Twitter:@arisamag2

2006/9/1

く くそー 猛毒液が  空想特撮
 「特撮エース」が今号で休刊だそうで。

 まあ、正直、よく今まで続いたものだと思う。素人目に見ても売れているとは思えなかった。
 …やっぱりあの仮面ライダー漫画がトドメを刺したのかなぁ……


 さて、最後の特集は「特撮TOY大特集」、同日発売のハイパーホビーに対抗しようとしたのかしら。

 表紙にもデカデカと載っているメディコムの仮面ライダー新1号、記事には「マスク後ろにちらりと髪の毛がのぞくのがポイント」って書いてあるんですが……新1号って後ろに髪の毛出ていたっけ?私の記憶では旧2号あたりから隠してたと思うんですが。
 ちゅうかメディコムの1号2号フィギュアってことごとく髪の毛出ている気がするんですが、何でそんな事になっているのか。

 あとね、ゼクトルーパーって、ただ弱くて格好悪いだけの雑魚で別に大人に人気とか無いと思います(笑)。

 玩具関連の記事で1番興味深かったのはリュウケンドーですね。タカラトミー担当者のインタビューを交えたリュウケンドー誕生までの軌跡。
 恐らく、今後ファンコレ等のマニア向け書籍の出版には期待できないであろう本作の舞台裏についての貴重な証言となるのではないでしょうか。

 それはともかく、漫画の方に目を移すと、大御所、一峰大二氏描き下ろしの「帰ってきたスペクトルマン」が。
 今でも絵が全然衰えていないのが凄い。
 小さい頃、近所にあった「ジャイアント書房」なる古本屋で手にとった、サンデーコミックス版の「スペクトルマン」を懐かしく思い出しました。
 最後に良いもの見せてくれましたよ。


 「ウルトラマン THE FIRST」はやっぱり未完に終わってしまいましたが、またいつか続きが読めると良いですね。
 でも巻末の「仮面ライダーフェイクチラシコレクション」は何が面白いんださっぱり理解できないのでもう再開しなくても良いです(笑)。

 ところで「ウルトラファイト番外地」の単行本が売っているのを見掛けないのだがこれも休刊の余波ですか?
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ