Twitter:@arisamag2

2015/1/13

※そんなに大事なことではありません  まんが雑文
 海の向こうのアメリカでは、アメコミのスパイダーマンに東映版スパイダーマンがレオパルドンを引き連れて出演し、事件の首謀者(作者)が「パワーレンジャーみたいなスパイダーマンじゃない! あいつらがスパイダーマンみたいなゴレンジャーなんだ!(意訳)」と意味不明の供述をしているそうですが。

 そう、東映版スパイダーマンはその後の戦隊シリーズの基本フォーマットたる「等身大ヒーロー+巨大ロボ」の元祖。
 ただし「等身大ヒーロー+巨大ロボ」を最初にやったのは東映じゃなく『小さなスーパーマン ガンバロン』が本家だぞ。大事なことだから覚えておこうね。

 ……先駆者はいつも報われない(笑)。

 ちなみにロボ付きスーパー戦隊の第一弾『バトルフィーバーJ』の前番組だった『闘将ダイモス』はその後のサンライズ販促アニメの主流となる、わざわざオモチャ売れなさそうな内容のアニメを作って、案の定売れなくてスポンサーから路線変更を打診されたり打ち切られたりするんだが、後年スタッフ一同がなぜかそのこと自慢げに語る流れの元祖だ。大事なことだから覚えておこうね。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ