Twitter:@arisamag2

2007/5/1

おしい人なんだから  まんが雑文
 本日は最近読んだ漫画単行本についてウダウダと。
 ようするにチビチビとメモってた小ネタが賞味期限切れ直前なので在庫処分って感じの記事ですね。(自虐)
 ウチには賞味期限切らして腐っていった記事が多数あります(笑)。更新する機会を失ったまま半年経過とか。

●「らき☆すた」第1巻(作:美水かがみ)
 アニメの方は監督交代だとかで話題ですが。
 今、この件について知った風な口で発言すると後日恥ずかしい思いをしそうだからノーコメント(笑)。
 本当は原作を読むつもりなどさっぱりありませんでしたが、立ち寄った書店で第1巻が一冊しかなかったのでうっかり購入。ああ、まるで俺は「残りひとつ」に弱い主婦みたいだ。
 おおむねアニメの通りの印象。逆だ。アニメが原作通りだ。
 4コマだと普通に見える流れが、アニメにすると繋ぎが不自然に見えたりするから4コマのアニメ化って難しーよねー。

●「ちょこっとヒメ」第2巻(作:カザマアヤミ)
 「ちょこっと」と言ってもシスターではないのだ。
 一部の4コマブログやサイトで大人気の動物4コマなのですよ。
 当ブログではかけらほども話題にしてませんでしたが、実は読んでました。
 擬人化してない状態の方がニョキニョキニョロニョロしていて可愛いと思う。
 まあ擬人化が無いと「あたらしい動物4コマ!」が「無難な動物4コマ」になってしまうわけですが(笑)。
 ヒメさんの豊かなボキャブラリーには感心します。「いきじごく」「くらやみでみたされたよ」「しっこくのやみにとらわれたよ」…ステキ。日常会話で使ってみたい台詞で一杯です。勿論ひらがなで(笑)。

●「チーズスイートホーム」第4巻(作:こなみかなた)
 無難な動物まんが(笑)。
 実のところ、「ヒメ」と「チー」でやってる事は大差無い気がしないでもないが、そこはそれ、講談社とスクエニ、モーニングとガンガン(しかもWING)。知名度の差はいかんともしがたく(苦笑)。
 そう言えば、チーにしろヒメにしろ、ちょっと行動がネコっぽく無い気がする。
 まぁ、私はネコ飼った事無いんで、ネコ飼いの人から「いや、これぞネコ!」と断言されると、「わからないけどわかりました!」と素直に謝罪するしかありませんが。

●「はなまる幼稚園」第1巻(作:勇人)
 またスクエニかよ。
 「すもももももも」や「ライオン丸G」でおなじみ「ヤングガンガン」連載のラブコメ(?)漫画。ヤングガンガンって面白いよね。コンビニでの置いてないっぷりを見ると何時休刊するかもわからぬ状態っぽいけど。
 この園児たち、可愛いことは可愛いのだけど制服とパンツのせいで体型がヒヨコに見える。時々タイトルを「ぴよぴよ幼稚園」と間違える。いや、本当ですよ?

●「井上知郎短編集 葵DESTRUCTION!」
 「美鳥の日々」「あいこら」でおなじみの漫画家さんの作品集。
 作者コメントによると表題作を描いたときに「いかにも少年マンガ的なモノで無くても自分が面白いと思ったモノなら何やってもアリじゃないか?」と気付いて、以降はそんな方向でマンガを描くようになったそうです。
 すみません、私、今まで井上先生のこと、「この人は心を病んでいるので変なマンガしか描けないのだな」と決めつけてました(笑)。
 ところで「あいこら」には全てのステキパーツが集まった暴君怪獣タイラントみたいな娘さんがラスボスとして登場すると予想してるのだがどうか。絵にするの大変そう。


 さて、こうして振り返ると、なんだか可愛いマンガやほのぼのしたマンガばっかり読んでる自分に驚く。
 最近このブログで特撮の話題を続けてやってただけに余計意外な感じ。

 …実は私、長編シリアスストーリーマンガって集中力持たないんですよ(苦笑)。ハマっていても単行本10巻を過ぎたあたりで挫折しがち。また最近のストーリーマンガって20年ぐらいダラダラ続けた挙句に未だに完結しないとか平気であるから。ガ○バーとか(笑)。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ