Twitter:@arisamag2

2012/9/24

東京にあらわる  雑記作文
 わぁい乱闘 あかり乱闘大好き(←本文と関係ありません)


 そんなわけで、東京から帰ってきました。

 行ってきたところについてざっくり書き残し。

・一日目:特撮博物館

クリックすると元のサイズで表示します
館内展示物は撮影禁止のため、
代わりに東京の風景写真をお楽しみください



 会場に到着してまずは一言……行列なげぇ(笑)。

 チケット購入に25分待ち、更に入場が20分待ちとの張り紙が。(実際には計30分ぐらいで入れた)

 あと、百貨店の催し物レベルの物を想像していたのだが、意外にボリュームが大きく、16時30分ごろに入ったのに出る頃には閉館直前でした。

 見るべきものの多いイベントでした。

 基本的には一言もしゃべらず静かに鑑賞していたのですが……

1)マイティジャックのコンクルーダー
2)ウルトラマンタロウのスカイホエール
3)突撃!ヒューマンのマスク

 ……この三つには思わず「かっけぇ!」と驚嘆の声を上げる。1と2には「メタリックブルー大好き」という己の嗜好に気づかされるが……あれ? スカイホエールって本編じゃただの水色じゃなかったっけ?

 ヒューマンさんって意外と小顔なのね。ヒーローのマスクって実物見ると映像の印象よりデカい場合が殆どなんですが、こいつには逆の意味で驚かされた。 

 ヒューマンだけでなく、第二次怪獣(変身)ブーム時のヒーローマスクは東映系以外の代表的なところは並んでいて壮観です。

 この会場内ではサンダーマスクも封印されてないぞ!(マスクのほとんどが個人のコレクションだそうで、権利的なしがらみが弱かったんでしょうな)


 さて、博物館を出て、御徒町近辺に宿をとり、ヤマシロヤに訪れる。

 ヤマシロヤというと新製品のテスト販売が多いので、ビークールもあるかと思ったが無かった。ちっ。


・二日目:トランスファンケット

クリックすると元のサイズで表示します
ファンケット内は撮影禁止のため、
代わりにサイドワイプ(誰それ)の変形プロセスをお楽しみください


 会場に到着してまずは一言、行列なげぇ(笑)。

 10時ちょっとすぎぐらいにはもう着いてたと思うのだけれども、その時点で「入場制限になりますので11時45分には一旦退場してください」とか言われてしまう。

 それで、時間になったら一旦会場出て一時間ぐらい喫茶店でダベってから(話の内容は意外と高尚なものでした。例えば「人間は何歳になると、キカイダー01が名作じゃないことに気付いてしまうのだろう」とか)13時頃に「そろそろ入れるだろう」戻ってみると「14時になるまで入れません」とか言われる(笑)。

 会場にいた時間と外で飯食ったりコーヒー飲んだりした時間が半々ぐらいだったかも知れん。 

 そんくらい盛況だったってことだ。

 あ、盛況と言えば、速報で書いたとおり、行列に並んでいると私の手前でパンフが品切れ起こしました。

 まあ、それは満員御礼で、おめでたいことなのですが。
 
 ……えーとね、事前に「入場制限をする可能性」が分かっていた筈なのに、なぜ11時の初回入場組の途中で品切れ起こすのか(苦笑)。2回目以降のこと考えてなかったのか。

 これってさ、パンフの部数について見通しが物凄く甘かったか、そうでなければ初回入場組の時点で、本来の会場のキャパを越えた人数を入場させてたってことじゃない?

 前者ならただの笑い話なんですが、もし後者だったとしたら、真面目な話としてちょっと感心しないです。

 あ、パンフ品切れと言えば、このイベントは入場料=パンフ代になってるシステムなのでパンフが切れるとそこからはタダになるんですが、私の後ろの方から「やった、これでタダだ。ラッキー」って声が聞こえてきたのには意表を突かれた。

 あれ? このイベントって、パンフもお楽しみなんじゃなかったっけ?

 ……んー、これはまあ、客が増えたことによる意識の変化って奴ですかねぇ……。


 あ、意識の変化と言えば、今回、同人誌の他に玩具の販売も行われたのですが、人づてに「客が多い割に売れてないらしい」との話を聞きました。

 その時は「最近のTFファンってアニメ観て同人誌読んでもオモチャ買わないのかしらねぇ」…と、「意識の変化」の話になったのですが。

 ……家に帰って、玩具ディーラーさんが棚に並べていた商品についてよくよく考えたら「TFファンがパチモンやパワーレンジャーや中国の惑星ロボの玩具を買うと思う方がおかしい」と気付きました(笑)。

 トランスフォーマーファン=玩具全般のファンって図式が元々間違ってるのね。そりゃ客が増えてもTF無関係な玩具やパチモンまで買っていく濃い人が増えるわけではないわけで。

 実際、レスキューボッツ等の「オフィシャルな新製品でちょっと珍しいTF玩具」は捌けていたような。

 まあ、そういった感じで、今回は会場が変わり、スペースが大きくなったり、ビデオ上映が無くなったり、ステージイベントが事実上無くなったり、色々な変化があったのですが……うーん、今後に色々課題を残したかなぁ。少々手際の悪さや楽しませ方の不足を感じるところですね。

 と、なんだか小言めいた話が多くなりましたが、基本的には大きなトラブルもなく、楽しいイベントでした。流石に初期の頃の「会場にいる人は全員友達」的なアットホームさは完全に消え失せましたが。知り合い同士がそれぞれ好きに楽しんでる感じ。

 あと、正直「建物の中に住民住んでたり個人事務所があったりする会場」ってちょっと危なっかしいと思うので、次はもう少しイベント開催に特化した場所を探して欲しい(苦笑)。


 そんなこんなで、イベント終了後は不審者数名でアキバを闊歩し、大阪へ帰りました。

 わかっていたことだが、ヨドバシ秋葉原にもビークールは無かった。ちっ。

(ネット情報によると原宿キディランドにあったそうですね。私もそこはありそうだと予想してたのだが、距離的スケジュール的問題で行けなかったのです)

クリックすると元のサイズで表示します
ヨドバシ秋葉原内は撮影禁止のため、
代わりに非公認戦隊をお楽しみください


2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ