Twitter:@arisamag2

2006/10/10

老いについて考える  雑記作文
 先日、散髪に行って、鏡で後頭部を見せられたらすっかり薄くなっていて少々凹んだ今日この頃ですが。
 実のところ後ろだけでなく前髪もヤバイ。少し油断すると地肌が見える。

 もう若くないなぁ…そろそろ年金生活かなぁ。(←それは早すぎ)

 実は老化じゃ無くって何かの病気が原因だったりするのかも知れないが、そっちの方が怖いので老化ということにしておく(笑)。

 さて、私がそんな感じだから両親も老境の日々である。

 先日、母が「ほら、この広告作った人、若いねぇ」と言って、とあるスーパーの広告を見せてくれた。

 その広告には特価7〜777円の商品を指して「主婦の味方!ウルトラセブン」、同じく特価5〜555円の商品を「安売り戦隊ゴレンジャー」と紹介してあった。

 …母よ、セブンは来年で40周年だ。ゴレンジャーも30年は経過している。この広告考えた奴はちっとも若くないぞ。
 そうだな…「この安さはマジレンジャー!?」「こいつは安さの冒険ジャー!」「マックスパワー!マックスディスカウント!」「安さは無限大(メビウス)だ!」とかだったら若いかも知れない。センスはオヤジギャグだが。

 てゆうか、鉄人28号40周年(10年前)のときはちゃんと古いと言う事を認識できていたではないか母よ。

 老いるというのはかように時間の感覚が短くなっていく事なのだなぁ。

 …あー、でもなんとなく感覚的にセブンよりも「アクマイザー3」とかの方が古臭く感じるのはなぜだろう。
 もしかして歳をとった事とはかんけーなくってメディア露出度の違いだろうか。

 それはそれとして、髪の毛が気になる。リーブなんとかに相談しようかしら、そんな日々を過ごしております。
0

2006/10/9

夜毎の新番組  アニメ
 本日は最近始まった新アニメの第1印象メモなのです。
 でもあんまり観てないの。めんどくさがりだから。

 めんどくさがりなので、どーでもいいような感想しかない事もご了承ください。

○「流星のロックマン」
 あんなになんでもかんでも電波電波言われるとトリコじかけのあけくれの方の電波を連想してしまうのですが。
 肝心のロックマンが第1話に出てきませんが、主人公と、あのウルトラマンだかエクスカイザーだかみたいな宇宙人が合体する感じなんでしょうか。

 どうやらコロコロ読者の共感を呼ぶ理想のヒーロー像とは爽やかで熱血なヒキコモリらしい。

 いっしょに放送してた「サルゲッチュ」の方はすみません、良く分かりません。
 「前作でも思ったが、この9割はセルアニメと大差無い映像を3DCGで作る意義は?」と疑問を感じたくらいしか。

○「くじびきアンバランス」
 「げんしけん」の劇中劇が、待望の(なのかどうかは良く知らない)独立テレビアニメ化。
 劇中劇時代とキャラデザインが全然違うがそれで良いのか。まぁ、良いのかもなどうせ元劇中劇だし。

 なんだか動きや演出が結構凝っている感じがしました。元劇中劇のくせに生意気です。

○「ギャラクシーエンジェる〜ん」
 いかん、もう「GA」と言われて脳内検索エンジンの最初に出てくるのは「芸術科アートデザインクラス」の方だ(笑)。
 ちなみに2番目は「がんばれあたしたち」です。

 それはともかく、前作までと随分雰囲気が変わってしまったが、でも「こんなのGAじゃないやい!」なんて事は言ってはいけないのだろう。多分前作までの方が間違ってるんである。間違ってるだろアレは(笑)。

 今回のメンバーも個性的ですね。ですけど…うーん、スタート当初だから仕方無いのでしょうけど、今のところ各人の個性が、なんつうか「背中のボタンを押されると決められた台詞を喋ってる」って感じ?
 まだ奥行きとか深みとか全然なくって、このキャラクターを使って話を転がしていくのはしんどそうだなぁと。マンネリ化を懸念しているわけですね。
 まぁ旧GAも暴走し出したのは何話か過ぎてからだった様に思うので、もうちょっと見守ってみますかね。

 あと、裸を「KEEPOUT」で隠すのは流行りですか?
 アレってDVDだと取れてるのですか?まぁ、そんな事の確認だけの為に払える金は1980円までですが。(←払うのかよ)


○「地獄少女二籠」
 てっきり、第1話は前作最終話で助かったあの親子を地獄送りにすると思ってたのに。

 前作第1話は「えーと、ギャグですか?」と言う感じでしたが、今回は初回から真面目にやっているかの様に見えた。

 でも見えるだけかも知れない。

 それはともかくすげぇ後味の悪さ、ちゅうか、どう考えてもクラス全員からいじめられてるだろうあの娘。

 骨女が藁人形やってましたけど、交代出来るなら第1期からやっとけ(笑)。
0

2006/10/8

ただの猫やで  まんが雑文
 「まんがタイム 11月号」の感想でもボソボソ呟いてみましょうかしらね。

 先々月号だったか、ボマーン氏、かがみふみを氏、森ゆきなつ氏と、それまでのまんがタイムの芸風とは遠いところにいる作家がゲスト読み切りに来たなぁと思ったら直後に新連載が決定してな。

 そんで先月からボマーン氏の「ヒントでみんと!」が連載開始。
 だったら先々月号の時点で新連載でいいじゃん?と、思うが4コマ界ではこんな事は日常茶飯事であり、その理由は大宇宙の謎なので突っ込んではいけないのだ。

 そして今月からはかがみ氏の「アシスタント!!」と森氏の「タマさん」が連載開始。

 もはやこの雑誌は、植田まさし氏の表紙から受ける印象と中身が全然違う雑誌となってまいりました(笑)。
 世代交代の時期かなぁ。
 でも数年前にも一瞬表紙が変わって世代交代を予感させたとおもったらすぐ「おとぼけ課長」に戻ったりしたしなぁ。

 ところでこの三作品、全部「作家活動をしている男性のアパートに女子がおしかけてくる」話なのな。そーゆーオーダーだったの?

 この中では「タマさん」がお気に入り。どうも編集部的には格下扱いっぽいがな(苦笑)。

 「タマさん」は、あきらかに普通ではないただの猫、タマさんが妖怪と戦う漫画ですよ。
 …おっかしいぃなぁ、正しくあらすじを書いているつもりなのに、全然違う話の様な気がするなぁ。 
 あ、これだと何処がさっき書いた「作家活動を〜」な話なのかわかりませんが、この作品についてはその部分は結構どうでも良いところなのです。
 でも、この漫画、たちまちマンネリになりそうなのがちょっと心配。


 これらとは別に、なし崩しに連載作品になりそうな流れの作品がもう一本ありまして、それは「くるりん!」(作:松本蜜柑)です。
 えーと、腐女子な主人公がアニメキャラそっくりの男性に一目ボレしてコスプレでアタックする話。
 …このあらすじもちょっと間違っている気がする。

 とりあえず、主人公のネット友達のZさんが惚れた男子の正体ではないかと予想しつつ、松本氏の前作が理系4コマ漫画の「微分積分いい気分」だった事と、「電脳やおい少女」の中島沙帆子氏の現在の作品が理系4コマ「シュレディンガーの妻は元気か」である事を重ね合わせるに、腐女子と理系と言うのはなにか深い結びつきがあるんでしょうか。そんな事を考える秋の夜長であります。
0

2006/10/6

心が無い  空想特撮
 録画しておいた「ライオン丸G」の第1話を観たのです。

 えーとね、オープニングで昔のテレビモニターに映る昔のライオン丸の映像が一番面白かったです、と懐古趣味丸だしのコメントを述べてみたり。
 
 それはともかく、ちょっとだけ真面目に感想を語ると…うーん、ここで「旧作と新作は別物と割り切って、楽しんでいきましょうよ♪」と素直に言えたらカッチョイイんですが。

 正直、映画版の「鉄人28号」「赤影」「キャシャーン」と同じ匂いを感じて今ひとつノレない(苦笑)。

 主人公の旧作との性格反転のベクトルや、劇中用語の引用の仕方(ただのスクーターが「ヒカリ丸」とかね。生身の犬を意味ありげにフレンダー呼ばわりするのと似たような感じじゃないですか)がなんとなく似ている感じがするのよ。
 まぁありがちな「今風のアレンジ」っていうか「今時、昔の獅子丸みたいなストイックで勇敢な奴なんてありえないっしょ」なんてスタッフコメントが聞こえて来そうで。
 とはいえ、現獅子丸の下品さや臆病さに対して、特に不快感は抱いていませんが。
 不思議と爽やかですよね、あいつ(笑)。
 
 とりあえず「大魔王ゴースンの声:林原めぐみ」なんて展開は無いように祈っとく(笑)。
 (映画版「鉄人」のブラックオックスの声を林原氏が担当してらしたのよ。まぁ吠えたりした訳で無く、地声で犯行声明を朗読しただけでしたが)

 とか文句を言いつつも、それなりに楽しめたりはしたんですが、でも、自分は精神年齢お子様だなぁとも再確認してしまったり。

 ぶっちゃけ、歌舞伎町のホストクラブの話とかどうでもいい(笑)。
 早くライオン丸とタイガージョーを出せ。怪人はどうした。そんな愚痴をこぼす第1話でした。



 ところで、今回のライオン丸のデザインに「心」の文字が見当たらないのだがどうした事か。
 
 心ですよ。コ・コ・ロ。昔のライオン丸の腹や風雲の兜にあしらっていた、あの炎の様な「心」の文字ですよ。
 もしかしたら、マントかバックル辺りにこっそり書いてあるのかも知れないが。まぁ前作まではあれだけこれみよがしに書いてあった文字が殆ど目立たないのでは無いのも同然だろう。

 個人的にはあのマークがライオン丸のデザインのツボなんですが。
 あのマークに、ライオン丸の正義のありようを幼心に感じていたのですよ。ちょっと記憶を美化してますが。

 てゆうか、そもそも今回のライオン丸って、話の流れからすれば前とデザインが違う必要ないよね(笑)。 
0

2006/10/4

能無しにしてやろうと  まんが雑文
 さて、本日は「まんがタイムジャンボ 11月号」について。

 いろんな作品がなんだかマトメに入りつつありますよ?
 ハッキリ「来月で最終回」と書いてある奴を除いても、あと数ヶ月ほどで終わりそうなのが何作かある。

 これはもうすぐ大幅リニューアルが。……ちょっと待て、先々月やったばかりだぞ(笑)。

 リニューアル直後に終了作品続出、もしかしてこれは休刊!?……と、ちょっと心配になったが、隔月ゲストだった「パティシエール!」(作:野広実由)が1月号から連載開始と言う事で一安心。
 これで少なくとも2月号までは大丈夫(笑)。



 この雑誌、連載作品の続きがどの号に載るのかがちょっと分かりにくい。
 殆どの場合「○○は×月号まで休載です」とハッキリ告知してくれなくて、各作品最終ページの「TO BE CONTINUED まんがタイムジャンボ×月号」の「×月号」のところで判断するしかないんですよ。そこを読み逃したら休載に気付かない。
 「あれ?載ってないよ」と思って先月号を確認してみると、次の号まで休載だった…なんて事をよくやってます。

 今、先月号がみつからなくって、今月号に載ってない作品が、急遽休みなのか普通に休載なのか、実は先月で最終回だったのかがわからなくってちょっと困ってるのです。

 「最終回ぐらいわかるだろ?」と思った貴方、それは甘い。

 実は「Moreべたーふれんず」(作:辻灯子)が今月で終わりだと言う事に、ついさっき、この記事書きながら気付いた(苦笑)。

 「応援ありがとうございました」もなしに最終ページにこっそり「FIN」って書いてあるだけだよ。
 しかも本編は特に最終回らしくない話だよ。……あぁ!前作「べたーふれんず」の最終回と同じ着ぐるみネタなのはそう言う事か!
 …これ、来月以降に終わった事に気付く人も多いだろうなぁ……


 ところで、「エン女医あきら先生」(作:水城まさひと)の最終ページに「ジャンボ12月号につづく…」と書いてあるのは「スペシャルの方には続かないのでジャンボだけ読んでても安心ですよ」と言う意味ですね?
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ