、あんなギミックのアクションフィギュアが出るだろうか。


 少し真面目ぶった事を書いておくと、ここ数年の戦隊シリーズの流れって、ガオレンジャーのヒットをターニングポイントとした(”引きずっている”とも言うが)、言わば「ガオレンジャーシリーズ」だったと思うのですよ。もちろん作品によって毛色は違ってはいるんですが、多分、スタッフ側にしろ視聴者側にしろ「戦隊と言えばこんな感じ」みたいな共通認識の最先端はガオなのだろうと。
 そして、そろそろ次のターニングポイント「戦隊といえばこれ」と言われる作品が必要な時期に来ていると思うのですが。ゴーオンは、一話だけ観た時点では「この数年の流れの集大成」ではあるけれどターニングポイントとはならないかもなぁ、と思ったり。
 逆に「集大成」であるからこそ、「ゴーオンの次」が難しそうですが。

 売れ線二つも消費してしまって、来年のモチーフどーすんだろな。
 「恐竜+電車」とかですかね(笑)。
0

2008/2/16

TILL ALL ARE GONE!  おもちゃ
 そもそも高嶺の花ということもありますが、BOTCON限定トランスフォーマーについてはそれほど物欲がわかない私。お家にあるのはBOTCONジャパンで幸運に恵まれて入手出来た、サンドストーム(スコルポスのリペ)と……あ、名前忘れた(笑)。パタパタ犬をリペイントした奴ぐらいです。
 実は、今までに出たアイテムにどんなのかあったのかも全部は把握していないのです。

 ところが、今年の限定アイテムで発表された“善悪逆転シリーズ”が私のハートをジャストミート(死語)ですよ。
 欲しいなぁ悪コンボイ。あの世界じゃブラックコンボイが正義の味方だったりすんのかなぁ。
 コンボイがこれでは、正義メガトロンはどんな爽やかなカラーリングになるのか(笑)。

 善悪逆転世界っていう設定そのものがツボですよ。なんかマーベルやDC辺りで一度はやってそうなネタで。(ほんとにやってるかどうかは調べてません)

 来年はTFが全部ゾンビになってるシリーズってのはどうか?(笑)

0

2008/2/11

怪獣倉庫もなくなりましたね  空想特撮
 ニュースとしては先週の話題で恐縮ですが、私は今日知ったので大目にみておくれ。
 今、新聞とかネットニュースとか見る時間が少ないんだ(苦笑)。

 タイの最高裁で円谷プロがチャイヨーに全面勝訴したそうで。

 例の著作権を譲渡したという契約書、アレが偽造だと認められたという。

 なんか、TYOやらバンダイやらが株主になってから問題が解決するという展開にタイミング良すぎなものを感じたりしないでもないですが(笑)。まあ良かったんじゃないかしら。
 その少し前に「新作を作る権利はない」って判決もどこかで出てましたか。



 それはともかく、結局あの契約書が本当に偽造であったかどうかというと、私個人としては、本物だった可能性は高いように思っていました。

 ウルトラマンが半永久的に商売になるらしいと分かってきたのは、せいぜい80年代後半あたりからの話で、それが確定したのはティガ成功後の90年代後半以降。

 第二次怪獣ブームが終焉を迎えつつあった、あの時期の価値観では「もう消費しつくしたもの」として扱われてもおかしくはなかったのではないかと。

 もちろんチャイヨー側も、今頃になって儲かると気付いたからこそ、あの契約書を持ち出してきたのでしょうけれどもね。

 それにしても、タイの新作『プロジェクトウルトラマン』がどうやらお蔵入りに終わりそうなのはちょっと勿体ない気がしますね。
 予告見たとき、特撮のクオリティは高いのにウルトラマンのスーツの出来は大昔のアトラクレベルというカオスな映像に、色んなベクトルの期待が高まってなぁ(笑)。

 デジタル特撮ってのは、あんなアンバランスな映像が作れるものなのかと。
0

2008/2/9

クリックすると元のサイズで表示します
 事件発生! バットモービルで出動だ!
続きを読む
1

2008/2/5

いろんな意味で本格派  雑記作文
 連日、中国製ギョーザの中毒事件が報じられている今日この頃ですが。


 そういえば、先々月だったか、コンビニで中国製のお菓子(グリコのコロンみたいな奴)を買ってきて開封したら、中身がぐちゃぐちゃに砕けていてな。
 はみ出したクリームでベチャベチャになっていて、安全性はともかく見た目がグロくて生理的に食べられず、勿体ないけど捨ててしまった……なんて事があったなぁ。


 もうひとつ、中国の食い物で思い出すのは、東京に出張したときに同僚と立ち寄った、関東某駅近くの商店街の裏にあった”本格的な中華料理店”だ。

 なにが本格的だったかというと、店員が本格的な中国人。
 日本語が6割ぐらい通じない(笑)。

 それで、コース料理を頼むとですね、その本格的な中国人がレンジでチンした冷凍食品や、本格的な中国人がお湯を注いだインスタントスープ、本格的な中国人が湯を沸かして作った即席めんとかが出てきまして、最後は本格的な中国人が缶詰を開けたデザートか本格的な中国人がスプーンで入れたインスタントコーヒーをいただくわけですよ。

 ええ、コントか何かと思うような店でした(笑)。

 今でもあるのかな、あの店。そしてあの冷凍食品は中国製だったのかしら。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ