Twitter:@arisamag2

2007/8/13

虫刺されオンパレード  まんが雑文
 タイトルは今月の『乙姫各駅散歩』(作:矢直ちなみ)からの引用だが、昨日墓参りに行った私の現在の状況でもあります(苦笑)。

 そんなわけで『まんがタイムラブリー』9月号の感想でもつらつらと。

 『おしえて先生!』(作:牛乳リンダ)が最終回。
 正直、このマンガってもっと軽い感じの終わり方をするだろうと思っていたのですが、実際には教師と生徒との恋愛関係のあり方について真剣に向き合った様な終わり方をして、ちょっと驚くと共に感心する。それでいて、のばらとイブッチの恋愛関係は物語中では最後まで成立しない(読者の想像に任せる)あたりも見事。

 今月号では『まんがタイムジャンボ』から『ひまじん』(作:重野なおき)と『どきどき女子料ライフ』(作:みずなともみ)がゲストで登場。この二つが加わっただけなのに、何故か『ジャンボ』を読んでるような気分になる。他の作家も被ってるしな。

 ところで、今月の『ミス・ポピーシードのメルヘン横丁」(作:山本ルンルン)なんですけど、ポポがかわいそうだと思うのは私だけ?


 同日発売の『まんがライフオリジナル』の9月号についてもちょっぴり感想を。
 毎年恒例になってきた『中間管理職刑事』(作:秋月りす)の別冊付録が付いてきたんですが……このマンガ、外国が舞台だったんですね。今まで全然気付いてなかった(苦笑)。べティってあだ名じゃ無くって本名だったんか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ