Twitter:@arisamag2

2006/10/2

ゼツミョーなタイミング  まんが雑文
「うお!続いてたのかよ恋ディスって!!」

 ええ、先日「アワーズプラス」の表紙に大前田となつめの姿を見つけた時には心底そんな気分でしたよ、犬上すくね先生。

 そして数日後に4年ぶりの「恋愛ディストーション」第5巻。
 ナイス宣伝、グッジョブ。

 もう4年かぁ……え?まだ4年?
 なんか7年ぐらいは経ってる気分なんすが。

 かつてこの作品が連載されていた、今は亡き「アワーズライト」は良い雑誌でした。

Q:良い雑誌が何故廃刊したんですか?

A:良い雑誌だったから


 冒頭に書いた通り、私は「恋ディス」が復活していたことに全然気が付いてませんでしたよ。
 まぁ、連載再開がレディース誌では気付かんよな(笑)。

 知らない方に説明しておくと、この漫画は、大前田&なつめと江戸川&まほ先生の二組のカップルを中心とした爽やかな恋愛漫画です。深く考えると、さほど爽やかでもない、寧ろ生々しいと気づきかけますが、そこは深く考えないようにしよう。
 深く考えなくても江戸川や山野辺の今後が少々心配だが。

 もっと細かく説明してオススメしたいところですが、4年も経つと色々忘れているので曖昧な記憶に頼って迂闊なことが言えない。
 そしてもうどこに前の単行本をしまったのか思い出せない(笑)。

 それはともかく、面白い漫画ですので、この記事で初めて「恋ディス」の存在を知った貴方も是非読んでくださいな。
 てゆうか、4年も経つと、既刊の1〜4巻までをその辺の本屋で探すのは至難の業だと思うので是非苦しんでいただきたい(笑)。

 まぁ、「とらのあな」辺りに行けば普通に売ってんじゃないですか?と探しもせずに無責任発言。
0

2006/10/1

CGで作ろうよ造成地  空想特撮
 …うしお先生は、安直な続編やパロディを嫌ったって聞いたことあるよ。

 いや、別にあの獅子面ヒーローの事を「これは安直なパロディだらけの安直な続編だなぁ」とか思ってませんよ?

 そんな感じで、特撮ニュータイプ最新号を読書中。

 アルティメットリュウケンドーって、なんだか「トイざラス限定ゴールドバージョン」みたいな奴が着ぐるみになったみたいな姿で妙な感動を覚えますね。
 こんな奴に限って最終回にしか出てこなかったりしがちですが。


 そして、なんだか毎月とんでもない事になってる気がする「ウルトラマンメビウス」
 平成ウルトラマンのパワーアップと言えば、どんどんスタンダードなウルトラマンのイメージからかけ離れていくものですが。
 メビウスはわざとやってるんだろうけど、だんだんスタンダードなウルトラマンに近づいていくなぁ。

 最終形態が初代ウルトラマンそのまんまだったら笑う。

 30話以降は、ウルトラ史上空前絶後の展開になるそうですが……振りかえってみるに、過去のウルトラシリーズでも防衛隊全滅だの、主人公最後に行方不明だの、ラスボスが身内だの、色々やりまくってますよね。
 結構やりつくした感があるけどどうすんのかしらね。
 とりあえず「残り話数をミライ=メビウスとバレたままで進行」は確実かしら。これもラスト数話レベルなら他の作品でやってるけどな。


 「シルバー假面」ってなんだか、売り方(レイトショー公開→DVD3巻)が丸っきり「ミラーマンREFLEX」と被ってると思うのは私だけっすか。
 「バップ対ジェネオンの決闘」って事かしら。
 デザインアレンジのベクトルすら似通っている気が(笑)。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ