Twitter:@arisamag2

2007/8/12

宇宙の男らしい人そしてマスター  アニメ
 夏休み自由研究…と言うわけでもありませんが、最近、グーグルで玩具やアニメ関係の海外サイトを検索しては、自動翻訳して遊んでます。
 まあ、しょせん自動翻訳なので、「これは原文を念力で解読した方がマシなんでは?」みたいな文章にしかなってくれないのですが。

 記事タイトルは、80年代の米国テレビアニメ”He-Man and the Masters of the Universe ”の自動翻訳。日本でも公開された実写映画版(『マスターズ 超空の覇者』)のタイトルに準じて日本語訳すれば『ヒーマンと超空の覇者達』となるわけなんですけど……
 まあ、自動翻訳に対してツッコミどころは多々ありますがとりあえずこの原文で”of the Universe ”が”Masters ”ではなく”He-Man ”にかかるのはどうなのか(笑)。
 しかも、多分”Masters ”を、失恋レストランに出てくる方のマスターを想定して翻訳してるだろ、このソフト。
 ちなみに2002年のリメイク版”He-Man and the Masters of the Universe (2002) ”は『宇宙(2002年)の男らしい人そしてマスター 』です。なんとしても”of ”から先をタイトルの先頭に持っていきたい。そんな自動翻訳ソフトたんの強い意志を感じさせます。でも”(2002)”が2002年だと分かっただけ偉いと思います。

 さて、”He-Man and the Masters of the Universe ”とは、米国マテル社が1981年から販売していたヒロイックファンタジーフィギュアシリーズ”Masters of the Universe ”を原作として1983〜85年に放映されたテレビアニメシリーズです。(以下『マスターズ』)
 この作品について、数年前から疑問に思っていたことがあって、今回それを調べていたんです。

 それは個人的な疑問であって、答えを知っている人や、知らなくても『マスターズ』に興味の無い人にとってはまったくもってどうでも良いことなので、ここから先は「続きを読む」で。




続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ