Twitter:@arisamag2

2006/9/3

129.3  雑記作文
 今日、9月3日はドラえもんの誕生日として有名ですが、私の誕生日としては無名な日であります。

 ♪ハッピー バースデイ トウ ミー♪

 …まあ、「もう、これ以上生きていても仕方がないんじゃないか」みたいな想いが頭をよぎる年齢に到達しつつあるので、あんまりめでたくありませんが(苦笑)。

 そんな訳で自分にお誕生日プレゼントを…と考えたのですが、いやあ、良く考えたら普段からオモチャとかDVDとか買いあさってるのに今更何を買ったところで特別な感じはしませんね(笑)。

 コンビニでチーズケーキを買って来て地味に祝いました。
0

2006/9/2

ちんちんじゃらじゃら  雑記作文
 パチンコ、パチスロでのアニメ特撮キャラクターの採用もすっかり定着した模様で。

 聞くところによると、声優人気を売りにしたパチスロ機も出るとか。
 あんな場所で喋ってもらっても何も聞こえないんじゃないか。
 それはともかく、出演声優の名を聞くと、ああ、あの人やあの人がこれをキッカケにギャンブルに手を出し、人生を踏み外すかもなぁ、楽しみだなぁ…あーいやいや、心配だなぁと想いを馳せる訳ですよ。

 そんな事言ってる私は、どうなのか。
 脳内ウルトラブーム開催中だから「ぱちんこウルトラセブン」とかやったりするのかと言うと、やらないんですが。
 まあ、多分「ウルトラセブン」はもう置いてないでしょうけど。

 …えー、実はワタクシ、パチンコの面白さが分からない。子供の頃から分からない。
 「子供の頃から」の辺りで軽犯罪の匂いが感じられますが(苦笑)。だっておじいちゃんがやれって言ったんだもん。

 まず、あの力の強弱とかタイミングとか関係ないっぽい奴の何処に皆さんテクニックを込めるのかが分からない。
 そして私のちっこい脳味噌には、確変とかなんとかの理屈や仕組みが理解できない。アレはどういう法則で発生しているのか。ちゅうか、あのいくらでもイカサマ出来そうな脅威のメカニズムに皆さん納得していらっしゃるのか。
 どれだけディスプレイ上のセブンやダースベーダーやロボコップが暴れようと、ルールが分からない以上「パチンコ玉で起動するくるくるてれび」でしかありませんよ。

 それで長いこと「これはいつも負けているから分からないのであって、勝てば分かるのかなぁ」と思っておりましたけれども、2年ほど前、1万入れて4千円ほど勝ちましたが、やっぱり分かりませんでした。いやぁ、ルールが分からんから全然達成感とか無かったわ。

 やはり数万単位で勝たないと分からないのかとも思ったが、そこで冷静に「そんな探求心溢れる人生の踏み外し方もどうだろう」と考える辺りにギャンブラー向きでない気質が伺えますネ。

 つうかな、根本的にパチンコに向いてない理由として、パチンコの前にじっと座っているのが辛い(笑)。
 ジャラジャラと玉が出るたびにだんだん「まだこれに付き合ってなきゃいけないのか」とうんざりしてくる。
 パチンコ台の前になんて何時間も座ってられねぇよ、このやろう。

 俺には夢中のあまりに車中の子供の蒸し料理を作っちゃう、うっかり奥さんの気持ちが永遠に理解できないよ。(←不謹慎)

 あー、でも賞品コーナーに時々レアなオモチャがあったりするのが魅力的っちゃあ魅力的です(笑)。
0

2006/9/1

く くそー 猛毒液が  空想特撮
 「特撮エース」が今号で休刊だそうで。

 まあ、正直、よく今まで続いたものだと思う。素人目に見ても売れているとは思えなかった。
 …やっぱりあの仮面ライダー漫画がトドメを刺したのかなぁ……


 さて、最後の特集は「特撮TOY大特集」、同日発売のハイパーホビーに対抗しようとしたのかしら。

 表紙にもデカデカと載っているメディコムの仮面ライダー新1号、記事には「マスク後ろにちらりと髪の毛がのぞくのがポイント」って書いてあるんですが……新1号って後ろに髪の毛出ていたっけ?私の記憶では旧2号あたりから隠してたと思うんですが。
 ちゅうかメディコムの1号2号フィギュアってことごとく髪の毛出ている気がするんですが、何でそんな事になっているのか。

 あとね、ゼクトルーパーって、ただ弱くて格好悪いだけの雑魚で別に大人に人気とか無いと思います(笑)。

 玩具関連の記事で1番興味深かったのはリュウケンドーですね。タカラトミー担当者のインタビューを交えたリュウケンドー誕生までの軌跡。
 恐らく、今後ファンコレ等のマニア向け書籍の出版には期待できないであろう本作の舞台裏についての貴重な証言となるのではないでしょうか。

 それはともかく、漫画の方に目を移すと、大御所、一峰大二氏描き下ろしの「帰ってきたスペクトルマン」が。
 今でも絵が全然衰えていないのが凄い。
 小さい頃、近所にあった「ジャイアント書房」なる古本屋で手にとった、サンデーコミックス版の「スペクトルマン」を懐かしく思い出しました。
 最後に良いもの見せてくれましたよ。


 「ウルトラマン THE FIRST」はやっぱり未完に終わってしまいましたが、またいつか続きが読めると良いですね。
 でも巻末の「仮面ライダーフェイクチラシコレクション」は何が面白いんださっぱり理解できないのでもう再開しなくても良いです(笑)。

 ところで「ウルトラファイト番外地」の単行本が売っているのを見掛けないのだがこれも休刊の余波ですか?
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ