Twitter:@arisamag2

2014/7/20

かっこいーじー  おもちゃ
 最近、休日に遠出をすると基本的にろくなことが無い。近所が一番。

 そうは言いつつ、JR大阪駅に司令官と蜂がやって来たということで、見物に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
、身長三メートル程の巨大立像。
 世の中の人達は、とりあえずデカい立像があると「実物大」と思うらしく、「オプティマスってこんなに小さかったけ?」みたいな声が聞こえた。

クリックすると元のサイズで表示します
 オプティマスの造形はなんか緩い気がします。細いし。

クリックすると元のサイズで表示します
 バンブルビーの方が良く出来てる……のかなあ。

 立像の左右では、巨大モニターがロストエイジの予告を長す。
 モニターの下はオプティマスとバンブルビーの写真と台詞が。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 あくまで人類の側につくバンブルビーと、人類との戦いも覚悟するオプティマスとの対立軸が今作のテーマなのか……と、思ったがダークサイドムーンでのオプティマスの人類信頼っぷりを考慮するとそういう話にはならない気はする(笑)。

 さて、ついでにヨドバシカメラのTF売り場にも行ってきましたが、ネットでの噂通り、土曜日発売したばかりの筈のムービーアドバンスは、ロックダウンもドリフトもブラックナイトグリムロックもハウンドも品切れ。ガルバトロンすら残りわずか。簡易変形のLAシリーズだけが棚にズラリと並んでる……といった状況でした。
 五月の第一弾、六月の第二弾商品はまだ残ってることを考えると、七月分だけ級に売れまくったとは考えにくく、恐らく入荷数が少なかったのだろう。ただこれは第一弾、第二弾が売れなかった為の処置ではなく、やはりタカラトミー的に今回の主力はLAシリーズの方であり、今月分のムービーアドアンスシリーズはLA大量投入の割を食って出荷を減らされたといった感じなのだろうと思う。
 だが、皆ムービーアドバンスの方を買っていくのね。

 これは、あれですね。
 例えばガンプラが「最近の子はHGとか組めない」と聞いてFGだとかAGだとか「児童向けに組み立て簡単にしたシリーズ」を出してみるも、売れるのは結局HGやMGでした……みたいな感じですかね。

 なんていうのか、そのガンプラや、TFのレスキューヒーローゴーボッツなんかも振り返ると、オモチャって複雑化して子供が遊びにくくなったからといっても「今度は児童向けに簡単にしました」ってのを全面に出して売り込むとそれはそれで売れなかったりしがちというジンクスみたいなのを感じてしまう。LAシリーズの今後はこれからではあるけれど(映画上映してないうちから売れるものでもないしな)、ちょっと心配になってきた(苦笑)。

 変形が簡単なことではなくバトルコマンドオプティマスとの連動をもっとアピールしてくるかと思ったのだけれど。
 変形方法の説明がパッケージの台紙裏で済まされてる変形玩具って久しぶりに見た気がする(笑)。


 まあそれはそれとして、ムービーアドバンスのハウンドはちょっと欲しかったので品切れは残念でした。(←え?医療費大変とか言ってんのに?)
 このあたりの脇役になると再入荷なかったりするかも知れんしな。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ